現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月4日更新

彼氏のご両親と初めて対面したときに気をつけたい5つのポイント

1124 views

彼氏の実家に招かれてしまいました・・・。もちろん嬉しいのですが、ご両親に会うのに今から緊張しっぱなしです。嫌われてしまわないために、どんなことに気を付ければよいのでしょうか?(大学2年生 女性)


満面の笑顔のカップル

大好きな彼氏のお家に招かれて、初めてのご両親とのご対面。

ドキドキと緊張してしまいますが、こんな時だからこそ気をつけたいことってありますよね。

ご両親も自分の息子がどんな彼女を連れて来るのか、興味しんしんなはず。

色々な部分を見られています。

今回はそんなドキドキ女子にアドバイスしたい、彼氏のご両親と初対面のときに気をつけたいポイントを5つご紹介いたします。

 

1.身だしなみは清潔感重視で



一番目につきやすく、最初に見られがちなのが服装です。

このファッションや身だしなみが、第一印象そのままになることもあるでしょう。

身だしなみはオシャレよりも清潔感を大切にしましょう。

スカートの方が女子らしい印象を与えられますが、あなたが普段履かないのなら無理して履く必要はありません。

その場合は派手でないパンツを選びましょう。

大切なのはほこりが付いてないか、しわがないか、などの清潔感。

オシャレに理解のある親世代は多いので、無理して普段の自分を隠すよりは、自分が持っている服装で一番清潔感のある服装を選ぶといいでしょう。

自分らしく、でも相手に不快になる服装を避けることがベストです。

 

!これはNG!



・生足を出す(タイツかストッキングを履きましょう。伝線注意です)

・肌の露出が高い服装(良い印象を与えません)

・ハイブランドのものを身につける(息子は貢がされない?と不安のタネになります)

 

2.挨拶をしっかりし、会話を楽しむ



まず出会ったら、先に挨拶をするようにしましょう

相手の言葉を待っているより、自ら先にすることが大切です。

「初めまして、○○さんとお付き合いさせて頂いている○○です」と簡素に笑顔で言えれば大丈夫です。

その際、手土産があればすぐに渡しましょう。

お土産も、彼氏に事前に好みをリサーチして「こちらが好物だと聞いたので」と、一言添えられるといいでしょう。

会話はこちらから積極的にかけるよりは、親や彼氏がするまではふらない方がいいでしょう。

けれど沈黙が長く続くようであれば、自らふってみましょう。

もし緊張していて話すことがたどたどしくなってしまっても、「緊張してしまって」と素直に伝えると、相手もわかってくれます。

ご両親は一番彼氏のことを知っている存在です。

意外な彼氏の一面も、話してくれるかもしれません。

 

3.彼氏との距離をある程度保つ



ご両親のいる前では、普段と同じような彼氏とのやりとりはしないようにしましょう。

いつもは手をつないでいたり、体をひっつけていてもしてはいけませんし、普段彼氏をいじるような発言をしていても、それをご両親の前でしてはいけません。

彼氏はご両親にとって、大切な子どもです。

そんな彼氏を誘惑しているような印象を与えたり、バカにしているような態度を見せたりしては、「この子は大丈夫なんだろうか?」と良くない印象を与えてしまいます。

ご両親の前では彼氏とは、ある程度の距離感を持つことが大切です。

また普段の彼氏の呼び方をそのまま使うのも注意が必要です。

最初は「○○さん」「○○くん」と呼んだ方がいいでしょう。

 

4.言葉遣いは丁寧に



言葉遣いは人によって気になる大きなポイントとなる部分です。

基本的にはですます調で話し、使いこなせるようなら尊敬語・謙譲語をおりまぜていきましょう。

完璧な敬語を相手は望んではいませんが、相手が不快にならないような言葉遣いを遣う、という配慮は求められています。

ゆっくりと丁寧に話せば、相手も好印象を抱くでしょう。

 

5.最後にもきちんと挨拶、お礼を



もし自宅への訪問であれば、最後にきちんと挨拶とお邪魔させてもらったお礼を伝えましょう。

最後がきちんとしていれば、印象も変わります。

もし不在などで会えなければ、彼氏にちゃんと伝えてもらうようにしましょう。

挨拶のポイントはしっかりと目を見て、大きな騒がしくない声ですること。

玄関を出たあとも、すぐに気を抜かずに、見送られていないか気にかけながら帰りましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

彼氏のご両親という存在は、最初はとても緊張しますね。

けれどご両親も昔は、こういった過程を経て結婚しているのです。

ですのであなたが緊張していても、きっと微笑ましい気持ちで見てくれるでしょう。

ご両親が気になっているのは、彼氏にとって良い彼女であるかどうか。

人間性を見られているので、ありのままの自分を見せながら、不快にさせない行動を心がけましょう。

2015年1月4日

written

by inori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop