現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月7日更新

足先が冷えてしまう人に共通しがちな3つの習慣

242 views

足先がずっと寒くて、全然温まりません…血行のせいでしょうか。何か原因はあるのでしょうか。(大学2年生・女性)


寒い季節がやってきましたね。

この時期になると、足先が冷えて夜寝つけない、というお悩みを持つ人がたくさんいるのではないでしょうか。

実はこの足先の冷えの原因というのは、体質的な問題だけではありません。

普段皆さんが日常でやっている生活習慣からも引き起こされている場合があるってご存知ですか?

今回は、足先が冷えてしまう人に共通しがちな3つの習慣について教えちゃいます!

冷え性で足が寒い人

第1の習慣:足先の血行を悪くする靴を履いている



まず、足先を冷やしてしまう原因の一つ目に挙げられるのが、足の血行を悪くしてしまう靴を履いているということです。

どんな靴が足先の冷えにNGかというと、ハイヒールや堅いブーツといった、足の指を自由に動かす余裕がないような靴を履くことです。

それからきつい靴下を無理やり履く、なんていうのも足の血行には悪いですね。

ハイヒールや堅いブーツを長時間履いたの足ってどうなっていますか?

むくんでパンパンになっていませんか?

足がむくんでしまうというのは、血液循環が悪くなっているという証拠で、即足先の冷えにつながります。

帰ってからきちんとお風呂に入って足先のマッサージをするなどして、足の結構回復に努めましょう。

 

第2の習慣:足を温めているつもりで、実は冷やしてしまっている



足先を温めようとしているつもりの習慣が、実は冷えを促進していることがあります。

 

寝る時に靴下を履く



寝る時に足先が冷えるからと言って靴下を履いたままで寝るのは、NGです。

理由は、どんなにゆったりとした靴下であっても、足をゴムで締め付けることになるので、血行を悪くします。

また寝ている時にかいた汗が靴下で吸収されてしまい、体温を奪ってしまうので、冷えを促進させてしまいます。

もし寝る時に足先を温めたいのでしたら、湯たんぽがおすすめです。

 

ヒート系インナーを着る



手軽に暖かさが着られる、ということで大人気のヒート系インナーですが、実は着る方法によっては冷えを促進する場合があります。

というのはヒート系インナーには化学繊維が多く含まれているのですが、化学繊維がこすれる時に発生する静電気が冷えを引き起こすのです。

ヒート系インナーを着る時には、静電気を起こさないように、湿度を高くするとか、化学繊維同士がこすれ合わさらないような着合わせを考えましょう。

 

熱いお風呂に入る



寒いと熱いお風呂に入りたくなる気持ちもわかりますが、実は必要以上に熱いお風呂に入るのは、足先を冷やす原因になります。

42℃以上のお風呂に入ると、身体の表面は温まった気がしますが、長く入っていられないので、体の芯まで温まることができません。

寝る時まで足先をポカポカさせておきたいのでしたら、ぬるめのお湯に長く浸かることが大切です。

 

第3の習慣:身体を冷やすものを摂っている



足先を冷やしやすい人の特徴として、真冬でも身体を冷やしやすい食べ物や飲み物を摂っていることが挙げられます。

 

生野菜やフルーツ



生野菜やフルーツは身体を冷やしやすいので、足先が冷えて困っている人は控えましょう。

冬の果物の定番のリンゴやミカンも、あまり摂りすぎるのはよくありません。

 

コーヒーや白砂糖



他に体を冷やす食べ物としては、以外にもコーヒーと甘いものものがあります。

甘いものの中でも特に白砂糖は体を冷やすと言われていますので、砂糖を使いたいときには、黒砂糖やはちみつを使いましょう。

コーヒーとケーキなんて、至福の組み合わせですが、足先が冷えて辛い場合にはちょっと我慢した方がいいかもしれません。

どうしても摂りたいときには、必要以上に摂りすぎないように気を付けましょう。

 

足先を冷やしやすい人に共通の3つの習慣を見てきましたが、あなたの生活に当てはまるものはあったでしょうか。

健康で快適な生活を送るためにも、ぜひ直した方がいい生活習慣があったら、すぐにでも直して、ポカポカ足先で快適な冬を楽しんでください。

2015年3月7日

written

by 猫の子子猫


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop