現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

コーヒーのダイエット効果を更にアップさせる5つの方法

125 views

コーヒーダイエットを実践しているのになかなか痩せません…私には合わないのでしょうか?それともやり方が間違っているのでしょうか?(大学3年生・女性)


コーヒーにダイエット効果があるとご存じでしたか?

またコーヒー飲んでいるのに痩せない、変わらない・・・などと言った方もいませんか?

コーヒーに含まれるカフェインがダイエットを助けてくれるのです。

ただ好きなように好きなだけ飲んでも効果は現れませんし、即効性があるわけでもありません。

コーヒーのダイエット効果をアップさせる方法についてご紹介したいと思います。

コーヒーダイエットのコツを知って効果を実感する女性

 

 1.食前のコーヒーで簡単に食べすぎ防止



食前にコーヒーを飲むと食べ過ぎ防止になります。

食後に飲んだ時よりも、食後の空腹感が抑えられるという研究結果があります。

ついいつも食べ過ぎてしまうという方には空腹感が抑えられるので良い方法です。

空腹時間が長い場合は少し食事をしてから飲む方が胃に負担を与えないでしょう。

食後のコーヒーの1杯もとても美味しく落ち着きますが、食前にしてみてはいかがでしょうか?

 

2.運動30分~1時間前のコーヒーで効果アップ



コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪の燃焼を助ける働きが期待できると言われています。

運動前に1杯コーヒーを飲むだけで運動のダイエット効果をさらにアップできるのです。

カフェインには、集中力を向上させる効果と筋肉痛を和らげる効果があります。

運動の1時間前に飲むことで効果を最大限に伸ばすことができます。

 

3.運動前のカフェイン摂取量は200~400mg



運動前にコーヒーを飲む場合のカフェイン摂取量は200~400mgが良い。

ドリップコーヒー1杯には約100mgのカフェインが含まれているので、2杯から4杯の計算。

そんなに飲めないという方はエスプレッソでも良いでしょう。

ドリップに比べ、インスタントコーヒーの カフェイン量は1杯当たり65mgと少なくなります。

コーヒー自体はほぼカロリーゼロですが、砂糖やミルクによってカロリーはもちろん変わってきます。

ブラックが苦手な方は、オリゴ糖を使用したり、入れる量を控えたりしてみましょう。

 

4.食間に飲む



食事の合間に小腹がすいて、甘いものやスナックに手が伸びてしまう人は多いはず。

そういう時はコーヒーを飲みましょう。

カフェインの働きで食欲を抑えてくれます。

 

5.カフェインサプリで代用



コーヒーは飲めない、飲まないという方は、カフェインサプリでも同じ効果を得られます。

その他にコーヒー豆から作られた“コーヒーオリゴ糖(コーヒー豆マンノオリゴ糖)”は、脂肪の吸収を抑える作用で特定保健用食品の許可表示を認められています。

一般に飲まれているコーヒーにはほとんど含まれていません。

コーヒーオリゴ糖入りの飲料を活用してみてください。

小腸での脂肪の吸収を抑える作用があるので、食事のお供に飲むのがおススメです。

“コーヒーオリゴ糖”入りの商品はネットショッピングなどでも簡単に手に入れられます。

 

いかがでしたでしょうか。

最近ではコンビニでも手軽にいつでも美味しいドリップコーヒーを飲む事が出来ます。

お家でドリップコーヒーを入れるのもアロマ効果で落ち着きます。

ダイエット効果についてご紹介しましたが、正しい食事と運動があってコーヒーの脂肪燃焼効果が期待されます。

適切な運動と正しい食事、普段生活習慣も見直していきましょう。

そして身近なコーヒーを上手に飲んでダイエット効果をあげちゃいましょう。

2014年12月23日

written

by kool


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop