現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月7日更新

初デートで「これだけは気を付けるべき」5つのこと

4025 views



もうすぐ好きな人との初デートです。緊張してヘマをしてしまいそうで不安なのですが…(大学2年生・男性)






初デートで「これだけは気を付けるべき」5つのこと


ドキドキの初デート!


誰もが失敗しやすいですし、緊張してうまく自分をだせないことも多いと思います。


しかし、緊張してしまうのはお互い様。


今日は、初デートでここだけは気を付けたい!という5つのことをお伝えしたいと思います。


© WavebreakmediaMicro - Fotolia.com




無言の空間を作らないようにする



いくら緊張しているからといって、無言の空間・時間を作りすぎるのはNG。


空気が重いと余計に何も話せなくなってしまいますし、次の話題に移るのも難しくなってしまいがちです。逆に、次々と話題を変えるのもだめです。コツをつかむまでが難しいですが、ほど良い距離感を保ちましょう。




相手のことを知り過ぎない



初日ということもあり、相手のことをもっとよく知りたい!とはやる気持ちはよくわかりますが、質問責めにしてしまうのは気が重くなってしまいます。まだ話したくないこともあるかもしれませんし、プライベートにはゆっくりと歩み寄るようにしましょう!「気が向いたら話してね。」くらいに流してもらえると、次の話題に移りやすいです。



 

また、食事中のマナーなども気になるところでしょうが、相手が緊張して、いつもと違うことをしてしまった可能性もあります。むやみに注意しないようにしましょう!好感度をあげるためには、まず信頼関係を築くことが大切。仲良くなってそれが治っていなかったら、言うようにすると良いです。




必要以上にスキンシップをとらない



はやく相手に触りたい気持ちはよくわかりますが、これは一番気を付けることです。とくに男性ならば、女性に警戒されて、次からは会ってくれなくなる可能性も・・・。



 

OKなスキンシップは、飲み物を渡すときに手を触れる、本を取ってもらったときに触れる、ボウリングなどでのハイタッチ、手洗いに言った後のお待たせ!と手を肩に乗せるくらいならば大丈夫ですが、手を繋ごうとしたり、人が周りにいる中で腕を組んだりすることはやめておいた方が良いです。




笑顔を絶やさない



相手を楽しませる・自分が楽しむためにはなによりも、楽しいと表現することが大事です!暗い顔してデートにいっても後悔しかありません。なので、できる限り「楽しい!」と笑っていましょう!相手もこの人と一緒なら、楽しませてくれるかな、次会える確率も高くなります。緊張もするとは思いますが、全力で楽しみましょう。





気を遣いすぎない



最初から気を使いすぎて、あとから失敗してしまうこと、ありませんか?初デートは自分を表現できる機会ですが、自分を良く見せたいがためにあとで失敗してしまっては、元も子もありません。なので、自分らしく、その中で気を遣ったり、相手をおもいやったりできればよいです。自分をよく見せすぎると、後になって相手が「初デートでうっとりしたのに・・・」とガッカリさせてしまことも。



 

もし失敗したら・・・??


失敗は誰にでもあること。でもきちんとアフターケアをすることで解決できることがほとんどです。終わってからメールやラインで理由と、謝罪をしましょう。よければまた次のデートに誘えるかもしれません。



 

いかがでしょうか?みなさんが失敗しがちな五つのことを例を交えてあげていきました。本当に初デートはお互いが手さぐりで、緊張ばかりです。これらに気を付けて良い初デートになるように祈っています。

2015年3月7日

written

by あんな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop