現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月5日更新

海外旅行は危険だらけ!現金よりクレジットカードが安心・安全なわけとは

533 views

卒業旅行で海外に行く予定ですが、現金よりクレカを持っていくべきなんですか??(大学4年・男性)


大学の授業もそろそろおしまい。長期休暇に突入だあ!

充実した大学生活を送るために今後の予定をお考えのことと思います。

長期休暇と言ったらやっぱり海外旅行ですよね。

でも海外旅行って結構危険なことが多いんでしょ?この前友達が荷物とられたって言ってたし。

海外旅行へのハードルが高くなってしまっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は海外旅行での危険をさけるために、皆さんが必ず考えるであろう事柄、

現金とクレジットカードではどちらが安心・安全なのかということについてご紹介します。

みなさんは国内で現金、クレジットカードに関してどちらも平等に使用していることかと思います。

けれども海外ではこの当たり前のことに危険が潜んでいるのです。

トルコ通貨 リラ

海外での盗難の傾向



 

「MOFA外務省海外安全ホームページ」の在仏日本国大使館がまとめたデータによると

2011年の1年間で認知した強盗・窃盗の被害人数は約680人。4年連続増加しているとのことです。

そして被害者像については、全体の約6割が女性の被害です。

女性の方は特に注意が必要です。後ろからバイクで近づき、ハンドバックごと盗むといった事件も多いそうです。

さらに続いて興味深いことが記述されています。

日本人は現金を持ち歩くと認識されていることが原因であるとのことです。

でもクレジットカードと現金が同じカバンの同じ財布に入っていたらどうでしょう。

盗難にあってしまえばどのみち変わらないのではと考えてしまいますよね。

クレジットカードと現金のリスクの違いは一体なんなのでしょうか。

 

現金のリスク



 

ここで大手保険会社である東京海上日動のホームページを見てみました。

「海外旅行保険・留学保険の海外旅行保険に関わるQ&A」によると、スーツケースが盗まれたときの保証について記されています。

スーツケースを含めて、お土産、カメラ、衣類などの携行品については保証されるそうです。

しかし驚くべきことに現金のみは保険金支払いの対象にはならないとの記述がありました。

それはそうですよね。いくら財布に入っていたなんて証明するのは困難ですから。

これと反対にクレジットカードはどうでしょうか。

もちろんカードは盗難にあっても、過失がなければ支払い義務は生じません。

さらには第三者によるカードの利用を即刻停止することもできます。

ただしカード会社に連絡することだけは必ず忘れないようにしてください。

下手をすれば、全額払わなければならないといったリスクが発生してしまいます。

けれどもこの点においては本人の意識で回避できる可能性があるのは確かです。

 

以上より、盗まれたら保証が効かない現金よりも、

盗まれても利用の停止で被害を最小限に食い止めることのできるクレジットカードの方が、

明らかに安全で安心であることがお分かりいただけたと思います。

せっかくアルバイトで貯めたお金で海外に行くのなら、絶対嫌な思いはしたくないですよね。

今回紹介したことを参考にして、みなさんが素敵な海外旅行を計画していただければ嬉しいです。

2015年1月5日

written

by haiji


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop