現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月5日更新

女心はこれで学べ!女子の憧れがつまった男子必見の映画7選

368 views

僕は全然モテません。モテるために映画を見て勉強しようと思います。おすすめの映画を教えてください。(大学2年生・男性)


表には表れにくい女心をしぐさや態度で読み取ってほしい…世の女性たちの切なる願いですが

言葉で説明しても男性には複雑でわかりにくいものです。

だからこそ恋する男性に見てもらいたい、女心を学ぶための映画をご紹介します。

 

ただ、君を愛してる





画像出典:amazon

2006年に公開された日本の恋愛映画。

大学の入学式の日に出会った誠人(玉木宏)と静流(宮崎あおい)。

人と接することの苦手な誠人は静流の幼い風貌のおかげで異性として意識することなく

二人は友達になります。

写真好きの誠人といつも一緒にいたい一心で自分もカメラを手に取る静流。

しかし、学園の人気者に片思いする誠人は、自分に思いを寄せる静流の気持ちに気づきません。

そこで静流は、誠人が振り向いてくれるように成長してきれいになると決意するのですが…。

“生涯ただ一度のキス ただ一度の恋”

痛々しいくらいの静流の命がけの恋…切なくて純粋な思いがスクリーンからあふれ出てきます。

 

ブリジット・ジョーンズの日記





画像出典:amazon

2001年公開のロマンチックコメディ映画。

主人公はアラサーの独身女性ですが、すべての女性がブリジッド・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)に

共感できるにちがいありません。

仕事をバリバリにこなしたい。モデルのようなスタイルになりたい。ときめくような恋をしたい。

日頃、女性は何を悩み、努力し、夢を見てるのか、うなかなかまくいかないけど、

前向きに生きる彼女の姿を通して、コンプレックスとたたかう女心を理解してほしいものです。

 

プリティ・ウーマン





画像出典:amazon

1990年公開のロマンティック・コメディ映画です。

女性の憧れ、現代版のシンデレラストーリーの王道ともいえる作品ですね。

コールガールのヴィヴィアン(ジュリア・ロバーツ)が実業家の男性(リチャード・ギア)と出会い、

幸福をつかむまでが描かれています。

女性は男性によって魅力が開花され美しくエレガントなレディへと変身を遂げます。

女性は”夢”に出逢い、男性は”愛”を知る…そんな素敵なラブロマンスです。

 

そんな彼なら捨てちゃえば?





画像出展:公式サイト

2009年公開のガールズトークムービーです。

「連絡するよ」って言ったのに、電話もメールもない。

仕事も手につかなくて、携帯電話を眺めてはため息ばかりついている…忙しいのね、番号なくしたのかも…

そんなふうに自分が都合の良いように妄想してしまうことは誰しもが経験あることですね。

男女9人の恋模様を通して、男女のホンネを知りましょう。

 

プラダを着た悪魔





画像出典:公式サイト

2006年公開。

オシャレに興味のないアンディが、一流ファッション誌のアシスタントに採用されたことから始まる

悪夢のような忙しい日々。

キャリアのためとはいえ、プライベートがなくなり、彼氏にも友達にも愛想をつかされます。

このままでいいの?私は何をしたいの?

働く女性のもつ迷いや悩みを華やかなファッション業界を舞台にゴージャス&ユーモラスに描いた

恋に仕事にファッションに、頑張る女性のストーリーです。

 

ユー・ガット・メール





画像出典:amazon

1998年公開のロマンチックコメディ映画。

インターネットで知り合った名前も知らない男女が互いに惹かれあっていく

運命の恋を描いたラブストーリーです。

素直になれず思いと裏腹な行動をとってしまう主人公のもどかしさに共感する女性が多いようですね。

 

(500)日のサマー





画像出典:amazon

2009年公開。

真実の愛なんて信じない自由奔放な女性と運命の恋を信じている男性の

ちょっと切ない失恋ストーリーです。

恋愛は波に身を任せる様に楽しむもの、という彼女の考えは、彼女を自分のものにしたい男性にとっては実に厄介です。

誰かのものになんてなりたくない、気楽な関係を求めながらも、実は運命の人との出会いを待っている女性の姿は、

現代のシングル女性の姿と重なりますね。

 

いかがでしたか?

女心と一言で言っても、すべての女性が同じような考え、思いというわけではありませんから

ぜひ、恋人同士でこれらの映画をご覧になるのをおすすめします。

そのときの彼女の反応や感想もまた、彼女の特有の女心を読み解くヒントになるかもしれませんよ。

素敵な恋をしてくださいね。

 

2015年1月5日

written

by みゅう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop