現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

就活生が企業説明会で着目すべき5つのこと

4085 views

 企業説明会に参加しようと思っているのですが、はじめてで何に気をつければよいのかわかりません。(大学3年生・男性)


a0002_002272

企業説明会を最大限に活かすためのポイントをご紹介します。



 


1. 思ったことや感じたことをメモ!



その企業の建物の中で見聞きしたこと全てについて、思ったことや感じたことをメモしておきましょう。例えば、



 

・HPや会社案内通りだった点、あるいは、それらと違っていた点


・自分のイメージ通りだった点、あるいはイメージと違っていた点



 

説明会中のことだけではなく、ビルがキレイだ、受付の人の感じがよい、など何でもいいです。メモに残しておけば、志望動機からちょっとした雑談まで、面接時の話題のネタとして役立ちます。



 

2. 社員の人を観察!



人事担当以外の社員とすれ違うこともあるでしょう。その時は、その社員の人の態度や言葉遣いなどに気をつけましょう。その企業のリアルな職場の雰囲気を垣間見ることができます。



 

3. 他の学生と比較!



同じ企業の説明会に参加している他の学生も、その企業を志望しています。つまり、企業説明会は、ライバル達と自分を比較できるよい機会なのです。



 

具体的には、その他の学生がどんな言葉遣いや態度か? どんなネクタイか? どんなカバンや靴か? どんな髪型か? 髪の色はどの程度の明るさにしているか? どんなヘアピンか? どんな質問をするのか? などに着目しましょう。



 

なお、その他の学生は、今はライバルかもしれませんが、将来、同期の仲間になるかもしれない人達です。ライバルとはいえ、企業説明会をきっかけに知合いになって、お互いに就活の情報交換をしあう、友達になる、というのもよいでしょう。



 

4. トイレの場所をチェック!



その企業や、その企業が入っているビルのトイレに実際に行って、その場所を確認しておきましょう。後日の面接や適正検査などのときに、いろいろと安心です。



 

企業説明会でトイレの場所を確認しておくと、後日、面接の受付前に身だしなみのチェックができます。また、適正検査や筆記試験の最中にトイレに行きたくなったとしても、トイレに迷わず行けます。さらに、面接では、前の学生が終わるまで待合室で1人きり、ということも多いです。そのときに、どうしてもトイレに行きたくなったとしても、トイレに迷わず行けます。



 

また、トイレはその企業の社員とすれ違うことが比較的多い場所だと思います。つまり、社員の人を観察しやすい場所でもあるのです。なお、面接や適性検査などの会場が、企業説明会の会場と違う場合は、面接や適性検査などが始まる前にトイレの場所を確認しておきましょう。



 

5. 常に身だしなみと態度をチェック!



その企業の建物の中では、社員以外にも、派遣社員の人、警備のおじさんに受付のお姉さん、ビル清掃の人や出入り業者の人など、様々な人がそこで毎日働いています。さらに、その企業の重要な取引先の人が来ていることも。社員は周りにいなさそうだから……と決して気を抜かず、自分の身だしなみと態度にも常に気を使いましょう。



 

例えば、受付のホール、エレベーター、トイレの中でも、携帯電話で大きな声&私語でペチャクチャ、ということはやめましょう。それを見ていた人から、「うるさい学生がいて、取引先の方に迷惑だ」と人事部門へ報告がいくことも考えられます。また、建物の外でも、建物の中に入る前にコートを脱ぐ、呼び鈴がある場合は呼び鈴を鳴らす前にコートを脱ぐ、という基本も忘れないようにしましょう。



 

企業のイメージがガラリと変わる?



このようなポイントを意識して企業説明会に参加すると、その企業に対するイメージがガラリと変わることもあるのではないでしょうか。実際に企業に足を運ばなければ分からないことは多いのです。

2014年6月12日

written

by masahiro-i


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop