現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月9日更新

自然と古代人が創り出した神秘ヨルダン・ぺトラ遺跡の見どころガイド

671 views

ヨルダンのペトラ遺跡に興味があります。見所を教えてください。(大学2年生 男性)

ヨルダンにあるぺトラ遺跡は世界遺産にも指定されている場所です。


映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』のロケ地となったこともよく知られています。



画像出典:ヨルダン政府観光局


古代ナバテア人と呼ばれる人々が築いたとされるぺトラ遺跡は、今も多くの謎に包まれた神秘的な場所です。


あまりの広さに、じっくり見て回るには4,5日かかると言われています。


今回はそんなペトラ遺跡の見どころをご紹介します。





画像出典:AtlasTours


シーク(地図3)



画像出典:Desert Eco Tours


ペトラ遺跡に入るためには、まずシークと呼ばれる細長い通路を通らなければなりません。


ここシークがペトラ遺跡への入り口となります。


シークの両サイドには、高さ80mから100mにも及ぶ岩壁があり、道は1kmほど続きます。




自然にできた岩の裂け目の峡谷です。幾重にもなった断層を見ることができます。


シークの道幅は狭いところで3,4mほどです。


この狭い道を通り抜けると、突然目の前にエル・カズネが現れます。



画像出典:Desert Eco Tours


この地域の岩には豊富なミネラルが含まれているため、美しい色になっているとのことです。


全体的にみると、うっすらとしたピンク色です。


さらに多彩なミネラルが入り混じってマーブル模様の岩を作り出しているのです。




まさに自然の神秘ですね。


赤は鉄、青はコバルト、黄色は硫化鉄、白は石灰とのことです。




エル・カズネ(地図4)



画像出典:ヨルダン政府観光局




ペトラ遺跡の中で一番人気がある建物です。


「宝物殿」という意味の名前がついていますが、実際のところ何の目的で作られたのかはわかっていません。





画像出典:AtlasTours


砂岩を削って作られたエル・カズネは、見る人を圧倒させるスケールと精緻な細工を持っています。


高さ40m幅30mもあるエル・カズネの正面にはたくさんの円柱があり、ナバテアの人々の神様などさまざまな彫刻で装飾されています。


彫られているワイングラスは曜日を表し二重丸は日にちを表すカレンダーとも言われています。




岩山をくりぬいて作られた建物内部は、美しいマーブル模様が見られます。


ペトラの岩は特別な色をしています。


太陽の光を浴びると、うっすらとしたピンク色の岩がばら色に輝きます。




このエル・カズネも、太陽の光を浴びる朝の美しさは格別です。




ローマ劇場(地図6)



画像出典:ヨルダン政府観光局




エル・カズネから墳墓が並ぶファサードの道を進むとローマ劇場があります。


半円形の舞台とそれを取り囲む階段席があるためこの名前がついていますが、実際には何の目的で作られたのかよくわかっていません。


ペトラ特有のピンクがかった岩をくりぬいて作られたローマ劇場は8500人もの人々を収容できる広さがあります。




劇場と言う名前がついていますが、葬祭殿として使われていたとも考えられています。




エド・ディル(地図24)



画像出典:AtlasTours




ペトラ遺跡の一番奥に位置するエド・ディルは山の上の高台にあります。


観光客のためのロバやラクダのタクシーもたくさんいて、エキゾティックな雰囲気がアップしているエリアです。


ペトラ遺跡の入り口あるエル・カズネに比べ開けた場所に建つエル・ディルは修道院だったのではないかと言われています。




ペトラ遺跡最大の建物で高さ45m幅28mもあります。


エド・ディルは内部に入ることができる遺跡です。


内部は広い空間がマーブル模様の岩壁に囲まれています。



祭壇も残されています。



王家の墓(地図8~11)



画像出典:AtlasTours


ペトラ遺跡にはたくさんの墳墓があります。


ウナイシュの墓、トゥルクマニヤの墓、ローマ兵の墓、セクスティウス・フロレンティヌス墳墓など、名前がついているお墓もたくさんあります。


ジャバル・フブサ山にあるこのお墓はいくつかのお墓とともに王家の墓とされています。




宮殿の墓、コリントの墓、シルクの墓、そして壺の墓と左から順に並んでいます。





画像出典:Jordan Select Tours




それぞれの名前は、建築様式から名づけられています。


宮殿の墓は、バロック式宮殿と似たファサードを持つことから名づけられました。


バロック式宮殿といえば有名なのはルーヴル宮(ルーヴル美術館)やヴェルサイユ宮殿です。


コリントの墓は、正面にある柱がコリント式建築に似ていることから名づけられました。


パルテノン神殿が有名な古代ギリシアの建築様式です。


シルクの墓は、正面の岩に見られる細かい模様から名づけられたようです。




もともとこの地はアジアと中東、さらにはヨーロッパをつなぐ貿易のルートとして栄えました。


中国からは絹を、インドからは香辛料を運んだそうです。



画像出典:Jordan Private Tours & Travel


壺の墓は紀元70年ごろに作られました。


壺の飾りが上部についていたことからこの名前になったそうですが、長い年月の間にかなり風化しているようです。




いかがでしたか。


このように、ペトラ遺跡にはかなり広大で古代の人々の息吹を感じさせるすばらしい遺跡です。


自然の岩を利用し、さらに削り、切り出し、装飾をほどこして建築物を作ったその情熱と神秘さに圧倒される場所です。


また、ヨルダンへの旅行は外務省の渡航情報を常にチェックし、安全が確認できてから注意して行ってくださいね。

2015年10月9日

written

by sayang


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop