現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月5日更新

面倒な引越しの荷造りをあっという間に終わらせる7つのコツ

366 views

これから引っ越しします。少しでも簡単に楽にする情報があれば教えて下さい(大学4年・男性)


新生活を間近に控えた大学生の皆さん。引越しの荷造りへの準備は万全ですか?

なかなか面倒で手間取っている方、中には何をしたらよいかわからず、引越し業者さんがくる直前に大慌てをしている方もいらっしゃるようです。

新たな出発にむけて最初でつまづかないように、あらかじめ荷造りをあっという間に終わらせるコツを学んでおきましょう。

今回は7つのコツをご紹介したいと思います。



画像出典:lifehacker

いらないものは処分する



引越しは主に荷物の移動を行いますが、処分してはいけない決まりは存在しません。

当たり前のことですが、荷造りに手間取っているとそんな発想もどこかへ行ってしまうことも多いのです。

いらないものがあったらどんどん捨ててしまいましょう

 

普段使わないものから片付ける



ダンボールの底に荷造りで使えるものをいれてしまうと、後で再びダンボールをあけて、ひっくり返してそこから取り出さなければならないことがあります。

完全に二度手間です。

押し入れにある普段から使わないようなものからダンボールの底へ詰めていきましょう。

 

思い出に浸らない



荷造りの最中必ずと言って良いほど思い出の品々が登場します。ああ~こんなことあったな~。

写真に見とれるのはあとにしましょう。思い出に浸ると時間があっという間に経ってしまいます。

一つのくくりでしまっておき、引越しが終わったら思う存分思い出に浸ってください。

 

重いものは小さい箱へ



大きい箱へ大きいものを入れていくと重量が増します。

しかし小さい箱なら欲張ってたくさん入れることができません。

よって運ぶ時に重いダンボールの数が必然的に減っていきます。

後で腰を傷めないよう、重いものは小さい箱にいれるように意識しましょう。

 

荷造りで使うものようにダンボールを用意



荷造りの際にお財布、携帯、掃除用具、筆記用具など、すぐに取り出せるようにしなければならないものがいくつかあります。

必要になりそうなものを見失わないように、別のダンボールを用意しましょう。

終了後は財布、携帯等は貴重品袋に入れ、残りはそのまま詰めてガムテープで蓋をしましょう。

 

荷造りに必要なものを揃えておく



荷造りは引越しの直前に一気に行うことがほとんどであると思います。

はやめにやっても生活に困ってしまいますからね。ということで当日頑張るわけですが、いざというときに、ガムテープがない、ドライバーがないなどと大慌ての原因になります。

必要なものは前日までに用意できます。準備を抜け落ちなくすることも荷造りにとっては大切なことです。

 

冷蔵庫は前日に中身をからにしてオフ



これも当日になってから気づくことが多いのですが、小さな冷凍庫などは霜がたくさんついていることが多いです。

あとで冷蔵庫を運んだら、水がこぼれてきたということもありえます。

しっかり前日に、中身をからにして、霜をとっておきましょう。

 

以上、面倒な引越しの荷造りをあっという間に終わらせる7つのコツについてお伝えしました。

もう引越しの荷造りに対して恐れることはないでしょう。

引越しの業者さんがきたら、スムーズにダンボールをトラックに運んでくれること間違いなしです。

みなさんの新生活を陰ながら応援しています。

2015年1月5日

written

by haiji


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop