現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

どんなコーデにも合う!冬に1足は持っておきたいメンズ向け靴7選

4640 views

新しい秋冬用の靴が欲しいのですが、これ1足あれば大丈夫!というオススメはありませんか?(大学1年生・男性)


 

重ね着をしたり、アウターを着たりとおしゃれをする機会が多い冬は、それぞれのコーディネートに合わせた靴を選ぶのがポイント。

どんなにおしゃれな服を着ていたとしていたとしても、靴が決まっていないと見た目もイマイチになってしまいます。

「おしゃれは足元から」と言われるほど、おしゃれの第一歩は靴から。

今回は、冬に一足は持っておきたいメンズ向けの靴を7つご紹介したいと思います。

 

Clarks(クラークス)



デザート・ブーツ



 

1825年創業の歴史のあるイギリスの靴ブランドクラークス。

1950年に登場したクラークスのデザート・ブーツは、1995年には世界販売累計1000万足を突破し、ギネスに「世界で一番売れた革靴」として認定されました。

 


画像出典:Clarks



クラークスのデザート・ブーツの定番は、サンドベージュ、黒、こげ茶の3色。

数年間隔でしか発売されないネイビーやローデングリーンなども人気です。

スニーカー代わりに使うことができ、持っているだけでおしゃれさんと思われること間違いなしのブーツです。

 

 

SPINGLE MOVE(スピングルムーヴ)



SPM-438



 

靴のゴム底と靴本体を接着し、硫黄を加えた釜で圧力と熱をかける「ヴァルカナイズ製法」。
1839年にアメリカで生まれたこのスニーカーの基本製法によって作られるスピングルムーヴの靴はそのほとんどが手作り。




職人の街広島県府中産のブランドです。




日本人の足型を研究した靴は、クッション性に優れていて、履き心地は抜群。


 

 


画像出典:SPINGLE MOVE



 

ゴムのシートでアッパーの下半分を覆われていて、レインシューズのような感覚で履くことができるデザインです。

ヴァルカナイズ製法ならではの風合いが感じられる一足です。

 

New Balance (ニューバランス)



M996



 

1906年に登場して以来、常にフィット感を追求しているブランド。

今やランニングのためのシューズとしてではなく、おしゃれとして履きこなしている人も多い。

足の縦の長さである「足長」だけでなく、足の横周りの長さである足囲(ウイズ)でも シューズを選ぶことができる、独自の「ウイズサイジングシステム」を展開しています。

 

 


 画像出典:New Balance



卓越した機能と完成されたデザインである990シリーズの中でも、不動の人気を誇る996。

レザーとヌバックを使用して重厚な雰囲気があります。

 

 

Admiral(アドミラル)



INOMER HI HARRIS



 

2014年に100周年を迎えた伝統のあるイギリス発のスポーツシューズのブランド。

スタイリッシュでファッション性も高い靴が多い。

すっきりしたフォルムと落ち着いたデザインが多く、カジュアルなファッションだけではなく、キレイめな服にも合う万能シューズです。

 


画像出典:Admiral



アドミラルと同じくイギリスで生まれたブランドHarris Tweedとのコラボ商品。

ハイカットモデルは、履口をクッションで膨らませ、ホールド性に優れています。

細身のパンツやショートパンツとの相性もバッチリです。

 

SLOW WEAR LION



クロムエクセルレザー プレーンMIDブーツ



 

「 日本人のためのシューズ」をコンセプトに、日本人の足の形に合わせた絶妙なサイズとフィット感を徹底的に追求したこだわりのあるブランド。

脱ぎ履きが面倒なワークブーツをワンタッチで出来るようにした内側のサイドシップなどが特徴的です。

 

 



 

画像出典:SLOW WEAR LION



100数年の歴史を誇るアメリカのホーウィン社の代表的なレザーを使用し、日本人に合わせたEワイズ。

サイド内側にファスナーがあるので、編み上げブーツでありながらも着脱が簡単にできるようになっています。

 

SOREL(ソレル)



カリブー



 

「暖かく、ドライで、快適」をコンセプトに、あらゆるスノーシーンにも対応できるような靴を作っているブランド。

マイナス40度まで対応しているという靴は、本当にポカポカ。

デザインもツートンを使うなど、他のブランドにはない一味違った色使いなどもあって面白い。

 

 

 


画像出典:楽天市場



ソレルを代表するウィンターブーツの定番。

防水ヌバック製のアッパーは裏側からシーム加工を施しているため、防水性が高い。

9mm厚のフエルトインナーは着脱可能で、本体から外して乾燥することができます。
グリップ性と排雪性に優れたエアロトラックアウトソールを採用しているので雪道でも安心です。

 

PADRONE(パドローネ)



スリッポンシューズ



元々、様々なブランドから靴の生産を受注してきた下請けの会社が、卓越した技術を活かし、立ち上げたブランド。

MG(マッケイグッド)製法と呼ばれる方法で作られ、中物にコルクやフェルトを使い。クッション性を持たせています。

 


画像出典:PADRONE



 

無駄を省いたシンプルなデザインなのでコーデに取り入れやすいスリッポン。

ベロアを使用しているので上品な印象があります。

Vibramソールを使っていることもあって履き心地は抜群です。

 

 

いかがでしたか?一言に靴といっても、様々なデザインや形の靴があってどれにしようか迷いますね。

おしゃれに無頓着な人も、まずは靴を変えてみるとおしゃれになるかも?!

それぞれのシーンに応じて、洋服とのコーディネートを楽しみながら、色々な靴を履いてみたいですね。

2015年3月18日

written

by chi-ma10969


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop