現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

【レディース】体型別!おすすめダウンコートの選び方

8451 views

外が寒すぎて、自分の持っているコートでは耐えられなくなってきてしまいました…。ダウンコートを購入しようかと思っているのですが、スタイルが悪く見えてしまいそうで不安です。(大学2年生・女性)


わがままを言う女性

本格的な寒さになりましたね。

年々寒さが厳しくなっていますが、この寒さだと欲しくなるのが「ダウンコート」。

ダウンコートというと、どうしてもカジュアルなイメージだったり、ボリュームがあり過ぎてスマートな着こなしにならないとのイメージがありましたが、ここ数年でデザインが洗練されてきました。

選択の幅もぐーっと広がったので、今年は「体型」にあったものを選んでみませんか?
よりおしゃれにダウンコートを着ることができますよ!

体型別」おすすめダウンコートのご紹介です。

 

背が低いなら



ショート丈



nano・universe The 1st.Floor
背が低い人は、ショート丈タイプがおすすめ。

ショート丈タイプでコンパクトにまとめるとダウンコートもスッキリと着こなせます。

ロング丈だとコートに着られている感が出てしまいます、特に膝より丈が長いタイプは避けた方がよいです。

それでもロングが着たい!という人は、ファスナーを開けてインナーのコーディネートに目線が来るようにしましょう。

 

首まわりにボリューム



Maxchic
首まわりにファーやフード、また大きめの襟タイプ。

首まわりの高い位置に「目線」が行くようにすることで縦長効果があり、背が低いことカバーしてくれます。

また、帽子など更に高い位置に目線が行くような小物のコーディネートもおすすめです。

 

 

背が高いなら



キルティングの幅が広い



LIP SERVICE

背が高い人には、キルティング部分の幅が広いタイプがおすすめ。

ダウンコートのボリュームに負けずに着こなることができますが、目立ってしまうことも。

なので、横に幅広の線が入ることで縦長を分断し横幅にも目線がくるようすれば、目立ち過ぎず優しい印象で着こなせます。

 

裾に切り替えし



コムサマチュア
裾や袖の部分に切り替えしがあるタイプ。

異素材などの切り替えしがあることで、目線が「下」に行くので背が高いことをカバーしてくれます。

また、ボトムを鮮やか色にしたり、手袋を目立つものにして目線を「下」に行くようにするコーディネートもおすすめです。

 

 

ぽっちゃり・太めさんなら



キルティングの縫い目が縦・斜め



Smileorchid
雑貨屋ほりうち
ぽっちゃりさんには、キルティングの縫い目が縦や斜め(中央に向かって)タイプがおすすめ。

縫い目が横で幅広タイプのものはより横幅が強調されてしまうので避けた方がよいです。

縦に縫い目があることによって、縦長に細く見えます。

斜めの縫い目もシャープな印象になるのでおすすめです。

また、ファスナーを開けてすっきり見せ、更にマフラーをかけて(巻かずに垂らす)縦長効果を出すコーディネートもおすすめです。

 

 

華奢・細めさんなら



ウエストリボン・Aライン



jewel
華奢な人にはウエストリボン・Aラインタイプがおすすめ。

華奢な人はダウンコートのボリュームに負けてしまうことが。

ですので、ウエストリボンで体のラインを作ってあげると、ワンピースを着ているような自然に着ることができます。

また、Aラインでほどよくボリューム感を出してあげると下半身が安定して見えるのでバランスよく着ることができます。

 

細かいキルティング



TATRAS
細かいキルティングタイプもおすすめ。

幅広のキルティングは華奢な体型には、オーバーサイズのものを着ている印象になってしまいます。

ですので、細かいキルティングならダウンコートのボリュームを押さえてくれ、華奢な体にもぴったりと着ることができます。

 

いかがでしたか?

ダウンコートも体型によって似合うタイプがありますので、ご自分の体型に合ったものを選んでくださいね!
=================


ライター:Hiromi(パーソナルスタイリスト)


公式サイト「True Colors」 http://truecolors.jp.net


5年間アパレル販売に携わった後、for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事。


現在はパーソナルスタイリストとして、


おしゃれの基本である「似合う色・素材・形」の提案を行っている。


会話を大切にし、その人の雰囲気、


ライフスタイルや考え方から活用シーンに合うものを提案。


また、本人も気が付いていない魅力を発見し、


新しいスタイルを構築する技術に定評がある。

2015年3月18日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop