現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

面接官が聞き飽きている自己PR5パターン

3957 views

 面接での自己PRを考えているのですが、面接官が聞き飽きてるものってどんなものでしょうか(大学3年生・女性)


 面接官は例年数多くの自己PRを聞いています。大企業だと、一日に数十以上の学生の
自己PRを聞くこともあるでしょう。


 その中で面接官が聞き飽きたような自己PRをしてしまったら、あなたの魅力をアピールできません。
面接官が聞き飽きてしまったような自己PRの流れは避けるべきです。
今回は、学生がよくする面接官が聞き飽きた学生がよくする自己PR例を紹介したいと思います。




1.サークルリーダー、バイトリーダーをやっていました!



 もっともありきたりなものは、○○リーダーをやっていました。と言う自己PRでしょう。学生の面接では数多くのリーダーが登場します。これはもう面接官は聞き飽きていますので、○○リーダーと言うだけで目立つことはできないと思ってください。



 

 もちろん、あなたがリーダーをやっていたのであればそれを面接でアピールしてもいいでしょう。しかし、リーダーをやっていたことだけをアピールするのではなく、その経験からどのような事を学び、どのように学んだことを会社で活かすのかをアピールしてください。



 

2.○○いう資格を持っています!



 大学で資格所得講座が開かれていたりすることもあり、今は何らかの資格所持者は数多くいます。TOEIC700を持っている人もそこまで珍しくなくなりました。ですから、○○の資格を持っています!、とアピールしても、「さっきの人もその資格を持っていると自己PRをしていたよ・・・」と面接官は退屈をしてしまいます。


また、資格を持っている=実務で役に立つでもありません。資格を自己PRに使う場合は、資格所得までにどういう努力をしたか、そして、それをどう仕事で活かすつもりかをアピールしてください。資格を持っているだけでは決してアピールになりませんし、面接官も飽きていることを忘れないでください。




3.わたしは○○人間です! という例え



カップヌードルのCMで就活生が「私は噛めば噛むほど味が出るするめのような人間です!」と自己PRする場面が出ます。

 あれは現代の就活をよく風刺したCMだと思います。就活本などが出回り初めたころは、こういうように自分を何かに例えることは斬新だったかもしれません。しかし、今は多くの就活生が自分を何かに例えているので面接官は飽きています。



よっぽど斬新でうまい例えをしない限り、他の人とかぶるのではないでしょうか?

 

4.○○へ留学しました!



今では留学は珍しいものではなくなってしまいました。大学で留学支援制度が大分整備されているので、以前よりも安価で容易に留学ができます。ですから、留学をした人が面接にくることも珍しくないので、留学の話も聞き飽きています。

 

留学をした人にとっては新鮮な経験だったかもしれませんが、残念ながら面接官にとってはありきたりな事なのです。

 

5.ボランティア経験を絡めた自己PR



ボランティアも大分身近になりました。ボランティアに行こうと思ったら、誰でも簡単にいけます。誰でも簡単にいけるということは多くの大学生が経験しているということであり、多くの大学生が自己PRに使っているということです。

 

ボランティア経験をやったというだけの自己PRでは面接官の心に響かないでしょう。

 

まとめ




ここまで読んだ人は

 

「それならどんな自己PRをすればいいんだ! 何もできないじゃないか!」

 

と疑問に思ったと思います。実は別に上にあげたような自己PRでもいいのです。ボランティアで自己PRしたいのであればそれでも充分です。大事なのはその時、あなたなりの視点や体験談、つまり個性入れることです。他の人が思いつかないような切り口で自己PRをすれば、面接官が飽きているようなものにはならないでしょう。

2014年6月12日

written

by 盆次郎


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop