現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

就活面接での自己PRの5つのコツ

3150 views

就活の面接の自己PRがうまく話せません。どうすればいいでしょうか。(大学3年生・女性)


面接では企業の採用担当者に自分をアピールし、好印象を与えなければなりません。


自己PRはその最もたる機会。あらかじめ深く練って用意しておき、


面接で求められればさらりと答えたいところです。



相手に好印象かつインパクトを与える自己PRのポイントとは……。

a0001_013636_m

論理的に、根拠を示して話す



「私は社交性があります。なぜなら……」、


「私は我慢強いです。その例を挙げますと……」


と自分がそう言い切れる根拠や具体例を挙げて話すと、説得力が出ます。



 

明るい性格ですと言っても、うつむき加減の表情では相手にはそうは映りません。


その場では言い繕えても、印象としてはそうは見えないと捉えられてしまいます。



 

自分のアピールしたいことを論理づけて話すことで


しっかりと自己分析をしているとの印象を与え、


そこからあなたへの興味をさらに持ってもらって、


実のある会話のやり取りにつなげていきたいところです。


具体例には数字や周囲からの客観的評価も付け加えるとよいでしょう。



 

ユーモアを含ませて話す



「電車の中で読書に集中しすぎて乗り過ごすことがよくあります。


それくらい集中力には自信があります」、


「気配りを意識しすぎて、飲み会で率先して飲み物の注文を取り、


いざ乾杯するときに自分のものを注文し忘れたりします」


などと、ともすればマイナスに捉えられそうなことでも笑いを絡めて言えば


ユーモアのセンスに好感を得られることでしょう。



 

場を和ますことは相手との距離を縮めることになり、


その後の会話のやり取りもスムーズに入っていけます。


面接という緊張した場面でも、心に余裕があることをさりげなくアピールできます。



 

業務内容に触れたアピールをする



「人と話すのが好きで御社の接客業務にも向いていると思います」、


「細かいデータを分析するのが得意なのでマーケティングに興味を持つようになりました」


と自分の強みをこの会社でどう生かしたいのかに絡めて話すと


筋が通っていて相手も頷けることでしょう。



 

その会社が求める人材像に自分をどう当てはめられるか、


企業研究をしていくなかで見えてくるところがあると思います。



 

場の空気を読んで端的に話す



グループ面接などの一人ずつ述べていく自己PRで


自分だけ長々と話すことはマイナスに捉えられてしまいます。


アピールしたい気持ちが先立ってあれもこれもと話が飛んでいき、


脈絡のないものになってしまうこともあります。



 

伝えたいことを絞った、まとまりのある内容を話し、


スマートさを強調したいところです。


普段から結論を先に出し、理由を簡潔に述べるという会話を心掛けましょう。



 

自分の好きなこと、価値観を出す



自分はどういうことに興味を持ち、どんな価値観で生きているのか。


人間性を示すことでより相手にインパクトを与えたいです。


それが社風や経営理念に合うか、業務に向き不向きかを採用担当者も判断できます。



 

入社後のミスマッチを防ぐためにも本音を出すところは出しておきたいです。


最後はあなたが会社を選ぶかどうかにかかっています。


ありのままの自分を受け入れてくれる会社に入ることが


その後のキャリアを豊かにさせることにつながります。



 

ここぞというところでは本音をぶつけてみて


相手の反応を確かめるぐらいの気持ちで面接に臨みましょう。



 

 

自己PRは最初はうまくいかなくても回数を重ねていくうちに慣れてきて、


うまく言えるようになるはずです。


相手に自分の何を伝えたいのか常に意識して、心に届く自己PRを練っていきましょう。

2014年6月12日

written

by koh


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop