現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

就活面接で好印象を与える志望動機の5つのポイント

1119 views

OOK92_tatakausarari-man20131223500



志望動機は合否を決める上で最も大事な要素の一つです。
どれほど自己PRをうまくやっても、志望動機がぱっとしなければ
「この人は本気でうちの会社に入りたいと思っているわけではないのだな」
と思われて落とされてしまいます。
会社は「本気で自分たちの会社に入りたいと思っている人」を待っているのです。

そして、それを伝えるのが志望動機です。

では、好印象を与える志望動機を伝えるにはどうしたらいいのでしょうか?
5つのポイントを上げてみました。

 

1.どの会社でも通用するような志望動機はNG



志望動機は、面接を受けるその会社でしかできない動機が望ましいです。
例えば、
「私はプログラミングが好きなので、御社に入社したいと思いました」

という志望動機ですと、

 

「プログラミングなら別のIT企業でもできるのでは?」
と返されてしまいます。

 

しっかりと企業研究をして、その企業でしかできないようなことを中心に添えて志望動機を作成しましょう。企業のwebサイトやパンフレットを読み込めば、その企業独自の製品やサービスがあるはずです。それを使って志望動機を作成してください。

2.自分の体験談に基づく志望動機を作成しよう



志望動機に説得力を持たせるためには、体験談に根ざした動機がいいでしょう。
例えば、介護業界の企業に面接で言うと、
「私は学生時代に介護ボランティアというものを経験しました。その時、利用者の方にありがとうと言って頂けたことが非常にうれしく~」

 

といったことです。

 

具体的な経験に根ざした志望動機は説得力が違います。それに抽象的な志望動機より、具体的な体験談の方が、読むほうも聞くほうも、興味を持って読んだり聞いたりできるのでいいアピールになります。

 

3.採用する企業にとっても得になるような志望動機にしましょう



志望動機で自分のことばかりを話してしまう方がいます。「御社に入社することで成長できると思いました」といったことです。もちろんそれはそれで立派な動機だとは思います。

 

しかし、「自分が成長できると思った」といった志望動機では、下手をすると自分本位な人だと思われてしまいます。そういう文面が入るのはかまいません。しかし、会社は自分の会社にとって得になる人材が欲しいことを忘れてはなりません。

 

「御社の製品を通してお客様の喜んで頂きたいと思いました」

 

などその会社にとって得になるような文面をいれておく事も大事です。

 

4.自分がやりたいことも志望動機に入れましょう



3とは逆で企業へのアピールばかりが中心で、自分のやりたい事、望む事をしっかりと述べない人も多いのです。「社会貢献をしたい」「御社の力になりたい」ということばかりを志望動機で言っても少しリアリティがありません。

 

あなたが会社で学びたいこと、やりたいことはあるはずです。その強い思いをぶつけると、好印象になります。

 

5.大きな事を言う必要はない



「日本をよくする」など大きいことを言わなければならないと思っている就活生は多いです。しかし、そんなことはありません。身の丈にあった、自分でできる範囲のことを言えばいいのです。逆に大きい事ばかり言っていると信用されないこともあるでしょう。

まとめ



冒頭でも述べたように志望動機がしっかりしていなくては採用はありません。しかし、逆にしっかりとしたものを作ることができたらあなたは他の就活生からリードを奪えます。上記5つのポイントを使って内定を勝ち取りましょう。

2014年6月12日

written

by 盆次郎


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop