現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月13日更新

沖縄の魅力を味わい尽くす!おすすめ観光スポット7選

203 views

 卒業旅行に沖縄へ行こうと考えているのですが、何かおすすめのスポットはありますか?(大学4年生・男性)






青い海と甘い香りがする沖縄県



青い海、そしてフルーツと花の香りいっぱいの沖縄


今回はトロピカルムード満点の観光スポットをご紹介します。




琉球村








http://foter.com/f/photo/8870539254/5da51c090c/

 

 

琉球時代を再現した村で、赤い瓦の琉球古民や琉球文化を体験できるテーマパークです。

文化体験は多く、特に三線教室や紅型(染め物)、黒砂糖作りなどは沖縄独特の文化を体験。製糖場では水牛を使った昔ながらの作業風景を見ることができます。

琉球時代のきらびやかな貸し衣装などもあり、琉球人になりきって園内を散策するのもいいかも。

お腹が空いたら食堂へ。

郷土料理を中心に、季節に応じた定食などもあります。全体的にガッツリ系なので、散策してお腹を空かせていかないとと食べるのが大変な量です。


古民家では伝統的な琉球料理を味わうことができます。



 

 

 

 

OKINAWAフルーツランド



OKINAWAフルーツランドは、名前のとおりトロピカルフルーツの体験施設です。

フルーツだけでなく、蝶や鳥の区域もある全天候型亜熱帯施設になっています。


フルーツゾーンには沖縄ではポピュラーなパパイヤ、マンゴー、バナナをはじめたくさんのトロピカルフルーツがいっぱい。


珍しいフルーツではライチのような香りのジャポチカバ、ゆで卵の黄身に似た食感のカニステル、香りが素晴らしく清涼感のあるレンブ、大きなバラミツなどがあります。


ぜひ一度味わってみてください。


蝶のゾーンは黒と白のオオゴマダラいて、その小さなさなぎは金色に輝いています。まるで金でできた果実のようです。


バードゾーンにはカラフルな南国の鳥達が遊んでいます。緑にオレンジ、青と五色に彩られたゴシキセイガイインコ、愛嬌のある顔がなんとも言えないオオハシ、ほかにもカラフルなインコがいっぱいです。


カフェやレストラン、売店もありますので、ドライブがてらの休憩におすすめの場所です。





 

ブセナ海中公園



 


http://foter.com/f/photo/6705338459/5ca0be6cdf/


海中展望塔があり、海中公園にある色とりどりの熱帯魚を観察できます。


陸から橋を渡った先にある海中展望塔は360度海の中を覗くことができ、サンゴ礁の海で泳ぐ可愛い魚たちが楽しめます。


赤いカクレクマノミ。シマシマのオヤビッチャ、鮮やかなヤマブキベラ、長い背びれのツノダシ。他にもたくさんのお魚がひらひらと泳ぐさまは、ヒーリング効果ばっちりです。


ブセナ海中公園にはグラス底ボートがあります。


グラスボートなら、透明度の高い海に泳いでいる可愛い魚たちをゆっくりと鑑賞できるので、落ち着いてお魚を見たいなと思った時にどうぞ。


 


 




ナゴパイナップルパーク



 


http://foter.com/f/photo/6981195040/13ebff13d3/


 


巨大なパイナップルが目印のナゴパイナップルパークは、パイナップルのテーマパークです。


その楽しみ方は、パイナップル畑をはじめとする亜熱帯の森を自動で探検してくれるパイナップル型のカートに乗るのもよし、パイナップルを好きなだけ試食するもよし。


お腹に自信のある人は、レストランでオールパイナップルのジャンボパフェにチャレンジするのもいいかもしれません。


またパイナップルの工場があり、沖縄でも珍しいカッティング風景を見ることができます。


お土産はパイナップルワインにパイナップルケーキと、パイナップル尽くしのひと時をどうぞ。


 


 




沖縄美ら海水族館



 


http://foter.com/f/photo/2598684913/5c6348b391/


水族館は海洋博公園にある水族館で、その中の「黒潮の海」の水槽のアクリルパネルは高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmもあり、世界有数の大きさを誇ります。


その大きな水槽ではジンベイザメやマンタが目の前を泳ぐ姿を見ることができ、その青い神秘的な光景は海の世界に圧倒され思わずため息が出ます。


他には「サンゴ礁の海」水槽、「深海の海」水槽があります。


サンゴ礁の海は、色とりどりのサンゴの群れや熱帯魚が泳ぐ水槽が設置されています。深海の海は、光の届かない暗い世界に生きるが故に、不思議な形態や光を放つ生き物たちが生息しています。


また海洋博公園の中にはイルカと触れ合えるイルカラグーン、ウミガメ館、マナティ館があるので、海の世界を満喫することができます。


 


 


                                                      


 




由布島



 


http://foter.com/f/photo/307264058/e07d0da18a/


ゆったりとした南国の時間が流れる小さな島。


観光として、水牛車で西表島から由布島に往来するツアーが人気です。


由布島には水牛が休憩している池や、蝶々園、貝の館などがあります。小さな島ですが動植物が多く、ヤギやバリケン、烏骨鶏、ガチョウなどを時々見ることができます。


またレストランや売店もあり、休憩に丁度よく、由布島オリジナルお弁当も売っています。


以前はマラリヤ避けとして住人が定住し繁栄していましたが、台風の被害によって残った人々は移住してしまい、現在では定住者は居ません。


観光についても、由布島は海抜が1mちょっとと低いので、荒天時に行くのは危険です。


それでも最後まで残っていたご夫婦は、再び人々が島に戻っていることを信じて木々や花を植え、現在では熱帯性の植物と動物達の楽園になりました。


 


 




川平湾公園(石垣島)



 


http://foter.com/f/photo/337409200/d50f7c9b82/


石垣島随一の名所で、美しいブルーを塗り重ねたような海とグリーンの小島が一望できます。


潮の満ち引きで刻々と海の色合いが変わるので、朝と夕方など時間を変えて見に来るといいかもしれません。


川平湾は石垣島の北西部にあり、海中には多くの種類のサンゴが群生しています。


潮流の関係で遊泳禁止のため、海の中を見たい時は観光用グラスボートに乗り、そこから海中を鑑賞できます。


黒真珠の養殖も行っており、石垣島の黒真珠は質がよく名産品になっています。旅の思い出に黒真珠はいかがでしょうか。


 


 


 


 


以上が沖縄のおすすめ観光スポット7選です。


トロピカルムードいっぱいのおすすめでしたが、どうでしょうか。


沖縄で鮮やかで楽しい思い出を作りに行きませんか?

2014年6月13日

written

by yuki


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop