現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

大企業を避けて中小企業に就職する5つのメリット

4352 views

就活中なのですが、大企業にあまり魅力を感じません。だからといって中小企業に就職するのも福利厚生に面で不安があります。どちらに就職するほうがいいのでしょうか(大学3年生・男性)


lgf01g201306070900


Victor1558



 

今も昔も就職活動中の学生に人気があるのは、誰もが知っていて安定している大企業や公務員でしょう。


しかし、大手企業に就職することだけが良い事でしょうか?日本を支えている圧倒的多数の中小企業への就職もメリットがあります。


是非就職活動の参考にしてみてください。



 

そもそも大企業、中小企業の違いって?



そもそも大企業と中小企業の違いを明確に説明できる学生は少ないと思います。


業界によって従業員数や売上高など様々な基準で分類することが出来ますが、有名かそうでないかという物差しで見ている人も多いでしょう。あるいは大企業の下請けが中小企業だというイメージですね。下請けというイメージだと大企業以上の仕事は出来ないように思いますが、従業員数が少なくていわゆる中小企業の分類に当てはまる企業の中にも、業界トップの企業は数多くあります。


このように、中小企業でも業界トップや優位性を持っている事、特殊性、成長性などの点で企業を選んでいく事も重要です。



 

一般的に大企業で働くメリットは、組織がしっかりした中で働くことが出来る、安定している、福利厚生が厚いなどがあげられますね。規模が大きい仕事をすることが出来るということも大きな魅力です。ひとつの部門だとしても、中小企業と同じくらいの規模のプロジェクトを動かす事もあります。



 

最近では、どんなに有名な大企業であっても倒産や吸収合併で早期退職をすすめているところもあるため、いくら大手であっても安定とは言い切れなくなりました。将来的に転職をする場合も大手企業経験があると有利と言われています。ただしこれは自分がどんな経験をして成果を積み上げてきたかにもよりますので大手だからと言って安心してはいられません。



 

中小企業へ就職するメリット



その1 経営者と近い立場で仕事が出来る



従業員数が少ない中小企業では、経営者との距離が近く、会社全体の動きを見ながら仕事をすることが出来ます。自分がどんな立ち位置にいて、どんな責任を負っていてということも明確に見えるので、そういった事も経験したい人には良い環境です。



 

その2 自分のやりたい仕事に早期に関わることが出来る



中小企業では、ひとつの製品作り、業態に絞っているところが多いため、自分が希望する製品作りや職種に携わりやすいでしょう。大手企業では、入社時の希望に反して異なる部署や部門へ配属されてしまうこともあります。大きな希望を持って大企業に入社したにも関わらず、この最初の配属が希望と異なるためにくじけてしまう新入社員は結構多いのです。


その反面、中小企業では部門が少ないので、希望の仕事に就けなかったということは比較的少ないと言えます。



 

その3 様々な仕事に関わることが出来る。



これも従業員数が少ないからこそですが、自分の業務以外にも様々な仕事を掛け持ちしたり、担当する場合が出てきます。人事部は人事だけではなく総務的なことまで幅広く担当していたりもします。



 

その4 自分の成長が会社の成長と感じられる



成長中の企業では、自分の成果がダイレクトに会社の業績に反映します。その分責任もプレッシャーも大きいものですが、成果が出たときは自分が会社を大きくしているという実感をより大きく感じる事が出来ます。



 

その5 急成長中の会社であればコアメンバーになれる可能性が高い。



出世が早いとも言えますが、そのとおりです。やればやった分だけ幹部に見てもらえるので評価をしてもらいやすく、出世にもつながります。



 

あなたの望む働き方は、大企業タイプ?中小企業タイプ?



以上のメリットは、誰にでも当てはまるものではありません。自分の希望するキャリアプランや働くイメージと照らし合わせてみてください。その上で合うものがあれば、中小企業という選択もアリでしょう。



 

就職活動において大企業か中小企業かという選択も大事ですが、その前に大事なことは自分が今後望んでいる仕事や働き方は、大企業と中小企業どちらの方が合っているのか、しっかり考えておく事です。


それぞれのメリットデメリットをしっかり把握して、企業選択に活かしてください。

2014年6月12日

written

by ummaqaba


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop