現在17274個の困ったを解決できます!

2017月2月22日更新

まったり初詣したい人におすすめな奈良の神社とお寺7選

29295 views

奈良で初詣にいくにはどこがおすすめですか?(大学2年生・女性)







神社仏閣の聖地、奈良。人混みは避けたい穴場スポットのオススメ!



新しい年を迎えたら初詣に行こう!と思う方は多いのではないでしょうか。


仏教、神社仏閣の聖地、奈良県にはたくさんの有名な初詣スポットがたくさんあります。


有名なスポットはどこも混雑していますが、ご利益をいただくためにはお正月の風物詩として楽しんで、行列覚悟も
辞さないという方も多いですよね。


なかには人混みを避けてゆっくりと参拝したいという方も同じくたくさんいます。


そんなあなたに 穴場の初詣スポットをご紹介しますね。







大神神社(おおみわじんじゃ)



大神神社は日本最古の神社と言われ、本殿はなく御祭神は三輪山に鎮め山を御神体としている珍しい神社です。


御祭神は国造りの神様と呼ばれる「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」とし、


すべての産業開発、 治病、造酒、製薬、交通、航海、縁結びなど人々の生活の礎を築く守護神とされています。


また、境内には二つの岩が仲良く寄り添う「夫婦岩」があり、


大物主大神と人間の女性を岩に例え「赤い糸をたどると三輪の社まで続いていた」という恋の伝説が残っています。


この夫婦岩は良縁や夫婦和合のご利益があると言われ、縁結びのお守りを求める人が多いです。


三輪山は「神の宿る聖地」と広く知られ強力なパワースポットとして多くの参拝客が訪れます。





※大神神社公式サイト
《アクセス》奈良県桜井市三輪1422
JR桜井線「三輪駅」徒歩5分






談山神社(たんざんじんじゃ)



飛鳥の東にある紅葉スポットで有名な多武峰(とうのみね)の山中にある談山神社。


有名な「大化の改新」の談合の地として知られ、藤原鎌足(ふじわらのかまたり)を祀り御祭神としています。


飛鳥時代、蘇我入鹿(そがのいるか)の権力が強く国政にも影響し、


鎌足は後の天智天皇となる中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と蘇我入鹿を打倒するため談合した「談い山」から「談山」と名を付けられたとされています。


また、藤原鎌足の妻「鏡女王」を祀った「恋神社」があり、恋神社へと続く参道は「恋の道」と呼ばれ、女性として
幸福な一生を送られた鏡女王にご利益をあずかろうと良縁を祈願する参拝客で賑わっています。


談山神社がある多武峰は「関西の日光」と呼ばれ、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と季節ごとに素晴しく姿を変え、


重要文化財に指定されている朱色の十三重塔と見事にマッチして多くの人々を魅了しています。





※談山神社公式サイト
《アクセス》奈良県桜井市多武峰319
JR近鉄大阪線「桜井駅」よりバス25分、「談山神社」徒歩3分







入鹿神社(いるかじんじゃ)



全国民の祖神である天照大神(おまてらすおおみかみ)の弟神で、


日本神話のなかで三種の神器のひとつ「草薙の剣」でヤマタノオロチを倒したことで知られる須佐之男命(すさのおのみこと)と蘇我入鹿の両柱を御祭神として祀られています。


全国で唯一、蘇我氏を御神体としている神社です。


蘇我氏が倒された際にその首が小綱町まで飛んできたとされ小綱の地に祀ったと言われています。


横暴な権力を振りかざして国政を乱した蘇我氏に対し、神様としてお祀りすることは許されないとして御祭神を須佐之男命に、社名を小綱神社に改めるよう政府から提案されたが、地元民は拒み入鹿神社にしたと言われます。


蘇我氏は首を斬られたことで入鹿神社は首から上の病い、頭痛に悩む人々には同情的で霊験あらたかな信仰があるとされています。


また、同じ境内には重要文化財の正蓮寺大日堂に「大日さん」として親しまれている大日如来座像があり、その優美な姿に心を癒されありがたみを感じます。



※入鹿神社公式サイト
《アクセス》奈良県橿原市小綱町311
近鉄大阪線・京都線「大和八木駅」南出口 徒歩10分







唐招提寺(とうしょうだいじ)



奈良時代、平城京を中心に栄えた6つの仏教(南都六宗)のひとつである律宗の総本山。


朝廷から戒律を授ける「伝戒の師」として唐から招請を受けた鑑真大和上(がんじんだいわじょう)が聖武天皇から
与えられた居所を唐招提寺としました。


多くの苦難を乗り越え66歳で日本の地を踏み、正式に僧侶として授ける「具足戒」を伝えた偉大な僧侶です。


それまでの日本は仏教界において戒律がなく授戒資格のない僧侶まで権勢を振るっていたとされ、初めて日本に具足
戒を正しく保つ出家修行者・僧侶を誕生させたと言われています。


境内には数々の国宝、重要文化財が残っており、1998年(平成10年)には世界文化遺産に登録されました。


創建時の姿をそのまま残している金堂には国宝がズラリと並び息を飲む厳粛な雰囲気に包まれています。


唐招提寺のご利益は天下泰平・国家安寧、開運招福全般、災難除け、学業成就、五穀豊穣・家内安全と言われ、「御
影堂」には国宝の鑑真大和上(がんじんだいわじょう)の坐像が奉安されているので、ぜひ強力なパワーと感じ取っ
てご利益にあずかってみてはいかがですか。




※唐招提寺公式サイト
《アクセス》奈良県奈良市五条町13-46
近鉄橿原線「西ノ京駅」徒歩10分




長谷寺(はせでら)



真言宗豊山派の総本山で四国三十三所の根本霊場と呼ばれる日本有数の観音霊場です。


室町時代に建造された「本尊十一面観世音菩薩立像」は高さ10mの巨大像で見る者を圧巻させます。


本堂、礼堂、登廊、戦後日本で初めて建造された五重塔など国宝や重要文化財の建造物があり、満開の桜の季節、紅
葉の季節にはその姿を見事にマッチさせて息を飲む美しさを見せてくれます。


境内のあちこちに十一面観音や眠りこけている石仏、今にも喝を入れてくれそうな眼力不動明王など様々な石像仏が
あり目を楽しませてくれます。


また、数々の寺宝があり中でも初代徳川家康から十三代家定までの肖像画の掛け軸は見物です。





※長谷寺公式サイト
《アクセス》奈良県桜井市初瀬731-1
近鉄大阪線「長谷寺駅」徒歩15分







生駒聖天 寶山寺(いこましょうてん ほうさんじ)



巨巌や奇石などが多く神や仙人が棲む聖地と言われている生駒山。


そこに建造された「生駒聖天寶山寺」は真言律宗大本山と称し湛海(たんかい)が開いたとされ、大聖歓喜天を山の
鎮守に仰いだとされています。寺伝によればかの有名な弘法大師(空海)も若いころ修行したとか。


本堂には不動明王、拝殿には鎮守神として大聖歓喜天(聖天)を祀り、大聖歓喜天は「生駒の聖天さん」と呼ばれ商
売繁盛の神様として広く親しまれています。


開運、人気、商売繁盛、学業、交通安全など様々なご利益があるパワースポットとして人気があり、美しい景観は古
都奈良を満喫できるとして多くの参拝者が訪れています。


また、ズラリと立ち並ぶ燈籠が壮観の参道は、現代でも夜中にお百度詣りをする人が絶えないので、一晩中明かりを
灯しているとも言われています。それだけ強力なご利益があるんですね。





※生駒聖天寶山寺公式サイト
《アクセス》奈良県生駒市門前町1-1
近鉄奈良線「生駒駅」ケーブル宝山寺下車 徒歩10分



以上、初詣の穴場スポットをご紹介しました。


春日大社、橿原神宮、興福寺、東大寺など行列覚悟の人気スポットもありますが、ゆっくり落ち着いて参拝したい方
にはぜひオススメのスポットなので参考になれば嬉しいです。


それでは皆様、ご利益にあずかりまして新しい年が良い年となりますように・・・

2017年2月22日

written

by しんじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop