現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月4日更新

忘れると旅行が台無しに…?海外旅行の持ち物チェックリスト~女性編~

440 views

海外旅行へ行きます!これだけは忘れるな、という持ち物のチェックリストをください!(大学3年生・女性)


海外旅行持ち物リスト

せっかくの海外旅行、空港や現地で忘れ物に気付いた時のショックといったら…。

そんなハメに陥らないよう、しっかりチェックしておきたいものですね。

今回は、特に女性にとって忘れてはいけない大事なもの10点を紹介します。

 

1.スキンケア、メイク用品



旅先で肌トラブルを起こさないよう、化粧水、乳液などは、いつも使っているものを日本から持って行くのがベスト。

小さいビンに移し替えれば機内持ち込みもOK。

また機内はとても乾燥しているので、手荷物に保湿クリームやリップなども入れておくと安心です。

 

2.マスク



マスク

乾燥対策、すっぴん隠し、風邪防止、など、あると何かと役立ちます。

 

3.日焼け止め、帽子



日差しの強い国に行く人は必須アイテム。

帽子は熱射病予防にもなります。

サングラスも併用して眼球も日焼けから守ると良いでしょう。

 

4.羽織り物



暑い国に行く場合に忘れがちなのが、羽織り物。

電車やビルの中は冷房が効きすぎていることが多いので、薄手のなるべくしわにならない羽織り物を1枚準備しておくと良いでしょう。

飛行機の中でも使えるかもしれないので、手荷物に入れておきましょう。

 

5.音楽・本



機内や夜のホテルでの暇つぶしに。

機内では映画が見れたりもしますが、好きな音楽を聴きながら空の旅を楽しむのもオススメです。

また女性は特に夜遅くなってからの外出はしない方が賢明、とは言え部屋のテレビは言葉も分からなくて退屈…。

そんな時はホテルでゆっくり読書タイム。

海外にいるという非現実な世界での読書はまたいつもと違った世界が味わえます。

現地で聞きたい音楽や読みたい本をあらかじめチョイスしておくのも良いですね。

 

6.薬類



薬

風邪薬、頭痛・生理痛薬、絆創膏くらいは必ず持って行きましょう。

ビオフェルミンなどの整腸剤や正露丸も念のため持っていると安心です。

やはりいざと言う時飲み慣れた薬の方が信用できます。

 

7.生理用品



女性は旅行と生理がかぶってしまうこともありますよね。

現地の生理用品が不安な場合は日本から持って行きましょう。

ちなみに、普段はナプキン派でも、旅行中はタンポンに切り替えてみる、というのもオススメ。

海外のトイレは日本とは勝手が違うので、生理中でもなるべく快適に過ごせるように工夫しましょう。

 

8.ドライヤー、ヘアアイロン(電圧に注意)



邪魔に思って置いて行く人も多いと思いますが、日本で毎日使っている人は旅先にも持っていくとストレスなくヘアセットが行えます。

ドライヤーなどは消費電力が大きいので、持って行く場合は海外でも使えるものを選びましょう。

(ドライヤーなどに対応している変圧器は非常に大きいので、それこそ邪魔になります。)

 

9.ティッシュ類



除菌ティッシュ、ウェットティッシュ、トイレットペーパー…。

食事、トイレ、メイク、ちょっと手が洗いたい時など色々な場面で使えるので是非持って行きましょう。

トイレットペーパーは芯を抜いてコンパクトに!

 

10.はさみ



はさみ

封が開かない時、服のほつれを切りたい時、など意外に役に立つのがハサミ。

眉毛用の小さいものがサイズ的には良いでしょう。

ただし、機内持ち込み荷物に入れてしまうと有無を言わさず没収されるので要注意!

ついでに爪切りも没収されるので機内には持ち込まないようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?

女性は男性と比べると色々と荷物が増えがちですが、なくて現地で不便な生活を強いられるくらいなら、少々かさばっても快適に過ごせる方が、ストレスフリーな楽しい旅行になります。

とは言っても、荷物が重すぎてそれ自体がストレスになっては元も子もありません。

自分に必要な物をきちんと見極めて出発前に最終チェックをしておきましょう!

 

2015年1月4日

written

by あしやん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop