現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月3日更新

リバウンドしない!?納豆ダイエットの効果と続けるコツ

308 views

私納豆大好きなのですが、納豆ダイエットって本当に効果があるのですか?(大学3年・女性)


納豆が体に良いことは、多くの人が知っていると思います。

血液をさらさらにするなど、納豆の効果や納豆を食べやすくアレンジした

レシピは、本やテレビでよく紹介されています。

そんな素晴らしい優秀食材である納豆ですが、実は

ダイエットにも利用することが出来ます。

リバウンドなどの失敗を出来るだけ防ぐために、

納豆ダイエットの効果や、続けるコツをまとめました。

 

納豆の様々な嬉しい効果



「畑の肉」ともいわれる、良質なたんぱく質を持つ大豆ですが、生では硬く

人が消化するには難しいという欠点があります。

ですが納豆に加工した場合は、納豆菌によって酵素分解されています。

そのため独特の風味を出しながらも、たんぱく質や炭水化物などの

栄養素を効率よく吸収できるようになっています。

納豆の中に含まれている、血栓を溶かす酵素を「ナットウキナーゼ」と

いいます。

ナットウキナーゼ

画像出典:Amazon

 

人は寝ている間に水分を失い、血液がどろどろになると

言われているので、夕食に納豆を食べるのもおすすめです。

アンギオテンシンという物質は血液を上昇させる働きがありますが、

納豆にはこの働きを妨げる効果もあり、血圧を下げる効果が期待できます。

納豆に含まれているビタミンB2は粘膜を守る働きがあり、

肌をなめらかにしたり美白を促します。

その他にも、善玉菌を増やして腸内環境を整えたり、血管のコレステロールを流して

血管をしなやかにする効果などもあります。

腸内環境が悪いと、にきびなどの肌荒れが起こることがあるので、

納豆は美肌や健康をを作るためにも、良い食材であるといえます。

 

納豆でダイエットする方法



納豆

画像出典:Amazon

 

小腸の絨毛が大きいと脂質や糖質が過剰に吸収され、太りやすくなります。

大豆に含まれている大豆サポニンには、小腸の絨毛を小さくする働きがあり、

太りにくい体づくりに役立ちます。

大豆イソフラボンにはコレステロールの代謝を促進する効果もあり、

体脂肪を減らすことが出来ます。

このような効果を持った納豆なので、一日一パックを取り入れるだけでも

様々な効果を期待することが出来ます。

肉に比べてカロリーが減らしやすく、間食として取り入れることも良いでしょう。

 

納豆ダイエットを続けるコツ



納豆は手軽に食べることの出来る食材ですが、

続けることが難しいとすれば、飽きてしまうことでしょうか。

納豆をアレンジしたり、もっとダイエット効果を高める

レシピをご紹介します。

 

・納豆キムチ



ダイエット効果が高まると言われている組み合わせです。

お好みで細かく切ったキムチを混ぜるだけ。

時間があれば一晩か、数分寝かせるとキムチに含まれる、

乳酸菌が増えて効果がアップします。

食前に食べると、満足感を得やすくなります。

 

・納豆+すりごま+お酢



体に良いものの組み合わせであっさり食べることが出来ます。

付属のたれをかけたり、ねぎなどをトッピングしても。

 

・納豆にめかぶやモロヘイヤをプラス



ねばねば+ねばねばも相性が良い組み合わせです。

 

納豆は体に良い食材で、通常の量であれば薬と違って

食べ物ですので、摂取に対して特に危険なことはありません。

ですが、大豆イソフラボンのサプリメントを別に取っていたり、他の食品で

取りすぎるとホルモンバランスが崩れるので気を付けましょう。

 

 

2015年2月3日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop