現在17272個の困ったを解決できます!

2016月3月29日更新

パンパン顔を改善!頬の肉を部分痩せさせる方法4パターン

23654 views

顔にとてもお肉が付きやすいです。さらにむくみ症もあるので大変です。朝起きるともうメイクどころじゃなく顔が膨らんでしまっています。
何かいい対策法はないでしょうか?(大学2年生・女性)

毎日見ているはずの鏡に写る自分の顔に、ふと違和感を覚えることがありますよね。


いつのまにか気がついたら、顔がふっくらしていて、場合によってはパンパンに張っている状態だと驚く人もいるのではないでしょうか。


毎日見るからこそ、少しずつ太っていたことに気づけないということもあるのかもしれません。


でも、顔が太ったら全身が太っているように感じられることもありますし、メイクも映えませんよね。


気づいた時こそ痩せるチャンスです。


そこで今回は、頬肉の部分痩せが期待できるダイエット方法を4つ紹介しましょう。


顔やせ




頬を中心にマッサージをしよう


顔がふっくらと太った感じがするのであれば、頬のあたりの変化に注目しましょう。


もしかしたら、太って余計なお肉がついてしまったのか、水分代謝が悪くなってむくんでしまったのか、まさかのたるみが出てしまったのか等、様々な原因が考えられますよね。


いずれにしても、頬を中心にマッサージすることで改善を図ることが大切です。


まず、フェイス用のクリームかオイルを準備しましょう。


マッサージする時の指先の滑りが良くなって、効果も高まります。


その上で、最初は顎から耳下にかけて、指先を揃えた腹の部分で優しく指圧しながら移動させます。


いわゆるリンパマッサージと同じ方法ですね。


次に、唇の両端から耳下にかけて、更に、小鼻から耳下にかけて、同様に指先を動かします。


それから、目の下の窪みに沿うようにしてこめかみに向けて、同様に指先を移動させましょう。


これらをそれぞれ5~10回程度、あくまでもそっと優しくマッサージするのです。


気軽にできますから、ちょっと手が空いた時やリラックスタイムを利用して毎日続けると良いですね。


ただ、やりすぎるとたるみの原因になりますので、そこは注意しましょう。


あくまで優しく、気持ちいいと感じる強さでやってください。




顔やせ




「あ・い・う・え・お」で表情筋を刺激しよう


頬のあたりには、表情筋という筋肉が張り巡らされています。


これらがうまく機能することによって、人の様々な心情を顔によって表すことが可能になるのです。


この筋肉を鍛えれば顔が引き締まり、各表情も締まった感じが出てきて好感度も上がるのではないでしょうか。


その鍛え方は、いたって簡単です。


「あ・い・う・え・お」を使った発声練習をうまく活用しましょう。


語順を入れ替えると口の開きにメリハリが生まれて、表情筋をより効果的に鍛えられます。


つまり、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」の順で、はっきりと口を動かして発声するのです。


この語順でか行~わ行まで発声練習するつもりでゆっくりとやってみましょう。


表情筋が刺激されていることが感じられたら、うまく鍛えられているということです。


そんなに時間を取る鍛え方ではないので、毎日続けてみてはいかがでしょうか。


もしくは、人としゃべるときでも心持ち大きめに口を開ける意識をするだけで、だいぶ変わってきそうです。


顔やせ


むくみを取ってすっきりできる食材を食べよう


顔がすっきりした感じに見えず、膨らんだように見えるのならば、むくんでいるからかもしれません。


むくみは、体内にある水分が適切に排出されていないために、過剰に溜まっていることからも起こります。


ですから、きちんと適度に体外へ排出するようにすることが大切なのです。


むくみを解消する効果がある成分としては、カリウムが有名ですよね。


利尿作用があるので、体内の不要物である老廃物は元より、余計に存在している水分も排出する手助けをします。


このカリウムを含む食材や食品を使った食事をするようにすることで、むくみが解消されやすくなるのではないでしょうか。


例えば、キュウリや海藻類のサラダ、バナナやメロン・キウイフルーツの盛り合わせ等を、おかずの1品に加えるのです。


また、小豆を取り入れた炊き込み御飯やあさりの味噌汁も良いかもしれません。


痩せるために美味しいものも食べられるなんて、一石二鳥ですね。





小道具をうまく使おう


頬のあたりが太ったのかたるみが気になる場合には、頬の外も内も上手に刺激を与えてやると、すっきりと引き締まります。


手でやるのも、力加減をしやすくて良いですよね。


しかし、それだけではなく、ちょっとした小道具を活用することもできるのです。


食事で利用されている割り箸もその1つです。


割り箸を横に寝かせて持ち、そのまま口で加えてみましょう。


その時には、「い」の口にして、奥歯でしっかりと割り箸を噛むようにするのがポイントです。


口角から頬の表情筋にかけて表側も内側も刺激を受けるため、鍛えられてたるみが改善されるのではないでしょうか。


コンビニでタダでもらえるものでできるということで、学生にとってはお財布に優しくてうれしいですよね。


また、ローラーも優しくコロコロ転がすことで、割り箸と同様に頬の表情筋に良い刺激を与えます。


最近は、小型ながらもEMS機能や美肌効果の機能といった様々なタイプのローラーが出回っているのではないでしょうか。


韓国で大人気のものや磁気が入っているものなど、種類が多いので迷ってしまいます。


その中から自分の頬に合うものを選びたいですよね。




頬肉をダイエットする方法は、このようにいくつもあります。


普段はあまり鍛える機会がない部位ですが、だからこそ、そんなチャンスがあれば、気軽に取り組んでみるのはいかがでしょうか。


気軽に挑戦できるものが多いので、この機会に気になるふっくら顔からすっきり顔に生まれ変わりませんか。


すっきり顔で、新しい自分に生まれ変わっちゃいましょう!

2016年3月29日

written

by うぉーく


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop