現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月6日更新

現金派?カード派?海外でのお買い物を満喫するのにおすすめなのはどっち?

867 views

海外旅行へ行くのですが、カードか現金、どちらが良いのでしょうか。国内に居る時は大きな買い物以外ではカードは使いませんし…アドバイスお願いします!(大学2年生・男性)


現金orカード

初めての海外旅行って、準備が大変ですよね。

海外で買い物をしたい!でも防犯や使いやすさなどを考えていると現金かカードかも迷いどころ。

そこで、今回はカードと現金の比較からその疑問にお答えしたいと思います!

 

1.「カード」がおすすめな人



先進国での買い物を考えている人。免税店やブランドショップなどで買い物をしようと思っている人。

例えばフランスやイタリアでブランドものが欲しい!ハワイの免税店で買い物がしたい!など

カード使用環境が整っている地域ではカードがおすすめです。

使用金額が大きく、財布を出す頻度が多くなるため、安全面を考えても現金を出して数えているよりも

カードでサッと支払いましょう。

 

2.「現金」がおすすめな人



現金

発展途上国などの市場などで現地の人とふれあいながら買い物を楽しみたい人は現金がおすすめです。

カード使用が難しい環境の場合は現金しか受け付けてもらえない場合が多いので現金を主にして

持って行きましょう。

 

3.「カード」のメリット、デメリット。



メリット



カードはとにかく便利です。さらにカードが普及している国では「カード=信用」と捉えられます。

・その場でたくさんの現金を数えたりすることもなく、スムーズに支払いを済ませることができます。

・どれだけお金を持って行くか悩むことがありません。

・金利がカード会社によって決まっているため、現地でのレートに左右されません。

・身分証明としてホテルなどで必要になる場合があります。

・カードによってはショッピング保険や海外旅行保険が付いていることがあります。

(カードによりますので必ず事前にご確認を)

・カードのポイントが溜まります。

 

デメリット



・カードを渡した時にスキミングなどの危険性に常に気を付けなければいけません。

(しかしトラブルにあった時でも速やかにカード会社に連絡することによって補償してもらえます)

・いくら使ったのか目に見えないため、お金の管理がうまくできずに使いすぎてしまいます。

・チップなど少額の通貨や紙幣が必要になった時に慌てたり、おつりが足りないなど気が付かないことも多いです。

 

4.「現金」のメリット、デメリット



メリット



現金を使いこなすことができると、現地での買い物も楽しくなります。

・市場(マーケット)や小さいお土産店などでは現金しか使えないことがあり、現地の人とのふれあいも

旅の醍醐味の1つでしょう。

・カード環境が良くない地域では、現金の方がディスカウントしてもらいやすい場合があります。

・チップを渡す時など小銭が必要な時にスムーズに出すことができます。

・どれだけ減ったのか目に見えるため、お金の管理がしやすいです。

 

デメリット



・日本円から現地通貨へ両替が必要であり、帰国の際に手元に残った現地通貨を日本円に両替する際に

2重に手数料を取られます。

・現地での両替ではレートが悪いことも多いです。

・盗まれた時に保障がききません。

・常にたくさんの現金を持ち歩くことは狙われる危険性が増します。

 

最後に



ショッピング

クレジットカードをメインに使う場合でも、チップなどちょっとした買い物で現金が必要になります。

現金をメインに使う場合でもホテルでデポジット(保証金)が必要になる場合があるため、クレジットカードは持参していく方がよいでしょう。

旅行の目的に合わせてクレジットカードと現金、どちらをメインに持って行くかを決めて用意して行きましょう。

メリットデメリットをうまく活用して、ショッピングや観光をめいいっぱい楽しんでくださいね!

 

2015年1月6日

written

by nsaori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop