現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

要注意!デート中、女性が男性にがっかりする7つの瞬間

5085 views

もうすぐ気になっている女の子との初デートです。注意すべきこと、女性がデート中に見ている部分などを教えて下さい。(大学2年生・男性)


lgf01a201403130500

Angelo González

 

大好きな彼女と念願のデート、一緒に映画をみたり、ドライブしたり…


考えるだけでも、幸せな気持ちになりますよね。


しかし、彼女がこんなに楽しいデートの途中なのになんだか表情が暗い。


いったいどうして?


それは、あなたとのデートに原因があり、もしかすると、
彼女はあなたにがっかりしてしまったのではないでしょうか?


今回は、彼女とのデート中に女性が男性にがっかりする7つの瞬間をご紹介していきます。


デートを控えている男性諸君はぜひ、最後まで読んで頂きたいと思います。




1 服装・髪型がイマイチ



女というのは周りからの評価をとても大事にする生き物です。


あなたはかっこいいと思っていても、実は女の子からはあまり印象がよくない場合も少なくありません。


家族や友達のチェックを受けてからデートにのぞみましょう。




2 「どうする?」を連呼する



「これからどうしよっか?」「ごはんどうする?」


などを無意識に連呼はしていませんか?


女性に選択権を譲ることは、優しいという印象を受けるのでよいことなのですが、
それがあまりにも頻繁にあると、ただの優柔不断な人になってしまいます。


さらに、ほとんどの女性は男性にリードされると「頼りがいのある人」と認識します。


そこで、自分の意思も伝えつつ、相手の意見も聞くような、


「自分は〜がいいと思うんだけど、○○ちゃんはどうしたい?」


のような形に言い換えるだけで、男性の好感度はアップします。



 

3 お会計が細かいところまで割り勘



たまに1円単位まで割り勘をする人がいますが、


一見お金の管理をきちっとする人のようにみえて、
女性からすると「男なのにちまちましてる。ケチ」と思われてしまいます。


昔は男性がおごって当たり前のような習慣でしたが、
今の女性というのは自立している女性も多く、中にはおごられることをいやがる方もいます。


もちろん、全部男子が払うべきという女性もいますので、
彼女が「おごられたい人」か「おごられたくない人」かを、さりげなく聞いておくのも大事ですよ。


さて、この「割り勘制度」ですが、どこまで割り勘にしていいのかわからないですよね。


例えば2人で3500円だとしたら、1750円ずつになりますが、


こういうときは1700円、とか1000円とかで思い切って区切ってしまいましょう。


潔さも好ポイントにつながります。




4 運転が荒い



前の車をあおったり、スピードが早すぎる彼のことを大半の女性は、


「ガキっぽいな」と思ってしまいます。


男性からしてみると、女の子みたいな運転なんかできない!という声も聞きますが、


女の子の気持ちは「私が乗っているのにものすごい運転をしていて危ない…


私のことは大事じゃないのかな?」とあなたのことを疑ってしまいます。


運転は人を表すとも言われていますので、日頃からなんとなく意識してみましょう。




5 ほかの女の子を目で追い過ぎ



男の子だから1、2人はしょうがないですが、いちいち女子高生や


セクシーな格好をした女性を見る度に「かわいいなー」とか「セクシー!」


とか言うのは、非常にナンセンスです。


女の子は焼きもちを通りこしてがっかりしてしまいますよ。




6 いちいち悪ぶる



店員さんに対してものすごく上目線からだったり、


悪びれずにゴミをポイ捨てしたりする人が時々いますが、


デートしている相手からしてみれば、「器が小さいなぁ」と思うしかありません。


丁寧な言葉遣いやゴミ拾いをしろというわけではなく、
せめて一般的な範囲で常識的な行動をとってほしいわけなのです。




7 やたらボディータッチが多い



男の人は彼女ができると、自慢をしたがる傾向にあり、ボディータッチも多くなります。


女の子が特にいやがっているのは、公共の場でベタベタさわってくることなのです。


どんなに彼女に触れたくても、手やせめて肩くらいにとどめておきましょう。



 

まとめ



草食系男子などがブームになったりしていますが、だからと言って男らしくないのがモテるというわけではありません。


女性を上手にエスコートしてくれ、大人な優しい男性が女性には受けがよいのです。


みなさんのデートが大成功になるよう願っております。

2014年6月11日

written

by nyankotaro


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop