現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月2日更新

どんな系統を目指す?メンズファッションのジャンルを

25755 views

ファッションについてなんですが自分がどんなタイプの服を着ているのかわかりません。ジャンルについて教えてください。(大学2年生・男性)


近年もファッショントレンドとして、多くのスタイルがファッションブランドや、ストリートから提案されています。


その中では、トレンドを上手く着こなせないや、何を着ていいか分からないという人も、少なくはないでしょう。


まずは、なりたい系統を見極める事が大雪です。


今回は、そんなお洒落をする上での根本にある、系統・ジャンルを見ていきます。


無理してトレンドを取り入れようとせずに、肩意地を張らずにリラックスして、自分らしいスタイルが出来る様に、様々なスタイルを是非参考にしてみてはいかがでしょう。






[ストリートカジュアル]






画像出典:Amazon




画像出典:Amazon


今のトレンドの大本命が、ストリートスタイルとカジュアルスタイルをミックスしたスタイル。


主に、箱型のボックスシルエットのコート、ツバ広ハット・ベースボールキャップやニットキャップ。


足元はスポーツメーカーのスニーカーや、ソックスを見せるスタイル。


トレンドとして提案されているアイテムを、ジャケットやコート、パンツなどとミックスをしていくのが、ストリートカジュアルのスタイルです。


ポイントとしては、シルエットや丈感、サイズ感などをバランスよく取り入れることです。


9部丈のパンツであれば、スニーカーでもハイカットではなく、ローカットなど、自身のワードローブのスタイルに相性が良いスタイルと、ミックスできるアイテムを探すのがポイントになります。





[アメカジスタイル]




画像出典:Amazon





画像出典:Amazon


アメカジは、アメリカンカジュアルの略で、主にはアメリカンスタイル。


タンガリーシャツやジージャン、ジーンズなどデニム生地にみるアイテム。


ネルシャツやチノパンなど、アメリカの社会から生まれたアイテム。


インディアや、ネイティブアメリカンなどの民族的なアイテム。


など、様々なアメリカの歴史ある衣類などを組み合わせたカジュアルなスタイルが、主にアメカジです。


デニムの中でも、本物志向の人はヴィンテージアイテムをミックスしたスタイルで、ティーンなどは、現代のファストファッションでみられるデニムなどで、ストレッチ素材など、本来デニムに無い生地感でスタイリッシュなスタイルも見られています。





[ロック・グランジスタイル]




画像出典:Amazon


ロックはイギリスやアメリカで、グランジはアメリカで支持をされていた、音楽のジャンル。


その当時のジャンル別のアーティストや文化にみるスタイルが、このロックやグランジスタイルです。


主にライダースなどの、レザージャケットに、レザーパンツや、現代ではジーンズ。


ネルシャツをインナーに着たり、腰に巻いたりするスタイルが代表的。


現在では、ライダースにスーツのパンツを合わせて、綺麗めなファッションをしたり、様々なロックやグランジとのミックスをしたスタイルがみられています。






[モッズスタイル]




画像出典:Amazon




画像出典:Amazon


モッズコートという深いグリーンでファーのついたコートを見かけた事があると思います。


元は、イギリスの若い世代が音楽やファッションからインスピレーションを得て、流行したスタイル。


スーツ姿で有名なロックバンドビートルズも、モッズスタイルを好み、ビートルズに憧れ、モッズコートの下にスーツを着るスタイルが本来のスタイル。


現在は、ファー付きのモッズコートに細身のパンツを履き、シャツやニットなどと合わせるのが時代の気分です。





[綺麗めストリートスタイル]




画像出典:Amazon




画像出典:Amazon


ストリートカジュアルが、トレンドの気分で、トレンドアイテムのスニーカーを様々なアイテムに合わせる事が時代の気分。


一見スーツの様なスタイルも、仕事用のビジネスマンスーツではなく、柔らかいスウェット地やデザインがされているセットアップでシックに決めて、そこに、スニーカーを合わせるのが、綺麗めストリートスタイル。






[綺麗めクラシカルスタイル]




画像出典:Amazon



綺麗めクラシカルスタイルは、少し前までは年齢層が高い人達がメインでしていた装いですが、今では、若い人に人気のアーティストやダンスグループなどの影響から、若い世代でも人気あるスタイルになっています。


主にイタリアンカジュアルなどに見られる、クラシックなアイテムをスタイリッシュに着こなすこと。


黒のジャケットに白のパンツに足元は革のローファーを素足で履くといった具合。


ジャケットにはポケットチーフを指し、腕元には時計とアクセサリーを。


セレブ感のあるスタイルが 多く見られています。




いかがでしたでしょうか。


トレンドスタイルは、時代と共に繰り返しやってきます。


しかし共に、トレンドはその時その時で、変わるのも早いです。


無理にトレンドに合わせて、肩意地張ったスタイルになり、似合わない装いをするよりも、リラックスして楽しめるスタイルが、よりトレンドもそのスタイルも魅力あるスタイルへと変えるのです。



2016年5月2日

written

by stylist-kuro


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop