現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

就活面接での「弊社が第一志望ですか」への答え方

16961 views

 あまり志望度が高くない企業の面接で「第一志望ですか?」と聞かれるたび、返答に困ってしまいます…(大学3年生・男性)


ほとんどの就活生が本命以外に複数の企業を受けます。面接で「うちが第一志望ですか

?」と質問されたとき、第一志望の企業以外ではどう答えればいいのか? 嘘をつくのは

心苦しいし、返答に困ってしまうことはよくあるでしょう。 対応を考えてみました。

 

「第一志望」と答えるべし!!



a0008_001811


強力なコネがあってそこしか受けないと言うなら話は別ですが、通常は複数の企業を


受けるのが当たり前、企業もそこは十分に認識していて、辞退者が出ることを見込ん


で採用枠より多めに内定を出すのが普通です。



 

「第一志望」でないのに嘘を言うのは不誠実と悩む気持は理解できますが、ここはドラ


イに「第一志望」と言うべきです。昔(とくにバブルの頃)は、「嘘をついた」と 採用担当


者が激昂し熱湯やカレーをかけられた、などという都市伝説みたいな噂もあ りました


が、そんなことはありえないです。



 

また社会に出れば、取引先との交渉の場でその程度の言葉の『かけ引き』はよくある


わけですから、社会に出るための登竜門くらいの気持でいればいいでしょう。



 

「第一志望」の会社という考え方は、もはや昔の話



「第一志望」と答えるべし!というのが基本ですが、それでもどうしても「嘘をつく のは

抵抗がある・・・」というあなたは、こう考えてみてはいかがでしょう。

 

一度就職したら定年までずっとその企業で働く『終身雇用』制度はもはや昔のこと。


これからは優秀な人材は、さらなるキャリアアップを目指して転職する のが当たり前


になり、能力のない人材は30代、40代でもどんどん切り捨てられて いくでしょう。


世の中がそんな具合ですから、今後は会社を選ぶのでなく仕事を選ぶ、 つまり就社


でなく本当の意味での就職の時代が来るでしょう。



 

採用担当者が「弊社が第一志望ですか」と質問すること自体がナンセンス。 そう思っ


ていれば、答え方に悩むこともなくなります。



 

また企業の採用担当者は、第一志望でないのをわかった上で「第一志望ですか?」と


問うこともあります。そのウラには、あらかじめ立てられた計画に合わせて一定の採用


人数を確保しなければ、という採用担当者の事情が透けて見えます。


「第一志望ではありません」と言えない就活生の足元を見て、あとで辞退しにくいよ う


に言質をとっているのです。これも採用担当者の大事な仕事ですから仕方ないですね。



 

「第一志望」と言いながら、内定を辞退するとき



そもそも就活生が「第一志望」といっても採用担当者のほとんどは信じてないわけ で


すから、内定を辞退するときも『申し訳ない』という誠意を示すのは当然として、 丁寧


かつ事務的に伝えればそれでいいでしょう。



 

また、当初は「第一志望」と思っていたけど、就活をするうちに別にやりたい仕事や

興味をもった会社が出てくることはあるのですから、それを理由に辞退することもで

きます。「第一志望」というのは、「ここしか受けていない」というのとは意味が違いま

す。

 

「自分が内定を得たために誰かが落ちた・・・」と良心の呵責を感じることもあるでし


ょう。しかし、社会に出れば否応なく競争の只中に放り込まれるのですから、敗者


を思いやる優しさは大切ですが必要以上に自分を責めることはありません。



 

 

「第一志望」と言わないと内定は出ないか?



必ずしもそうとは言えません。能力的に明らかに他の就活生より抜きん出てれば、


「第一志望」と言わなくても内定が出るでしょう。でも、書類審査や筆記試験などの


客観評価だけで合否が決まるならいいのですが、就職試験は面接官らの主観の


入り込む余地が大きく、よほど優秀でなければ他の就活生と自分を差別化すること


は難しいでしょう。



 

「第一志望」と言わないメリットとデメリットを天秤にかけたら、やはり「第一志望で

す」と言い切るべきだと思いますよ。実際、ほかの企業で内定がもらえなかったら、

「第一志望」だろうがなんだろうが、その企業に入社するんですから。

 

2014年6月17日

written

by さりさり


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop