現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

TOEICの文法問題を攻略するために私がやった3つのこと

221 views

TOEICを受けようと思っているのですが、高得点をとるためにはどんな勉強法が有効なのでしょうか(大学1年生・女性)


日本の大学受験をこなしてきた皆さんなら、おそらくTOEICの中でも


Part5&6の文法問題は1番得意なのではないかと思います。



 

しかし、この記事を読んでいただいている皆さんは、
文法問題というカテゴリーにそもそも不安がある、もしくは
今でもそこそこ取れているので、さらに得点源にしたい、
のいずれかなのではないでしょうか?



 

では、筆者がスコアを上げるためにやったことを1つずつ紹介していきます。


電車で勉強する女性


© taka - Fotolia.com




1. 問題集を解く



TOEICのPart5&6は、一般的に「文法問題」とくくられますが、


もう少し分類すると、だいたい
・文法・構文問題
・単語・イディオム問題
の2つに分けられます。



 

前者の文法・構文問題は、難易度としてはセンター試験より易しい、という人もいます。
個人的にも、たしかに分詞構文とか、高校レベルの入り組んだ文法はあまり出ません。
つまり、中学・高校の時に習った部分がわかっていればOK



 

ということで、そもそも文法問題に不安がある人は、
問題集を使って中・高の復習をしましょう。


ある程度得意、と感じる人も、
出やすいカテゴリー、引っかかりやすいカテゴリーがあるので
そこを重点的に復習しつつ、問題集をひととおりやれば満点も可能です。



 

スキマ時間にやりたいなら、個人的にはこれ
TOEIC®テスト文法640問(100円)
https://itunes.apple.com/jp/app/toeic-tesuto-wen-fa640wen/id443324720?mt=8
目標スコア別に問題を選べます。




2. 語彙力を鍛える



TOEICの文法・構文問題は、比較的易しいという話をしました。
しかし、その代わりに難易度を上げているのが、2つ目の「単語問題」


特に最近は生きた語彙力を測るため、
普段から海外のニュースを読んでいる人ならわかるかもしれないけど…というようなものが出たりします。



 

でもそんな、TOEIC海外ニュースなんて…という声がほとんどだと思うので、
まずはTOEIC頻出と言われる最低限の語彙は知っておきましょう。



 

おすすめは、以前の記事でも紹介しましたが、これ。
「極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6」(著:イ・イクフン)。
実践問題を解きながら、後半には必修単語がまとめられています。





3. 1問23秒以内で解く練習をする



文法は、おそらく勉強した分だけ1番点数が上がりやすいとは思いますが


そこばかりに時間をかけると全体の点数が下がります。
なんといっても時間との勝負だからです。



 

そこで、時間を計って解く練習がおすすめ。
TOICのReading Partは、100問を75分で解きます。
Part7の長文問題48問には50~55分はとっておきたいので、
Part5&6の52問を20分で解けるとベター。


つまり、だいたい1問あたり23秒が境目になるのです。



 

時間をかけすぎず効率よく、ハイスコアを出せるように。
これが、Part5&6を攻略するポイントです。

2014年6月12日

written

by yumi-kikukawa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop