現在17272個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

海外旅行に行く人必見!知っておくべき海外のトイレ事情

822 views

海外旅行へ行くんですが、トイレって国によって有料だったり使い方が違ったりしますよね?どんなパターンがあるのか教えてください!(大学1年生・女性)


海外旅行に行くときに気になってしまうのがトイレ。


日本のトイレは綺麗で有名です。


日本で生活している私たちにとっては当たり前のトイレですが、海外では事情が変わってきます。


では、海外のトイレ事情はどうなのでしょうか?


旅行に行く前にチェックしときたいですね。




トイレ




中国



トイレ事情で有名なところと言えば中国ですね。


なんと、仕切りがないのです。


用を足しながらお互いに顔を合わせながら会話が出来てしまいます。


男性の場合、小の方ならさほど気にしなく出来るかもしれませんが、大の方になるとちょっと...という感じですね。


女性にいたっては、大も小も関係なく困ってしまいますね。


何も知らずに中国へ行ってしまってトイレに入ってしまったら言葉が出ませんね。


ほんとに絶句だと思います。


この状態で平気で用をたせてしまう中国人の度胸の強さ(?)には驚きです。





アメリカ



個室のトイレではありますが、あまりプライバシーのない個室のトイレもあります。


それは、アメリカです。


意外なことに、アメリカのトイレ事情も日本と違っています。


ドアの下の隙間が以上に広いのです。


隣の人の足がもろに見えてしまいます。


日本人にとっては落ち着かない環境ですね。


うっかり物を落としてしまいますと、拾う時に顔も見えてしまいますので注意しましょう。


何か事故などがあって、ドアが開かなくなった時には、下からくぐって出られるので安全と言えば安全かもしれませんが...。





イギリス



トイレットペーパーは便座に座っていても、手の届く位置にあるのが当たり前ですよね。


ところが、イギリスではそうではないのです。


なんと、便座から1.5mも離れたところにトイレットペーパーが設置されているのです。


拭きたいのに拭けないという状況になってしまいます。


イギリス人は一体どうしているのでしょうか?


一度立ち上がって、トイレットペーパーをとりにいっているのでしょうか?


それとも、最初にトイレットペーパーを必要な分だけとってから用を足しているのでしょうか?


私たち日本人からしたら不便でどうしようもない気がしますね。


また、イギリスのトイレットペーパーはとても硬いのです。


拭いても全く綺麗になった気がしないほど吸収性も悪く硬いのです。


日本のトイレットペーパーが恋しくなりますね。


どうやら、イギリス人はトイレットペーパーをメモ代わりにも使うようです。


それなら納得いきますが、トイレットペーパーとメモ用紙くらい別で考えていただきたいですね。






スイス



トイレなんて24時間いつでも使っていいのが常識ですよね。


というより、そうでないと困ります。


いつ何時何があるか分かりませんから。


コンビニエンスストアよりも24時間営業でないと困ります。


しかし、スイスではそんな常識が通用しないのです。


22時以降にトイレの水を流してはいけないと、法律で決められているのです。


法律でって...国にそんなこときめられても困ってしまいますね。


トイレは必ず22時までに済ませましょう。


夜中やむを得ずトイレに行ってしまったら朝流しましょう。


おなかの緩い時は、諦めてオムツにするしかないですね。



いかがでしたか?


普段何気なく使っている日本のトイレがいかに便利なものかお分かりいただけたと思います。


トイレというものは、生きている限り必要不可欠なものです。


海外に行く際は、必ずその土地のトイレ事情を調べてから行くようにしましょう。

2015年9月7日

written

by neorich


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop