現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月12日更新

伝統の会津若松グルメ”ソースカツ丼”の美味しい店5選

2835 views

会津といえばソースカツ丼。おすすめのお店はありますか?(大学2年生 男性)


甘辛いソースをからめたトンカツと、白いごはん。

日本人の大好きなこの二つの美味しさを組み合わせたのが、会津若松の「ソースカツ丼」です。

洋食店のまかないとして誕生したという説もあるこのメニュー、B級グルメと侮っている人もいるのでは?

大正時代から続く伝統と頑固なまでの味へのこだわりをもつ、ソースカツ丼の美味しいお店をご紹介します。

 

元祖煮込みソースカツ丼 なかじま





画像出典:あいづ食の陣

 

「なかじま」のソースカツ丼は、あぶくま南部の指定牧場で育った豚を、福島県産のコシヒカリに載せ、間にキャベツをたっぷり。

定番のソースカツ丼の美味しさももちろん、「なかじま」では、ここでしか味わえない、元祖を謳う煮込みカツ丼もおすすめです。

味を追究しつくしたソース、そしてキャベツの代わりに玉ねぎが敷き詰められ、卵でとじられた煮込みソースカツ丼を味わえるのは、全国でもこの「なかじま」だけ。

ほかでは味わえない、贅沢なひとときを堪能してください。

会津若松観光ナビ:http://www.aizukanko.com/gourmet/549/

アクセス:JR磐越西線「会津若松駅」から車で約5分
車の場合、会津若松ICから車で約15分

 

白孔雀食堂



まず、丼から豪快にはみ出すカツのサイズにテンションが上がります。

自家製ラードでカラッと揚がったカツはもちろん、地元福島産の本ロースです。

そして白孔雀食堂の自慢は、創業以来70年以上にわたって継ぎ足してきた、伝統のソース。

甘めのソースが分厚いカツにからみ、夢中で食べきってしまいますよ。

福島のおいしさがぎゅっと濃縮されたソースカツ丼を、ぜひご賞味ください。

 



画像出典:伝統会津ソースカツ丼の会

公式サイト(お店ブログ):http://ameblo.jp/nobu-don/

アクセス:ハイカラさん(会津バス)「徒の町」バス停から徒歩3分

 

会津の味処 桐





画像出典:会津の味処 桐

 

揚げたてのカツのサクサク感を生かすために、敢えてソースを控えめにしているのが「味処 桐」の一番のこだわりです。

甘辛いソースが会津産のコシヒカリを引きたて、ごはんがどんどんすすみます。

歯応え、味の組み合わせにまでこだわったソースカツ丼は、会津若松でこそ味わってほしい一品です。

 

公式サイト:http://kiri4649.web.fc2.com/index.html

アクセス:ハイカラさん(会津バス)「野口英世青春館前」バス停から徒歩3分

 

とんかつ 番番



伝統の味の中にも新しさを感じさせてくれるのが、「番番」のソースカツ丼。

自家製のパン粉で包まれた会津産の上質ロースをじっくり揚げ、とんかつ専門店ならではの本当においしいカツ丼に仕上がっています。

良質のロースカツを支えているのは、シャキシャキの千切りキャベツと、福島産のコシヒカリ。

何度も訪れて味わいたくなる、極上のソースカツ丼です。

 



画像出典:伝統会津ソースカツ丼の会

公式サイト:http://www.t-banban.com/

アクセス:会津若松駅から徒歩20分

会津バス市内コース「平安閣前(ベル・ルクス)」バス停から徒歩3分

 

十文字屋



十文字屋のソースカツ丼、「磐梯カツ丼」は、その名の通り、450gの カツが磐梯山のようにそびえたっています。

少し甘めのソースに浸されたカツは、肉汁たっぷりなのに脂っこさを感じさせません。

優しい味わいのソースがしみ込んだ、柔らかな食感のカツに大満足できる「磐梯カツ丼」。

会津若松の旅の思い出に、ぜひ召し上がってください

 



画像出典:ぐるっと会津

公式サイト:http://jumonjiya-bandaikatsu.com/

アクセス:磐越西線「堂島駅」から徒歩3分

 

素材の良さとオリジナリティを全面に出し、それぞれのお店が誇りをもって提供しているのが、会津自慢の「ソースカツ丼」です。

どこで食べてもハズレなし!なのはもちろんですが、食べくらべてみて、自分好みの味を見つけるのも、旅の楽しさのひとつですね。

まだ食べたことのない人に、「絶対におすすめ!」と語れる味を発掘してくださいね。

2015年1月12日

written

by 南天


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop