現在17272個の困ったを解決できます!

2015月1月7日更新

エジプト観光がもっと楽しくなる!”ピラミッド”の豆知識

1896 views

エジプト観光がより楽しくなるようなピラニッドの豆知識などあれば教えてください。(大学2年生・男性)



古代エジプト文明のシンボル『ピラミッド』の魅力とは



 

古代エジプト文明の始まりと終わり



古代エジプトは紀元前3150年頃の第1王朝から始まり、マケドニア王国(現在のギリシャ)のアレクサンダー大王によって紀元前332年の第31王朝に征服され滅ぼされました。

その後、ギリシャ人による王朝「プトレマイオス王朝」が始まり、紀元前30年、最後のファラオであるクレオパトラは権力争いの末自殺に追い込まれローマ皇帝の属州になり事実上ローマ帝国の支配下に置かれました。

 

三大ピラミッドとは



ピラミッドとは石を積み上げ角錐の形をした巨大な建造物であり、第3王朝からおよそ第12王朝までのファラオやその家族の墓とされています。

現在では130個以上が発見されており、なかでも広く知られているのがカイロ郊外のキザにある3基の「三大ピラミッド」と呼ばれる巨大ピラミッドです。

当時の建築・土木技術レベルが超越していることで「古典古代の世界七不思議」のひとつに選ばれており唯一現存する建造物です。

この三大ピラミッドは「クフ王」「カフラー王」「メンカウラー王」の墓であり、代表的なピラミッドの光景としてよく知られています。
          左からクフ王、カフラー王、メンカウラー王の「三大ピラミッド」
画像出典:ウィキペディア

 

クフ王のピラミッド



古代エジプト第4王朝時代のファラオ「クフ王」の墳墓。カフラー王の父といわれています。

キザにある三大ピラミッドのひとつ「クフ王のピラミッド」は、エジプトのピラミッドの中で最も大きく歴史上で名高い代表的な建造物です。

               クフ王のピラミッド  画像出典:世界遺産まとめ
画像出典:http://fukagawalife.blog96.fc2.com/blog-entry-346.html

 

カフラー王のピラミッド



古代エジプト第4王朝時代のファラオ「カフラー王」の墳墓。父はクフ王。

ギザの三大ピラミッドのうちクフ王のピラミッドに続いて2番目の大きさですが、クフ王のピラミッドより高台に建てられているため一番高く大きく見えます。

このピラミッドの前方には王や神を守護するシンボル「スフィンクス」が建てられています。

               カフラー王のピラミッド  画像出典:世界遺産まとめ

 

メンカウラー王のピラミッド



古代エジプト第4王朝時代のファラオ「メンカウラー王」の墳墓。父はカフラー王。

ギザの三大ピラミッドのうち一番小さく、他のクフ王、カフラー王のピラミッドと比較して長さは半分、体積で1/8程の大きさです。

               メンカウラー王のピラミッド  画像出典:世界遺産まとめ

 

ジェセル王のピラミッド



古代エジプト第3王朝のファラオ。
サッカラにあるエジプト史上初のピラミッドといわれる「階段ピラミッド」を建設した王。

その建設方法や死者の埋葬に対する理念は、その後のエジプトの歴史に大きく影響を与え巨大なピラミッドを誕生させました。

               ジェセル王のピラミッド  画像出典:ウィキペディア

 

マスタバ



エジプト原始王朝時代に建てられた、ピラミッドの建設の礎となる初期型の墳墓とされています。

画像出典:ウィキペディア

 

新王国時代のファラオたちの墓「王家の谷」



古代エジプト第18王朝から第20王朝の新王国時代の王・王妃が埋葬されている「王家の谷」。

王家の谷が完成する前は多くの王の墓が盗掘にあっていたことから、トトメス1世によって墓のある場所を隠す目的で岩窟の谷に建設されたといわれています。

その後も多くの盗掘にあいましたが、1922年に考古学者ハワード・カーターにより「ツタンカーメン」の黄金のマスクや数々の副葬品などが世紀の大発見として歴史上に広く知られました。

               王家の谷  画像出典:ウィキペディア

 

いかがでしたか?
古代エジプトのファラオの墳墓は時代によって形が変えられてきました。

ピラミッドを最初に考案し建設に至ったジュセル王の重臣イムホテプは、建築家としてまた医師としても優れており死後は神格化されました。

よく見る古代エジプトの代表的な光景「ピラミッド」を見に訪れる際には、ぜひ豆知識として頭に入れておくとより歴史を感じられ楽しめると思います。

2015年1月7日

written

by しんじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop