現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月11日更新

【就職】ESの次はこれ!銀行の面接で聞かれる8つのこと

3971 views

銀行志望の就活生です。面接対策をしたいので、銀行独特の質問を教えてください。(大学3年生・男性)


就職活動において、もっとも大切でもっとも緊張するのが面接ですよね?

ここでは、銀行の面接で聞かれる定番の質問を8つご紹介いたします。

自分の中でベストな答えを用意しておきましょう。

銀行面接対策をする就活生

銀行の面接で聞かれる8つの質問



1.なぜ銀行を志すのか?



まず、一番最初に聞かれるであろう、もっとも基本的な質問です。

銀行員を志すきっかけになった出来事や人物などを具体的に出すとよいでしょう。

特にきっかけ等がない場合は、「自然と志すようになった」などがよいです。

嘘をつくのは逆効果ですので、素直に自分の考えをこたえるようにしましょう。

 

2.きつい仕事だがやっていけるのか?



これはどんな職業の面接でも聞かれる質問です。

自分の中で一番きつかった経験などを例に出し、

「こういったことを乗り越えられたので、きつい仕事でも大丈夫です。」

と、いう風に具体的に答えるようにしましょう。

面接官はキレイに作られた回答ではなく、あなたの人間性を観たいのです。

 

3.あなたの長所と短所は?



これも他の職業の面接でも聞かれる基本的な質問です。

自分のことをしっかり把握できているかどうかを観られています。

あまり大げさなことが言えなくても、的確に自分を分析できていれば問題ありません。

 

4.将来のビジョンはあるか?



5年後、10年後の自分の将来像が見えているかどうかでその人が

計画性がある人かどうかを判断しています。

どんなビジョンでも構いません。

しっかりと自分の中にある未来像を話しましょう。

 

5.学生生活で力を入れたこと



これまでのあなたを知るために学生生活で力を入れたことを聞かれます。

部活動の部長や学級委員、実行委員等があれば積極的にアピールしましょう。

係りなどがない場合は、習い事やボランティア活動などを話しましょう。

 

6.周りの友人にどのような人だと言われるか?



これは周囲の人から見た客観的なあなたの印象を確認するために聞かれる質問です。

今まで友人や家族、知り合いなどに言われたことを素直に言いましょう。

いい事のみを言うとよくないので「こういう風に言われたこともあるので、治していきたい」

というマイナスな部分も一つは言いましょう。

 

7.どのような形で銀行に貢献していけるのか?



他の職業同様に、銀行は即戦力になる人を欲しがっています。

今、自分が銀行に就職したら何が出来るのかを冷静に考えて答えましょう。

また、これからどうなっていきたいかも少しからめて話といいでしょう。

 

8.今、気になっているニュースは?



現在の日本や世界の現状をしっかり把握できているかを、確認するために聞かれる質問です。

無理に銀行にかかわるニュースをこたえる必要はありません。

本当に気になっているニュース、注目しているニュースを答えましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

基本的に他の職業と似ている点が多いのですが、大切なのは等身大の自分の答えをいうことです。

背伸びした答えを言っても、そこに鋭い質問が来た時に対応できません。

 

 

 

 

2015年1月11日

written

by saori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop