現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月11日更新

単体で飲んでも意味なし!?コラーゲンの効果的な摂取の心得5つ

105 views

コラーゲンを飲んで肌がぷりぷりになった!とブログで紹介している人が多いですが、本当に効くのでしょうか?(大学4年生・女性)


皆さんコラーゲンは飲まれてますか?

お肌の事を気にして飲んでいるのに、コラーゲンだけ飲んでもあまり意味がないってご存知でしょうか?

せっかく飲むのですから効果的に飲みたいですよね。今回は効果的な摂取方法5つをご紹介します。



画像出典:FUJIFILM

 

コラーゲンとは?



 

コラーゲンは、人体をつくるたんぱく質の約3分の1を占めています。真皮や軟骨などの主成分で、体の中のほとんどの部位に存在しています。

肌の弾力や表皮の下の真皮層で、お肌を支えているいます。25歳以降、徐々にコラーゲンは加齢とともに減少していきます。

若々しい肌はコラーゲンの量が十分ですが、加齢によってコラーゲンが減少してくると肌の弾力性も衰えてきます。

 

コラーゲンには、体内で作れない必須アミノ酸のトリプトファンが含まれず、たんぱく質として体の中で吸収されません。

そのためコラーゲンは単体で摂取していても、あまり効果がないといわれています。

 

良質なたんぱく質と一緒に



 

フカヒレ・手羽先・鶏皮・軟骨・豚骨・牛ひれ肉・煮こごり



これらは特に上質なたんぱく質を含んでいます。これらの食材とコラーゲンを一緒にとることによって、コラーゲンの吸収を助けて効果を高めます。

 

ビタミンC



ビタミンCはコラーゲンの吸収を助けて、体内でのコラーゲンの生成も促してくれます。

さらにビタミンCには、メラニン色素の沈着を防ぐ効果もありますので、シミが気になる方はビタミンCも一緒に摂取すると良いでしょう。

 

ビタミンE



ビタミンEは、血行の促進を促し、新陳代謝を活発にしてくれる働きがあります。

抗酸化作用と老化防止効果もありますので、お肌の老化現象も防いでくれます。

 

コエンザイムQ10



コエンザイムQ10は、細胞の働きを活発にさせます。

どんなにコラーゲンを摂取していても、活発なエネルギーがないとコラーゲンの生成はできません。

 

ビタミンB2・B6



ビタミンB2・B6は、ニキビの予防効果があります。またお肌のターンオーバー(新陳代謝)を促してくれます。

ニキビが気になる方は、意識して特に摂取すると良いでしょう。

 

以上が一緒に摂取すると効果的なものになります。

 

コラーゲンの摂取・5つの心得



■コラーゲンのみではなく、上記を参考にしていただいて、他の成分と合わせて上手に摂取しましょう。

■お肌のコラーゲンを増やすためには、毎日5gコラーゲンの摂取をしましょう。

■コラーゲンは、化粧品などたくさん販売されていますが、お肌から直接吸収はされません。きちんと体内から摂取しましょう。

■コラーゲンや上記の成分は、なるべくバランスの取れた食事から摂取しましょう。

■コラーゲンを摂取すると、体内でコラーゲンの生成を促す信号が出ることがわかってきています。あきらめずに毎日摂取しましょう。

 

 

いかがでしょうか。以上が、コラーゲン一緒に摂取すると効果的な成分と、心得です。

とにかくコラーゲンの摂取と、バランスの良い食事。これをあきらめずに毎日続けることが大事ということですね。

 

2015年1月11日

written

by 悠裕


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop