現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月24日更新

現在の食生活が10年後がんを引き起こす…今日からできる予防方法

411 views

親戚がガンになってしまって、遺伝性の病気なので自分もいつガンになるかとブルブル震えています。何でもいいので予防方法を教えてください!(大学3年生・男性)


ガンの手術

将来ガンになるかもしれないと、今の自分に想像できますか?

最近の食生活の中には、将来的にガンを誘発してしまうものもあるんです。

今回は、将来ガンにならないために、今日からできる予防方法をご紹介します。

 

生活習慣によるガン死亡率は68%



これまでの研究から、ガンの原因はほとんどがたばこや飲酒、食事などの食生活によるものとわかってきています。

ハーバード大学のガン予防センターで発表されたアメリカ人のガン死亡の原因では、下記のような結果が出ています。

■食事・・30%

■運動不足・・5%

■飲酒・・3%

■喫煙・・30%

この結果をみると、いかに食生活や生活習慣を見直せばガンの予防ができたかがわかります。

 

生活習慣は、環境や国によって違いますので、ガンの原因の割合も国によって違います。

しかし、生活習慣の改善でガンの予防ができることは、日本でも同じです。

一人一人が食事や生活習慣にもう少し気を配れば、ガンが発生するのを抑える事ができるでしょう。

 

食べるとガンの発生を高める食材



 

漬物は食べ過ぎない



塩分の多い漬物は血圧に影響を及ぼし、ガンの発生を高めてしまいます。

浅漬けなどの塩辛くないものを食べるようにしましょう。

 

山菜も注意



山菜は自然食品だから体にも良い。そんなイメージがありますね。

しかし意外にも山菜の中でも、わらび・ぜんまい・ふきのとう・みょうがは強力な発ガン物質が含まれています。

継続した摂取は控えましょう。

 

ハム・ソーセージもほどほどに



ついつい手軽なおかずとして、ハムやソーセージを使用します。

しかし、多量な塩分や保存料を含んでおり、ずっと食べ続けたりすると発ガン率は上がります。

 

マーガリンはやめてバターを使いましょう



マーガリンに含まれるトランス脂肪酸。菓子パンやフライドポテト、食用油などに含まれます。

トランス脂肪酸を取りすぎると、血液中のコレステロールが増加し、心臓病の原因になるとされています。

ガンではないですが、こちらも注意しないといけない食材となっており、アメリカではその危険性から販売も控えられているほどです。

 

人口着色料は良くない



見た目に色鮮やかだと食欲もわき、食卓の彩りもよくなりますね。お祝いの紅白饅頭やかまぼこ、お菓子など。

これらも、人口着色料や保存料を多く含んでいます。

しかしこれらを多量に摂取し続けていると、発ガン率を高めてしまいます。

 

お酒もほどほどに



お酒

これは皆さんご存知かと思います。やはりお酒もほどほどにしないと肝臓を悪くします。

肝硬変も引き起こし、ガンの発生率も高めてしまいますので、お酒はたしなむ程度にしましょう。

 

 

いかがでしょうか。ガンを発生させやすい食材をご紹介させていただきました。

科学物質の含まれた食材を避けて、食生活を改善させるだけでもかなりガンを予防することができます。

生活習慣に気をつけて、きちんとした食事にすれば健康で長生きもできます。やはり健康が一番です。

皆さんも、ぜひ参考にして下さいね。

2015年6月24日

written

by 悠裕


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop