現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

【海外旅行】飛行機に乗る時に機内持ち込み出来るものまとめ

1113 views

初めて海外旅行に行くのですが、機内に何を持ち込んではいけないのかよくわかっていません…。(大学3年生・女性)

機内持ち込みできるものできないもの


特別なときに乗る飛行機。


普段頻繁に使わない分、空港に向かうだけでウキウキした気分になりますよね。


ところで飛行機には持ち込めるものと持ち込めないものがあるのです。




うっかりセキュリティを通ろうものなら、その物は没収されてしまいます。


飛行機に乗る前に、持ち込めるものと持ち込めないもののおさらいをしましょう。




基本編


基本的に、無料手荷物持込可能数は2つ。


小さめのキャリーバッグかラップトップケースとハンドバッグ1つです。




大体のところが総量7キロ~10キロの間です。


ただし、最近は格安飛行機など航空会社も多様化しています。




安い飛行機だと持ち込み個数自体がハンドバッグを含めて1つ、あるいは別途料金がかかることも有り得ますので、飛行機を乗る前にご自身でご利用の航空会社のポリシーを確認することをお勧めします。




持ち込めないもの【国内線/ 国際線】


はさみは機内持ち込み不可




武器になるようなもの


ハサミ、ナイフ、カッターや、大きな三脚、ゴルフクラブなどは基本的に持ち込み禁止です。


預ける荷物の方へ入れてしまうか、それでも法令により預けることのできないものもありますので充分注意しましょう。




ライター、スプレー缶


持ち込み可能のものもありますが、制限があることがほとんどです。


セキュリティでもチェックが入るので、制限内のものにするか、預ける荷物の方へ入れましょう。




国際線


国境をまたいで移動をする場合、その制約は国内間よりも厳しいものになります。


国際線利用の場合は、さらに付け加えていくつかの持ち込み禁止のものがあります。




持ち込めない液体類


20cm x 20cm の透明のプラスチックバッグの中に納まる、100ml以下の液体なら持ち込むことができます。


リップクリームやヘアワックスなども液体としてみなされます。




プラスチックバッグの中に納まるなら、複数のものを入れても構いませんが、例えば150mlの化粧水を半分以上使っているからといって持ち込むことはできません。


使っていようがなかろうが、容器自体が100ml以内であることも重要です。




また、封を開けていないペットボトルも容赦なく没収対象となりますので、もし飲み物を書いたければセキュリティを通った後にしましょう。




持ち込める液体類


赤ちゃんのミルクや離乳食、喘息のスプレーなどはプラスチックバッグに入れなくても持ち込めます。


ただ、セキュリティで必ず説明が必要になりますので、薬などどうしても必要な場合はあらかじめ医師からの診断書を持参しておくと便利です。




行き先の国や経由国で規制されてるもの


外国では外国の法律や法令があります。


日本からの持ち出しはできても、目的地でひっかかる可能性のあるものもあります。


必ず出発前に確認をしましょう。





まとめ


国際線持ち込みできるものできないもの


基本的に国内線の場合は規制はゆるく、荷物の持ち込み可能個数と重量を事前に調べておくといいですね。


液体類もセキュリティを通せば持ち込むことも可能なので、あまり心配することはありません。




国際線はややハードルが高く、荷物の持ち込み個数と重量に加え、液体類などの検査も厳しく行われます。


そこで引っかかってもチェックイン後のセキュリティなので、預け荷物に戻って入れることもできません。諦めるしかないのです。




私物を没収となっては楽しい旅行気分も台無しになってしまうので、やはりあらかじめ航空会社の手荷物持込については調べる方がいいと言えるでしょう。


是非荷造りの参考にしてみてくださいね。

2015年10月7日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop