現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月4日更新

いい人・優しすぎる系男子がモテない理由とモテるためのアドバイス

6716 views

「いい人」だけではモテないって最近よく聞きます。自分も女性には優しくしようとは心がけているのですが、彼女はできません。どうしたらいいんでしょうか?(大学1年生 男性)


適度に悪そうな男性

女性は「優しい男性」や「いい人」が好きです。
女の子はいつだってお姫様でいたいし、大事にしてもらいたい。
これは、全世界の女性共通ですよね。
しかし、優しい=モテると言うわけでもないのが、男性の悩みですよね。
「優しい」と「優しすぎる」は、微妙に違うと言う事に気づいてますか?
何故、優しすぎる男性がモテないのか、徹底解明して、
モテるためのアドバイスもしちゃいます。

 

優しすぎる男がモテない理由



女性は優しい男性が好きです。
でも、やたらに「優しさ」を女性に与えてはいませんか?
無制限に優しさを与えていませんか?

 

誰にでも優しい



「優しい人」は誰にでも優しいので、女性は不安になる。
女性は、自分だけに優しくしもらいたいものです。
他の女性に優しくしていたら、女性は「浮気をするんじゃないか」
「二股かけられているんじゃないか」と不安になります。

 

女性経験が豊富



レディーファーストとよく言いますが、優しい男性だとそれが、
極度にレディーファーストになりかねません。
それを女性はどう思うでしょう。
女性経験が豊富と勘違いするかもしれません。
優しいのは何人もの女性と遊んでいるから、自分とも遊びなのだと
勘違いしてしまいます。

 

充実感がない



優し男性は、何だか下手に出ているような気がする。
優しい事が普通で当たり前になってしまって、特別な事がないから。
優しくしてくれるのが当たり前なので、ちょっとした優しさにも
女性が気付けなくなります。

 

好感度が下がりやすい



優しい男性は最初から好感度が高い物です。
もし、そこで少しでも冷たくしたり、自分の事を気遣ってくれなかったり
などがあると、すぐに好感度が落ちます。
優しい男性は好感度が普通の男性よりもバーダーラインが上なのです。

 

うっとおしくなる



気持ちは嬉しいけど、段々、そのやさしさが鬱陶しくなる事もあります。
気を使われるのが重いとか、ありがた迷惑になりかねません。
いつも優しくしくれているのに、お礼が出来ない逆に気を使ってしまうなどの
理由で、重くなってしまう事もあります。

 

 

モテるためのアドバイス



 

無制限に優しさを与えない



微妙に難しい事ですが、これは一番大事です。
ただの優しい人で終わりたくなかったら、グッと堪えましょう。
モテる男性と言うのは、女性が持っているイメージや評価よりも
好感度が高くなった時に、女性はキュンとなります。
優しさを与えていると、好感度は上がりません。

 

下手に出ない



下手に出ると自分の評価を下げてしまいます。
例えば、混んでる電車で彼女を座らせてあげる、
重い荷物を持ってあげる、夜遅くなったら家まで送るなどは、
男性としてはいいでしょう。
しかし、いつでもお姫様扱いでプレゼントを意味もなく送ったり、
彼女が何でも一番にすると、女性は、この人は何でも言う事を聞いてくれる、
と勘違いします。それは、自分の評価を下げる事になります。

 

自分の意見を言う



デートに行く場所など女性に聞いてから決めるのではなく、
自分で、ここに行きたいから連れて行く的な行動をすると、
頼りがいがあるなと女性は感じます。
勿論、適度の優しさをもって彼女の好き嫌いを聞くのもいいでしょう。
自分の好きな事や好きな物を彼女に紹介するのも
モテる男の秘訣です。
自分だけに教えてくれてる感が女性にはキュンと来る瞬間です。

 

すぐに謝らない



悪い事があったら謝るのは当然のことですが、
些細な事で謝るのは自分の価値を下げます。
または、自分に自信がない人なんだと女性は思います。
自分に非がない事で謝らないようにしましょう。

 

ちゃんと怒る



女性が悪い事をしたら、怒りましょう。
怒ると言っても怒鳴ったりするのではなく、
キチンと指摘しましょう。
例えば、遅刻したり、約束を破ったりしたときに
「いいよ、いいよ」とは言わずに、そこでビシッと
叱る事も大事です。

 

まとめ



いかがでしたか。優しすぎる男性がモテない理由とモテるためのアドバイスを
紹介しました。自分に当てはまる部分はありましたか?
優しい男性は女性は好きです。でも、度を超えない事が大事です。
とっても微妙な所ですが、女心と言うものは、そういう物です。
自分を振り返って、優しすぎてないか確認してみましょう。

2015年1月4日

written

by ohgirl


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop