現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月10日更新

就活をする前に、持っておきたい3つの価値観

8900 views



就活の際には多くの人が何かしらの壁にぶつかります。そんな壁を乗り越え、満足のいく就活をするために、筆者が考える「持っておきたい3つの価値観」をご紹介します。〈編集部より〉






本日は、僕自身が就活をする上で大事にしていた3つの価値観を書きたいと思います。


基本主観的な人間ですので、参考程度にお読み頂ければと思います。




 ”就活のモチベーション”は就活でしか上がらない



就活をする前に、持っておきたい3つの価値観


「面接が上手く行かなかった。」


「筆記試験の出来映えに自身がない。」


「志望企業に落ちてしまった。」


就活を始めると様々な壁にぶつかる。そして、モチベーションが上がらなくなる。 酒の量も多くなるし、メールボックス開きたく無くなるし、twitterも見たくなくなる。
そんな時、多くの人は、 「飲み会で」「パーッと遊びにいって」「友達に話して」etc...の手法で気分転換をしようとする。


ただ、就活の先輩として言いたい事は、”就活のモチベーションは就活でしか上がらない”ということ。
志望企業に落ちて飲みに行ってもなんか虚しくなるし、選考に失敗して気分転換に遊びに行ったとしても何も現状は変わらない。勝負は上手く行かなかった後で、そこを歯をくいしばって、次の選考とか目の前の事に真剣に向かう事。


そこで成功体験を得る事ができれば、あなたにとって大きな一歩となるはずです。




  いつでも中心は自分



就活が始まったら、どうしても就活1本になってしまう事がある。他の予定より最優先で説明会行くようになるかもしれない。急遽、面接日を設定され、予定が大きく崩れる事もある。


そんな中、自分の生活が全て就活になってしまったり、自分を見失ったりした時点で負けだと思う。


社会人になったら、色々な事を全て上手く回さなければ行けない状況はざらにあるはずだし、就活1本の生活なんてする必要も無い。あくまでも自分の生活の中に就活を入れ、もっと言えば自分なりのスタイルで望めば良い。
例えば、元々遊ぶ予定が入っていて、たまたまその日に次の選考の予定を入れられそうになったら、素直に「予定が入っている」と言えば良いだけの事。


ESだってそう。僕は書いたESのうちの半分位は自作のフォーマットにワード形式で記入し、手書きではなく印刷して出した。


別にそれで落とされる事も無かったし、内定だってもらえた。面接では、「数年後には起業したい」と素直に伝えていたし、説明会にはパソコンを持ち込んでメモを取っていた。


就活には正解も無ければ王道も無い。あくまでも自分らしく突き進んで欲しい。




 "マジで笑えなくなる"その日までに



就活で落ち込む学生


僕達の就活は波乱だった。 ただでさえ、就活難と呼ばれる中、3月11日に震災が起きた。大手就活サイトがオープンして、4月から就活が本格化のはずだった。


これから一気に本格化という直前での全ての予定がキャンセル。毎日2〜3件入っていた予定が全てなくなった。この事件は「就活」という側面だけで見れば、何もできない空白の時間だった。


その後も多くの会社は選考を大幅に遅らせ、ある会社では予定より3ヶ月間選考を遅らせた。


一方で、一部の会社はここぞとばかりに就活を続け、良い人材を引き抜こうとした。


就活をしている人間にとってはとてもモヤモヤした時間だったように思う。


こんな就活くぐり抜け、運良く来年から勤める会社が決まった僕だが、春が過ぎ、夏になった頃から就活が終わってない友人にこう言うようにした。


"マジで笑えなくなるぞ"


「お前は内定貰ってるし、いいよな」と皮肉に思われた事もあっただろうが、自分自身は本気でやった結果、内定を勝ち取ったと思っている。


それに、この発言は本気で相手の事を思っての発言と気づいて欲しい。


選考が遅れているとはいえ、就活は自分のペースで進めるべきとはいえ、周りが決まってくるにつれて絶対に焦る気持ちがでるに決まってる。もし、あなたが就活が本格的に行われる時期を超えても内定が貰えてなかったら、就活を終えた友人は就活が終わってないあなたにこう言うだろう。


"まだ選考あるとこあるしね!"
"夏採用、秋採用もあるよ!"
"今年は就活難だし難しいよね!"


でも、そんな事は言ってられないのも事実。自分が決まらず周りが決まれば、どんどん焦るし、どんどん空回りする。


だからまずは、"目の前の会社や選考に本気で向き合う" この事を本当で意識して欲しい。
行きたい / 行きたく無い は受かってから決めればいいだけ。

就活は一発勝負。負ければ最後。次は無い。


本気の繰り返しが、あなたの就活を成功に導くはず。この事を胸に秘めて、就活に向かって欲しい。





  最後に



これから就活を行う方にはまだまだ実感が無いかもしれない。だからこそ、この事を先に認識していれば、困難にぶち当たった時に実体験として更に深く理解できてもらえると思う。


"大学に入ったら就活をして就職をする"という単なる社会の流れではなく、本気で考え、本気でやり抜き、本気で夢を実現するキッカケの機会にして欲しい。そして、満足の行く形で就活を終えてもらいたい。


→著者の他の記事を読む

2015年3月10日

written

by daiki-ohte


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop