現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月12日更新

付き合いの長いカップルこそ注意!デート中のケンカを防ぐために気をつけたい7つのこと

2672 views

デート中に喧嘩をすることが非常に多いのですが、どうしたらいいのでしょう...(大学3年・女性)


人間仕事や恋愛など色々な面で怖いのが「慣れ」ですよね。

カップルもお付き合いが長くなると、お付き合い当初の思いやりや気遣いを忘れがちでケンカが絶えなくなることがあります。

特に一緒に行動するデートでケンカが起こりやすくなるのではないでしょうか。

今回は、付き合いの長いカップルこそ注意したい!

デート中にケンカを防ぐために気をつけたいことを7つご紹介したいとおもいます。

喧嘩

 

注意!デートに遅刻しないよう前日の夜はフリーにする



付き合いの長いカップルはもうデートのパターンも
決まっている場合が多く、緊張という言葉はほぼないので
前日も朝まで飲んだり、カラオケに行ったりして
デートに遅刻したり、体調が優れないなどが起こって
相手を怒らせてケンカになってしまうことがあります。

ですからお付き合いの長いカップルこそ
初心に返り前日の夜はフリーにして
男性なら彼女のためにプランを色々考えてあげたり
女性なら彼のためにお風呂でマッサージしたりして
自分を磨き当日を迎えましょう。

 

注意!デートコースの案を「なんでもいい」にしない



お互いの付き合いが長くなると、デートで会うこと自体が習慣となり
特に内容を決めず当日なんとなく行動するということが多くなってきます。
そうすると頻繁に登場してしまう言葉が「なんでもいい」です。

この「なんでもいい」は男性でも女性でも気持ちのよい言葉ではありませんよね。
この小さな言葉からイライラが始まり、ケンカへと発展しやすくなります。
ぜひお付き合いが長いカップルこそ気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

注意!慣れていてもデート中に携帯を常にいじったりしない



喋らずにお互い無言で携帯を長時間いじっている場面は
カップルだけでなく友達同士でも最近よく見かけるようになってきましたね。

ただでさえ、付き合いの長いカップルはマンネリを感じやすく
会話が減りがちなのに、相手の顔を見ず笑顔を見せないで
携帯をいじっている時間が多いデートが続いたとしたらどうでしょうか。

答えは簡単ですね、ケンカは自然と多くなると容易に想像できます。
相手との見つめ合う時間が少なく、会話する時間も減るので
すれ違いが起きやすくなるのです。
ですから、お付き合いが長くとも明日何が起こるかわからないという
気持ちで相手の顔を見て楽しくデートするように注意してくださいね。

 

注意!相手が興味を示したものに最初から文句をつけない



お付き合いが長くなると、相手が好きなものや
興味を示すものに無関心になったり
なぜか否定をしたくなったりすることがあります。

特に何でも言い合えてしまう環境であることが多いので
ぜひ付き合い始めた頃の気持ちを思い出して
相手のことを否定ぜず、相手が好きな物事に興味を持ち
デートをするとケンカは防げるはずです。

 

注意!物事がスムーズにいかないときイライラしない



例えば彼がお会計でモタモタしていたり
彼女が歩くのが遅かったりしたときなど本当に些細なことが
スムーズに行かなかった時に、初心を忘れていると
イライラしてしまったりすることがあると思います。

このイライラは間違いなくケンカを誘ってしまうので
普段のデートからまず自分がイライラしてしまう感情は捨てて
今日一日をいかに限られた時間で楽しめるかを意識すると
ケンカは防げるはずなので、皆さん相手に思いやりを持って接してくださいね。

 

注意!デートはお互いが楽しむものだということを忘れない



ケンカをしてしまうということは、何か自分にとって不利益なことがあったり
感じてしまったため起きるかと思います。

デートは自分だけが気持ちよく楽しむものではありませんよね。
お互いが楽しめて初めてデートと言えるのですから
自分の感情はまず置いておきましょう。
実はお付き合いが長くなると視野が狭まり
いつの間にか相手の気持ちを考えることを忘れてしまいがちです。
もしこれを読んでドキッとした人がいたら
今からでも遅くありませんから気をつけてみてくださいね。

 

注意!付き合いが長くても相手の話しを流さない



お付き合いが長くなると、相手のことをもう知り尽くしたと勘違いしてしまうことがあります。
そして、相手に対して興味が湧かなくなってしまったと思い込んでしまうのです。
そうすると相手の話しを流してしまうことが増えてきてしまい
ケンカの原因を作ることになってしまいます。

たとえ3年付き合おうと10年付き合おうと
人ひとりのことはほんの一部しかわからないのです。
人間はそんなに簡単なものではありませんよね。

人は奥深いです。
どんどん彼、彼女の話しを興味を持って聞いて
知らない顔を見つけたりしてみてください。

 

いかがでしたでしょうか。

お付き合いの長いカップルが注意したいケンカを
防ぐために気をつけたいことを今回はお伝えしてきました。

ケンカになる原因はマンネリを感じることからくる
相手への思いやりの欠如が多いように感じます。

いくらお付き合いが長くても、相手のこと全てを
知っている人が果たしているでしょうか。
もう相手のことは知り尽くしてしまい刺激がないなんて言う方がいたら・・・
もしかしたら、あなたが相手を知ることをやめてしまっただけかもしれません。

いつまでも相手に興味を持ち、思いやって一緒にデートをすることが
意味のないケンカを無くす秘訣になるのではないでしょうか。

2015年1月12日

written

by ちはるた


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop