現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月13日更新

冬フェスに参戦するなら絶対必須の持ち物

3771 views

今年初の冬フェスに参戦したいのですが、何を持っていくべきでしょうか?(大学3年・女性)


 

フェスは、いつだって楽しいものですね。

でも冬は特に対策を万全にしないと、健康を害することにもなります。

そこで、これがあれば安心というものを提案します。

冬フェスティバル

タオル



タオルはいつの季節でも当たり前の持ち物ですが、冬フェスにはマフラータオルとハ

ンカチタオル。

冬でも屋内のフェスやイベントの時はあまり寒くない可能性があり、

分厚いものは邪魔になるかもしれません。

でもマフラータオルぐらいならかさばりませんし

その名の通りマフラーの代わりになりますし

お腹が冷えた時、ウェストに縛り付ければかなり温かくなるでしょう。

モッシュビットで一時的にかいた汗はハンカチタオルで素早く拭いて冷えないよう

にしましょう。

ハンカチタオルならTシャツの下もササッと手を入れて拭くことができます。

リードペーパー



ハンカチタオルさえ邪魔な時は不織布のペーパーを追って持っていけば使うごとに捨

てられて便利です。

マスク



日常でも冬の必需品。

風邪やインフルエンザなどうつされないよう、うつさないようにも重大ですが

寒さのあまり流れ出す鼻水を隠すのにも便利です。

お友だちにも隠したいですし、彼ならなおさら鼻水なんて見せたくないですよね。

耳当て



フェスに耳当て??と思われるかもしれませんが、本当に寒い会場では必要です。

音はかなり聞こえますから寒さのため楽しめなかったことになるより温かくして。

特に耳の出ているショートカット女子は我慢しないことです。

レッグウォーマー



先ほどのマフラータオルとかぶりますが、マルチ防寒品としてお勧めです。

汗を吸い取ることはできない代りに保温性が高いのは毛糸やフリース。

人間の体、首というところ、首・手首・足首を温めるとかなり温まるものです。

レッグウォーマーならそのどの部分も守れます。

レッグウォーマーの中で彼と手をつなぐのも温かさ倍増ですね。

腹巻



これは本当に基本中の基本です。タオルを巻くのは腹巻をしても冷えた時のため。

お腹を冷やさないことで下半身に流れる血液も冷やさないまま送れるのです。

それにお腹が冷えるとトイレが近くなりフェスを楽しむどころではありませんよね。

使い捨て貼るカイロ



そんな当たり前すぎることを…ですよね。ごめんなさい。

でもあえて書いたのは貼る場所についてお話ししたかったからです。

お腹は外さないでください。

腹部を通って流れる血液を冷やさないためです。

問題は背中側です。

背骨にはたくさんの関節があるのでその一部だけをカイロで温めて

他が冷えたままですと関節の軟らかくなる部分と冷えて固い部分ができてしまい

腰痛の原因になることがあります。

背中側に貼るときは時々位置を変えることをおすすめします。

貼り変えられないならばウェストラインよりお尻に近い

仙骨のあたりに貼るほうがよいと思います。

ポケットティッシュ



多めに用意しましょう。鼻水も出ますし、トイレの頻度も上がります。

お掃除が間に合わないとトイレットペーパー切れなんてこともあります。

水に流せるタイプも用意したほうが万全ですが、

そこまでできないならエチケットボックスに入れて流さないようにしましょう。

多めに持って同行者が困ったときにさっと取り出せば、女子力をさりげなくアピール

できちゃいます。

雨用ポンチョ、大型ごみ袋



冬に雨や雪に濡れたら本当に命取りになりかねません。

とりあえず服や体が濡れないような用意だけは必ずしましょう。

フェスやイベントでは傘禁止なことが多いので注意事項を確かめておくと安心です。

会場では、いざという時に避難できる場所も確かめておきましょう。



おなかが痛くなりやすい方、頭痛生理痛でいつも使うお薬がある方は

それを用意するのも大切ですが

お勧めしたいのは膀胱炎用の薬です。

フェスでは夢中になったり面倒がってトイレに行かない上、意外に発汗したり、お酒を飲むなど、危険要因がたくさんあります。

そこに疲れと冷えが加わればもしかして、ということもあります。

実は私、彼とのスポーツ観戦デートで膀胱炎になったことがあります。

もうゲームを見るどころではなくつらいばかり。

彼にも心配をかけましたし、恥ずかしかったし散々でした。

市販薬もありますので薬局で相談してみてください。

また運悪く発症し、薬で治まっても早い機会にお医者さんに行ってくださいね。

膀胱炎を悪化させると慢性の病気になることもあり危険です。

これらはむだな荷物になるかもしれませんが、備えあれば憂いなしです。

憂いなく冬でも元気よく楽しいフェスを楽しんでくださいね。

2015年1月13日

written

by moto


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop