現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

彼氏と喧嘩別れしないために実践したい喧嘩後のアフターケア6つ

3056 views

彼氏との喧嘩後にするべきアフターケアを教えて下さい!(大学3年・女性)


 

彼氏との喧嘩別れは、一生の苦い経験になってしまいます。

まして相手が真剣にお付き合いしている人だとしたら、かなりなショックですね。

そうならない為のアフターケアを御紹介します。

 カップルの喧嘩



1、いつもより多めにLINEかメールを入れてみて様子を見る



二人が付き合い始めだった場合、喧嘩は危機ととらえた方が良いですね。

一度は仲直りをしたとしても、何かが残っているのは間違いがありません。

向こうから頻繁に連絡が入るなら問題ないですが、お互いが様子を見ている時もありますから

そんな時はこっちから大目にメールしてみましょう。

相手も貰って嫌なはずはありませんから。

ただ、恋愛は対等で無ければいけませんから、こちらのリアクションに対して相手がいつも通りだったら

連絡を突然ストップさせるのも良いですね。

ツンデレの逆バージョンです。

安全パイだなんて思われたらたまんないですからね。

いつまでもデレデレしない、これも大事です。

 

2、電話をかけてみる



今はほとんどがLINEかメールで済んでしまいます。

もし、付き合い始めで電話は昼間ほとんどしないと言う状況であれば、一本だけ昼休みを狙って入れてみるのも良いかもしれませんね。

人間はギャップや意外性に弱い生き物です。

もし相手がびっくりして出なかったとしても、その事実だけで充分です。

でも、たった一回で終わりにしてくださいね。

後は相手が勝手に考えてくれますから。

そんなに自分を好きなのかとか、この間の喧嘩を気にしているのかとか・・・。

自分の都合の良いように想像しまくりますから、ほっとけば良いんです。

相手が大切な人なら良い方向に向かうように、こちらは優しさを忘れないようにすれば大丈夫です。

前よりももっと良い関係になれるかもしれませんよ。

 

3、相手から目をそらさない



喧嘩の後というのは、やはり若干気まずいはずです。

私は男女でも同性でもアイコンタクトを大事にしましょうと言い続けています。

それは言葉以上に多くを語りあえるからです。

日本人はそんなの苦手というかもしれませんが、トライする価値は充分ありますよ。

特に話せば誤解を生んでしまうというような時は、無理に話さない事です。

それより、実験的にでもアイコンタクトの練習をしてみましょう。

いつもより長く相手を見つめる所から入れば良いのです。

彼から目をそらさず、話し終わっても目だけ下を向いたりしないで相手を見ていれば良いんです。

慣れてきて彼もその状況を気に入ってくれれば、様々な場面でアイコンタクトは生きて来ます。

信頼関係ももっと深まりますよ。

 

4、森林浴をしてみる



ここから先は恋愛2年目以降のお二人に贈ります。

喧嘩の原因というものは、だいたいがお互いの感情のすれ違いです。

相手の対処の仕方が気に食わなかったり、ありもしない事を想像して怒ったり

誤解も沢山あると思います。

心に余裕の無い時がとくにこじらせる時です。

そんな時は、出来るだけ人のいない自然の中に行ってお互いに深呼吸してみる事をお薦めします。

ただ歩いてみるのも良いかもしれません。

まず自分の体をリラックスさせてから話し合うというのが大切です。

森林浴は特にお薦めです。

 

5、汗をかく



お互い身体を動かす事が好きなら、スポーツでも軽い登山でもジョギングでも

とにかく汗をかく事を目的として一日を使う日を作りましょう。

出来るだけそれに没頭して自分の体内を燃焼させて行くと、必ず思考回路は変わっていくはずです。

お互いに汗をかくと不思議としこりになっていたものが少し小さくなっていくものです。

それでも残ってしまいそうな事は、正直に話してみる事ですね。

出来たら、その一日で終わらせてしまいましょう。




6、行った事のない場所でやった事の無い事をする



とにかく行った事が無い場所ややった事が無い事は、まず新鮮さがあります。

いつもの日常の中でいつもの行動をしていると、必ずトラウマは出て来ます。

あの時こんな風に言われたとかこんな行動を取られたというのは、やはり100パーセントは消えずに残るのが人というものです。

だから、積極的に今までと違う経験を二人でするのです。

旅の好きな御夫婦というのも、一期一会の経験が日常から自分達を解放してくれる事を知っています。

今までと違う思い出作りをする中で、また生活を再生させようとする、そんな目的もあるように思えます。

旅とまでは行かなくても、日常から離れる努力をする事が大切です。

 

 

いかがだったでしょうか?

お付き合いはじめと2年目からの充実期ではまた対応が違いますが、喧嘩は後味の悪いものです。

片方だけではなく、お互いの努力でクリアーしたいですね。

 

 

 

 

2015年1月14日

written

by makibako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop