現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月23日更新

太りにくい体を作る!基礎代謝を上げる5つの方法

450 views

食べる量を減らしてもあまり痩せません…太りにくい体を作るにはどうしたらいいのでしょうか?(大学2年生・女性)


体重計

基礎代謝が7割、運動代謝が2割、残りの1割が食事を摂取することによって活性化する褐色脂肪細胞のことを「新陳代謝=代謝」といいます。

食事制限のみのダイエットを経験したことがあるという人も多いはず。

確かに一時的には脂肪・体重も減少しますが、一緒に大事な筋肉も落ちてしまい脂肪を燃焼する力も弱くなってしまいます。

筋肉量 = 脂肪燃焼量なんです。

筋肉には何もしなくてもカロリーを消費する基礎代謝の働きがあり、筋肉が落ちることによって代謝の量も減少し、その結果、リバウンドへと繋がっていくのです。

無謀なダイエットではなく基礎代謝量をアップし体の内側から体質改善をして、「脂肪を燃焼しやすい体」を手に入れましょう。

ここで基礎代謝を上げる方法をご紹介しますので実行してみてくださいね!

運動する



筋肉の量が増えると基礎代謝量が上がることは紹介済みですよね。では、筋肉をつけるためにはどんな運動をしたらいいのでしょうか。

やはり一番良い方法は適度な運動を毎日続けることです。

ジョギングは無理でもウォーキングなど有酸素運動はとても効果があります。

しかし、毎日続ける時間がない!続ける自信がない!という人のために、日常生活の行動を少し変えるだけで基礎代謝量があがります。

●目覚めたら全身を伸ばし手足を空中でブラブラ体操をする。血流が良くなり体温が上昇。

●背筋を伸ばす。頭のてっぺんを上に引き上げられている感じ。

●正しい姿勢で歩く。お腹を引っ込め胃を肋骨で挟むように意識し、足をクロスしながら歩くと効果的。

●正しい姿勢で座る。背もたれ使わずお腹を引き締め上に引っ張られるような感じ。

●寝る前にストレッチ。疲労した筋肉はその日のうちにほぐす。血行が良くなり筋肉が活性化する。

 

高タンパク食品をとる



lgf01a201312060400©Pink Sherbet Photography

ウォーキングやジョギングなど運動をしたあとは意識して「高タンパク食品」をとりましょう。

高タンパク食品は筋肉量を増やす大事な手助けをしてくれます。

高タンパクが含まれている食品といえば「肉・魚・豆類」です。

肉は脂肪が付きやすく太るからと避ける人もいますが適度な摂取が必要なのです。

肉なら脂肪分が少ないムネ肉やささ身がオススメ。

魚はマグロ・カツオがベストなのですが高価なためサケがオススメ。生サケか塩分控えめのサケをえらびましょう。

豆類は、納豆、豆腐、高野豆腐など低価格な商品が多いので積極的にとりましょう。

 

体温を上げる



「人間の体温は1℃下がると免疫力が37%下がり、1℃上がると60%活性化する」といわれているように、体の冷えは免疫力の低下を招き、それに伴い新陳代謝も弱まり血行も悪くなって筋肉の活動の妨げになります。

免疫力低下により免疫細胞の働きが弱まり、抵抗力が低下し様々な病気やウイルスを引き寄せる原因となります。

体温は36.5℃以上を保つことを心掛け、暑いからといって薄着をしたり冷たいものばかり飲まずに、冬はもちろん夏でも常に体を温めることを意識しましょう。

 

緑茶や水を飲む



緑茶に含まれている「カテキン」は、体内の有害物質を排除し脂肪の吸収を抑え、また脂肪を分解する酵素の働きをよくしてくれるのです。

緑茶は食事前の一杯が空腹感を和らげ食べすぎを抑え、ダイエット中に陥りがちなビタミンやミネラル不足を補える強い味方です。

また、体が水分不足になると基礎代謝率が低下するので、緑茶だけに限らず水をこまめに飲んで水分の補給をしましょう。

 

半身浴をする



体内の老廃物を出し体を芯から温め新陳代謝を高めるために「半身浴」は最適です。

半身浴は熱い温度に浸かる通常の入浴よりも代謝機能がアップします。

湯量はみぞおち辺りを目安として、下半身が温まると血流が促進されて熱が全身に行き渡ります。

半身浴は普通に熱いお風呂につかるよりも代謝機能アップの効果が高いとされています。

自然とリラックスが深まり、代謝、発汗、体温調節など自律神経系を担う副交感神経が刺激されていくのです。

 

いかがでしたでしょうか?

基礎代謝が効率よく機能していないことにより、免疫力低下に陥り病原体やウイルスなどに対しての抵抗力も弱まります。

風邪を引きやすくなったり睡眠障害、けだるさ、ストレス、イライラ感と悪循環になるのです。

体を内側から健康にして快適な生活を送れるよう、常日頃から基礎代謝を上げることを意識しましょう。

2015年6月23日

written

by とらじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop