現在17272個の困ったを解決できます!

2016月11月12日更新

誠実さが伝わる!メール・LINEで拗れない別れ話をする例文7選

194844 views

彼氏と別れたいです。会ったり、電話だと勇気がなくて言えないので、LINEで言おうと思うのですが、どんな文を送ったらいいですか?教えてください。(大学2年生・女性)

付き合い初めはとっても好きで、楽しかったはず、、、


ですが、いつからかすれ違いが続いて相手への気持ちが冷めてしまうことありますよね。


その原因は相手や自分、周りの環境など、様々ですだと思います。


なんとか別れるのは避けたいと努力しますが、、、

「もう無理だ、別れたい・・・」
「でも、直接顔を合わせて別れ話をするのは気まずいし、かえって気持ちを伝えられない・・・」
そんな時に、メールやLINEで別れを告げる、というのも今はオーソドックスな手段になってきています。
でも、顔が見えない分なかなか気持ちが伝わりにくいことも多いものです。
文章は誠実に、素直に、時には大げさにでも、伝える事が大切ですよ。

できればちゃんと顔を合わせたいけど、環境的に無理や

本当は顔を合わせたいけど、やっぱり無理!と思ったあなたへの、参考文例をご紹介します。



別れ話の前に



突然「手のひら返し」はNG!まずはそれとなく態度で伝えて


別れを態度で示すカップル


昨日までラブラブな態度を見せていて、突然メールでころっと「別れよう」では、相手にとっては突然過ぎて、拗れる原因に。
まずは、数週間前ぐらいから、冷たい態度をとってみたり、連絡頻度を減らしてみたりして、それとなく「別れたいのかな・・・」という予感を相手に抱かせておきましょう。
これをすることで、メールやLINEで別れ話を持ちかけられても、相手は「やっぱり」という確信に変わるので、受け入れやすくなります。
こういった面からも、「誠実さ」は表れてくるのです。



例:自分がどんどんダメになっていく…



女性から男性に別れを告げる場合


別れた彼女


男性は脳の構造的に、感情的に伝えるよりも理論的に伝えた方が理解できると言われています。

それを踏まえたのが、以下の自己嫌悪パターンです。

「いつもあなたが優しすぎて、私がどんどん我が儘になっていっているのが自分でもわかるの。甘やかされすぎて、ダメになっていく自分がとても嫌なの。」
彼のせいではなく、自分の甘えの気持ちが大きくなっていってしまい、自己嫌悪だと伝えるパターンです。
付き合っている時は誰でもある事ですが、誰でもある=相手も経験済み、という可能性が高く、理解しやすい理由の一つですね。

ただ、これは相手に原因があるのではなく自分にあるので、自分のだめなところを直そうと努力したことも伝えましょう。


例:自分を磨くことに集中したい…

「何でも器用にこなしているあなたを見ていて、自分が何もできない人間になっているって気づいたの。私ももっと努力して、あなたに近づきたい。あなたのように、何でもできる人間になりたいの。」
これも自己嫌悪パターンの一つですが、ちょっと前向きな印象を持ちますね。
応用すれば、別れる時だけではなく、少し距離を置きたい時や連絡を断って一人になりたい時にも使えます。
「このまま付き合い続けても、あなたに対して中途半端に接してしまう。私はやっぱり、今は自分の夢だけを追いかけたいの。」
あらかじめ自分のやりたいこと、叶えたい将来の職業や夢があり、それを彼に伝えてある時に有効です。
一緒にいる時間を全てその夢への努力に傾けたい。その気持ちを再度強く文章にしましょう。








例:異性として見ることができなくなった…

「あなたを好きという気持ちはなくなりました。もう、男性として見ることもできません。」
上記のように伝えて、「じゃあ直すよ」とか「僕の事は後回しでもいいから恋人でいて」と縋られた場合の最終手段。
これを言われてしまうと、プライドの高い男性は、これ以上説得することができません。
ただ、この言葉は諸刃の剣です。彼を逆上させる可能性もあるので、切り札として持っておき、ずるずると長引きそうな場合のみ、使うべき文章です。



例:嫌いになったんじゃないけど、もう好きって気持ちがない…







男性から女性に別れを告げる場合


別れたい彼氏


女性は男性とは逆に、理論的に話すより感情的に訴えた方が効力があります。
実際の理論的理由は横に置いて、以下のパターンをご覧下さい。
「さっき別れたいとメールで(LINEで)書いたけど、君の事が嫌いになったわけでないんだ。それだけはわかって欲しい」
男性からすれば「じゃあなんで別れるの?」という疑問がわいてくるでしょうが、理屈ではなく「好き」か「嫌い」かの「感情」がどうかを知る事が女性には大切な事なのです。



例:これまでの時間は最高だったけど…

これも、感情に訴えかけながらも「もう最高の時間ではなくなった」と暗に伝える事ができます。

また、女性は部分的に否定されても全体が悪かったのかと思いがちです。

そこをこのような一言を添えることで、独りよがりの時間ではなかったと前向きにとらえなおすことができます。
彼女は今までの楽しかった時間を思い出しながら、過去の清算に入る事ができるでしょう。



例:でも、優しくしてくれて今までありがとう。


過ごしてきた時間がむだではなかったという確認


「君の気持ちも考えず、自分勝手にこんなことを決めたのに、優しくしてくれてありがとう。君の事は一生忘れません」

彼女への賛辞と感謝を込めた会心の一撃です。
今までの時間と日々に感謝しながらも、もう戻れない事を表現しています。
「優しい」と思っているとわかれば、「優しくしない」わけにはいきません。
「ありがとう、あなたも優しかったよ」と穏やかな返答で終わる事ができれば最高ですね。




それでもうまくいかない時は…


別れ話はとってもデリケートなもの。なかなか話がまとまらなくて辛い時もありますよね。


そんな時は、恋愛のプロに相談するのも一つの手です。


『占い』というと敷居が高そうですが、最近はカジュアルな恋愛相談にも乗ってもらえるそうですよ。


CMでもおなじみの「music.jp」や「ルナルナ」などと同じ運営会社なので安心安全。


初回は10分無料なので、お悩みの方は一度活用してみるのもおすすめです!


電話占いの【ULana(ウラナ)】





いかがでしたか?
実際に会わないと、自分の気持ちは伝わりづらいものです。
文章だけで伝えるとなるとなかなか気持ちは伝わりません。
だからこそ、文章で伝えるなら誠実に。画面の相手に今の思いが届くように、精一杯の努力が必要ですね。

2016年11月12日

written

by makotototon


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop