現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

美肌美人が伝授!お肌を清潔に保って化粧崩れしにくいベースメイク方法

365 views

大学に入って初めてメイクをしますがやり方がわかりません。メイクの基本を教えてください!(大学1年生・女性)


ベースメイク


知ってて当たり前!?



誰にも聞けないけど、ベースメイクってどうやったらいいのかわからない人いませんか?




ベースメイクってとっても大事。




ベースメイクをしっかりすると、お肌にもいいし、化粧崩れも起きにくい。




ベースメイクの順番を今日覚えましょう!






洗顔



洗顔は軽くでOK。洗顔フォームを使わなくても大丈夫。



気になる人は泡立つタイプの洗顔フォームで優しくなでるように洗顔しましょう。




洗顔したら軽くタオルドライ。




お肌に触れる程度でこちらもOK。




ゴシゴシ拭いてしまうとお肌の表面を摩擦で傷つけてしまう可能性があるので注意。






化粧水




化粧水は毎回しっかりたっぷりと。




お肌に水分を与えて皮膚を柔らかくもっちりとさせることが必要。




乾燥は化粧崩れの元なので特に入念に。




まずコットンを二つに折って水で全体を濡らしてしっかり絞り広げる。




コットンの真ん中に化粧水を染みこませる。




顔の中心から外側に向けてコットンを滑らせるようにして化粧水を肌につけていく。




 順番:頬→鼻→顎→おでこ→瞼→目の下→こめかみ→首筋




こめかみと耳の後ろをパッティングする。






美容液




お肌に栄養をしっかり入れよう!




手に100円玉くらいの量を取り、化粧水をつけるときと同じ順番で顔全体につけていく。




つける指は薬指にしよう。




人差し指や中指を使う人が多いと思うが、力加減が強めになりやすいので、薬指がおすすめ。









クリーム



クリームは保護の役目。



水分と栄養をお肌に染みこませたものをしっかりと閉じ込めるための蓋となる。




同様の順番で顔全体につけよう。




そして最後に両手のひらで顔全体を覆うようにして軽く押さえていく。





※つけすぎたなと思ったら、ティッシュオフすればOK!






日焼け止め




日焼け止めも必ずつけよう!




紫外線は1年中出ていて、夏だけではありません。




日焼けをするとお肌の組織が崩れ化粧がのりにくくなったり、




お肌がくすんだり、シミができたり・・・といいことはありません!






下地クリーム




お肌のキメを整えてくれる役目。




お肌の色やその日のお肌の状態に合わせて使っていこう。





ブルー系、グリーン系・・・赤みを目立たなくする




ブルー系、パープル系・・赤くすみを目立たなくする




コーラル系・・・黄くすみを目立たなくする




パール系・・・透明感を出す









ファンデーション&コンシーラー




ファンデーションのタイプによってコンシーラーを先か後かが変わってくる。




パウダー系を使用する場合はコンシーラーを先にしよう。




リキッドやクリーム系の場合は、コンシーラーは後に。





つけ方は上と同じ。










フェイスパウダー




フェイスパウダーは絶対に必要!!




最後の仕上げになるため、化粧が1日持つかどうかがここで決まるといってもいい!




フェイスパウダーは大きく分けて2種類。




コンパクトタイプと粉末状タイプ、どちらでも好きな方でOK!




色味も様々なので、自分の肌や好みに合ったものを使おう!





化粧





以上、基本となるベースメイクの仕方です!!




これさえ覚えちゃえば、あとは自分のお肌に合った化粧品を選ぶだけ!




慣れればさっと出来るようになるので、とにかく実践。




誰にも聞けなかったこと解決しましたか?




是非お試しあれ!!

2015年9月7日

written

by minchama


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop