現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月21日更新

芸術と伝統を肌で感じる愛知県のおすすめ美術館6選

1109 views

 春休みを使って美術品や伝統品の勉強をしようと思うのですが、愛知県の美術館ってどこがありますか?(大学3年生・女性)


絵画、工芸品、建築物。

アートの宝庫・美術館で、心の栄養補給をしませんか?

一人でじっくり、趣味の合う友達と、しっとりデートになど、様々なシーンで楽しめます。

愛知県で、芸術と伝統を肌で感じられる、おすすめの美術館をご紹介します。

 

 

徳川美術館





画像出典 : http://www.tokugawa-art-museum.jp/artifact/room6/04.html

徳川家康を初め、尾張徳川家代々の遺品を収める美術館。

武具や茶道具、調度品など豊富な展示を通し、大名文化に触れることができます。

圧巻の「源氏物語絵巻」を含め、国宝・重要文化財は60点以上。

収蔵品だけでなく、表門や、国指定文化財の建物、隣接の徳川園など、見所も豊富です。

(アクセス : 名古屋駅または栄駅からバスで「徳川園新出来」下車後、徒歩約3分)

 

 

ヤマザキマザック美術館





画像出典 : http://www.mazak-art.com/about/index.html

コレクション・施設共に、驚くほどの充実ぶりで人気の、工作機械メーカーによる私設美術館。

ロココ様式をメインに、18~20世紀のフランス美術の絵画やガラス工芸品、家具などを常設展示。

多くの美術展で有料の音声ガイドを、無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

企画展やワークショップ、コンサートなど、様々なイベントも開催。

併設する計4店ものカフェやレストランと合わせ、優雅な芸術鑑賞のひとときを過ごせます。

(アクセス : 地下鉄新栄町駅直結)

 

 

名古屋市美術館





画像出典 : http://www.art-museum.city.nagoya.jp/shisetsu.html

名古屋市民の憩いと学びの場、緑豊かな白川公園内にある美術館です。

まず魅了されるのは、日本を代表する建築家・黒川紀章氏デザインの建物と、周辺のオブジェ。

美術館の内だけでなく、外でもアートに触れることができるのです。

常設展示は、エコール・ド・パリ、メキシコ・ルネサンス、郷土の美術、現代美術の4部門。

特別展や映画上映会、コンサートなどジャンルも幅広く、興味深いものばかりでおすすめです。

(アクセス : 地下鉄大須観音駅・伏見駅・矢場町駅から徒歩約7~10分)

 

 

名古屋ボストン美術館





画像出典 : http://www.nagoya-boston.or.jp/about/index.html

質・量共に世界トップクラスの美術館として有名な、アメリカ・ボストン美術館の姉妹館。

つまり、日本に居ながらにして、ボストン美術館が誇る貴重なコレクションを堪能できるのです!

企画展ではテーマに沿い、西洋や東洋美術をメインに、世界に名立たる芸術作品を展示。

また、国内外の美術館を初め、企業・個人が所有する作品の展示やレクチャーも行っています。

ミュージアムショップでは、ボストン美術館直輸入のグッズも手に入ります。

(アクセス : 金山駅から徒歩約1分)

 

 

愛知県美術館





画像出典 : http://www-art.aac.pref.aichi.jp/collection/index.html

愛知県屈指のアートスポット・愛知芸術文化センターの、10階にある美術館です。

国内外の20世紀美術作品をメインに、クリムトやゴーギャンなど世界の傑作を所蔵。

個人寄贈のコレクションでは、計4500点を超す江戸絵画や工芸品などを、随時展示しています。

移動美術館やサテライト展示もあり、県内各地でアートに触れることができるのも嬉しいポイント。

(アクセス : 栄駅または栄町駅から徒歩約3分)

 

 

松坂屋美術館





画像出典 : 公式facebook

名古屋の老舗百貨店・松坂屋の7階にあります。

エントランスからして風格があり、デパートのギャラリーのレベルを遥かに超えた充実度。

書道や西洋絵画、院展など、幅広いジャンルの展覧会を開催しています。

過去には、ディズニーやルパン3世、エヴァンゲリオンなど、若者にも親しめるユニークな企画展も。

(アクセス : 矢場町駅直結、栄駅から徒歩約5分)

 

 

いかがでしょうか?

改修工事で休館中のため、残念ながら選外となったのが、豊田市美術館。

建築家・谷口吉生氏設計のモダンな建物と茶室、近現代美術コレクションは必見です。

2015年秋のリニューアルオープンが待ち遠しいですね。

他にも、トリックアートや瓦の美術館、各市の美術館など、たくさんあります。

ぜひ訪れて、芸術や伝統に触れ、心豊かなひとときを過ごして下さいね。

 

2015年1月21日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop