現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月16日更新

Excelで折れ線グラフを作成する方法

161 views



Excelで折れ線グラフを作りたいので、方法を教えてください!(大学1年生・男性)






excel



 

こんにちは。みなさん、Excelはお得意ですか?

まったくExcelを触ったことがない、今までなんとなく我流で使っていた。

今回はそんな方のためにExcelの基本的なグラフの作成をご紹介していきます。ぜひぜひ参考にしてください。

※今回はExcel2010を使用しExcel2007以降のバージョンに向け紹介しています。Excel2003以前のバージョンをご利用の方は実際の操作手順が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

 

元になる表



まずは、グラフを作る材料、Excelの表についての注意点からご紹介します。

グラフの元になるデータはシンプルがモットーです。

下記のように列(縦)、行(横)ともに1セル1データで揃えましょう。

excel3

 

ここで悪い例をご紹介します。

excel4

 

この図では3月まで前半と後半にわけ、4月からは合算にしています。

3月までの内容はセルを結合しているので、前半部分の数字しかグラフに反映されていません。

このように、グラフの結果を正しく反映できないので、セルの結合などは使用せずに表を作成しましょう。

 

グラフの作成



Excel2003に比べて、現在はグラフを作る手順自体はかなり簡略化されています。

図の内容に沿って実際の作成手順をみてみましょう。

excel5

 

1:グラフにしたい範囲をクリックまたはドラッグで選択

2:挿入タブをクリック

3:折れ線グラフをクリック

これでグラフの作成は完了です。

 

もう一歩踏み込む前に!グラフの各部名称を確認しましょう。



作成されたグラフを変更したい!そんな時に使える機能がExcelにはたくさん用意されています。

しかし、グラフ用のメニューやボタンは各部の名称を知っていることが前提で表記されているので、最初はとても分かりにくいもの。

まずは各部の名称を見てみましょう。名称を知っているとぐっと使いやすくなります。

excel2

 

1:グラフタイトル

2:凡例(はんれい)

3:横軸

4:縦軸

5:グラフ領域

作成したグラフを選択すると、画面上部に「グラフツール」というメニューが現れます。

次に細かい変更方法を見ていきましょう。

 

さらに見やすく!グラフカスタマイズ方法4選!



1、グラフタイトル



グラフの上部に出てくるグラフタイトルは、任意に変更することができます。

グラフタイトルの中央部分をクリックするとカーソルが出てくるので、好きなタイトルを入力し直しましょう。

※グラフタイトルが表示されていなければ、「グラフツール」→「レイアウト」→「グラフタイトル」で表示させてください。

 

2、データの目盛りを変更する



例えば図のようなグラフで、0~800までの空白をなくしたいとします。

excel7

 

変更したい項目をクリックで選択(この場合は縦軸)

→グラフツールのレイアウトから「選択対象の書式設定」をクリック

→出てきたダイアログボックスの「最小値」を「固定」へ変更し、好きな数値を入力する。

excel8

 

この方法は、縦軸の数値の区切りを50から10へ変更、100から50へ変更と好きに編集することができます。

 

3、グラフのデザインを変える



excel10

 

グラフツールの「デザイン」タブには、たくさんのバリエーションが保存されています。

色分けしたいけど、色のまとまりを考えるのが難しい。

そんな時にはぜひこの機能を使ってみてください。

 

グラフだけ別のシートへ移動する



excel9

 

通常グラフはもとになる表と同じシートに作成されますが、後から別のシートへ独立させることができます。

グラフツール→デザイン→「グラフの移動」→「新しいシート」をクリック

※「新しいシート」へ変更する際、シート名を任意に変更できます。変更しない場合はそのまま「Graph1」となります。

 

いかがでしたか?Excelは最初の表をシンプルにしておくと、グラフは細かい変更をたくさん加えられるようにできています。

あなたが納得のいくグラフが作れるよう、応援しています!

※Excel画面の画像はすべて筆者撮影

2015年1月16日

written

by omusubi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop