現在17272個の困ったを解決できます!

2016月11月30日更新

絶対音感は体得できる?!自分でできるトレーニング法まとめ

56906 views

軽音サークルに所属しています。絶対音感を磨きたいのですが、何か方法はありませんか?(大学1年生・男性)


絶対音感が欲しい!


だけど、大抵は5歳くらいまでに修得しないとその後の習得は難しい……。


なんて話をよく聞きます。


大人になってから完全な絶対音感を習得すること自体は確かに難しいことです。


しかし、ピアノの鍵盤を叩いた時に、その音程を当てられる程度の音感や、


カラオケでキーが合わずに今まで歌えなかった大好きな曲を、


キーを変えてキレイに歌えるようになるレベルまでは身に付けることができるようです。



そこで、今から自分でできる絶対音感トレーニング方法を5つ紹介します。




屋外でマイクを持つ手


画像出典:写真AC










1.音階を理解する



絶対音感を理解するためには、五線譜が読める、ということは音楽の中での基本です。


幼い頃から絶対音感のトレーニングを重ねていたり、


あるいは特殊な能力で五線譜が読めなくても音階が分かるという人も稀に居ますが、


音楽に触れたことがない、五線譜が分からない、という人は、

ドレミファソラシドがどういう順番でどんな音を奏でているのかというところから理解していきましょう。









2.好きな曲のイントロを覚える



好きな曲を何度も繰り返し聴いている人は、そのイントロもバッチリ覚えているはずです。


イントロがどの音から始まっているのか、よく聴いて確かめてみましょう。


イントロの出だしさえ分かっていれば、カラオケで歌えなかったキーの曲も、


音程を変えて歌う事ができるようになりますよ。









3.二つの音を比べる



ピアノやエレクトーンがあれば、お友達やご家族と



いろいろな音の鍵盤を叩いてみてもらいながら音当てクイズをしてみましょう。



例えば、「ド」を弾いた次に「ミ」を弾いてもらい、「最初はド」と教えてもらったあとに、次の音を自分で考えて答えます。


これを違う音で何度も繰り返せば、ゲーム感覚で音階が身に付いていきます。


何より一人でのトレーニングではないので心強いし、楽しく続けられますよね。









4.ピアノを弾きながら発声



ドレミファソラシド、とピアノを弾きながら、自分でその音を確認しながら


「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」「ラ」「シ」「ド」と、一音ずつ声を出して確認しながら発声します。


耳から入ってくる情報と、自分の発声というものは、実は人の五感の中でとても敏感に正確に処理される組み合わせなので、直接、体に音程と音階を教え込むことができます。



ピアノの鍵盤


画像出典:写真AC









5.チューナーを使う



ギターなどの音合わせ(チューニング)に利用する電子チューナーを使ったトレーニングです。


チューナーに向かって発声すると、その発声した音がどの音階・音程に当たるのかを瞬時に教えてくれる、とても便利な機械です。



楽器だけでなく、自分の声の音程も直接はかってもらえるところがありがたいですね。




ギター・ベース用チューナー


画像出典:Amazon










6.絶対音感アプリ



驚いたことに、これらの方法をより簡単にしたソフトやアプリが存在しています。


絶対音感をそれほど追及したいわけではない人や、手軽に絶対音感のトレーニングをしたい人は、


パソコンやスマートフォンでアプリの検索をしてみるのもいいかもしれませんね。



いかがでしたか?



自分一人でも手軽に始められる絶対音感のトレーニング方法を集めてみました。



これならできそう!と思ったものが見つかったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

2016年11月30日

written

by Fukkey


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop