現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

【台湾グルメ】気軽に行けて絶品の小籠包が食べられる現地のレストラン5選

1359 views

台湾で本場のアッツアツ小籠包を食べたいです。おすすめのお店を教えてください!(大学3年生 女性)


あの熱々の肉汁がたまらなく美味しい。


一度食べたらやみつきになる。


小龍包にこんなイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。


小龍包は中華圏で食べられている中華料理の天心の一種です。


本場が中華圏ということで、今回は日本から近い台湾において、現地で人気のレストランを5つ紹介します。






鼎泰豐(ディンタイフォン)



s_002d



画像出典:ぐるなび


台湾で絶品のレストランとして現地スタッフが口を揃えてあげるのが「鼎泰豐」。


ニューヨークタイムズで世界10大レストランに選ばれたこともあるという超有名店です。


「小龍包」が世界に知れ渡ったのも、このお店の影響が計り知れないでしょう。


また、有名になったことでお店全体が高慢になることもなく、店員さんのサービスは細かいところにまで行き届き、サービス業としての仕事も徹底して行っているところが、人気の理由の一つとして評価されています。


ただし、お値段は他店と比較すると少々お高め。


そして、人気であるが故に、常に混んでいます。


基本的には予約ができないため、どうしても食べたい場合は、待ち時間を覚悟に並ぶしか方法はありません。






點水樓(ディエンシュイロウ)



點水樓はインターネットの小龍包人気投票で1位になったこともある人気店です。


台北市内に4店舗ありますが、大きな看板が目印となっているため、比較的すぐに見つけられるでしょう。


鼎泰豐ほどの長い行列はないので、静かに食事ができる大人向けのレストランかもしれません。






明月湯包(ミンユエタンパオ)



インターネットのクチコミでも常に高評価を受けているお店。


特徴は冷めても美味しい小龍包。小龍包というと、熱々のうちに食べるから美味しい、というイメージが強くあると思いますが、このお店の小龍包は冷めても美味しいことで有名です。


これはその場で食べず、お持ち帰りのお客に向けて考えられたメニューだそうで、お客思いの心が伝わってきますね。


また、もう一つ特徴的なのが、小龍包と餃子が同じメニューに並ぶことはまず無いのですが、このお店ではどちらも味わうことができます。


餃子の皮はパリッと、中からは肉汁がジュワーっと広がり、餃子一つで、二つの食感を味わうことができます。






三源中華創意料理小籠包



高級ショッピングモール内のフードコート内に位置します。


唐辛子の会社からレストラン業界に打って出た「三源」。


元が唐辛子の会社だけあって、ここの小龍包は少し辛めです。


しかし、その中でも異彩を放つ小龍包があります。それが「チョコレート小龍包」です。


中からホットチョコレートが勢いよく出てきます。甘党にはたまらない一品かもしれません。







杭州小籠湯包



安くて美味しい小龍包が食べたい!という方向けのお店です。


透明ガラスの向こう側で作っている人の姿が見えたり、台湾風情を感じさせるような低いテーブルがあったりと、台湾文化を最も感じられるお店です。


皮が薄く、油っぽくないスープが特徴的で、安いからといって味で劣っているとは感じられないほどの美味しさです。


少しこしょうが効いていて、お酒好きは思わずビールが欲しくなってしまう、そんな味です。


ヘチマ入り小龍包もあるようで、苦味はあまり感じられず、食べやすいようです。



いかがでしょうか。


以上、5つのお店を紹介しました。


お店によって混み具合も変わってくるため、自分が食べたいものに合わせてお店を選んでみてはいかがでしょうか。

2015年9月8日

written

by san


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop