現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

鹿児島に旅行に行く方必見!絶対に喜ばれる鹿児島のお土産5選

303 views

春休みに鹿児島へ旅行にいくことになりました。友達にお土産を買おうと思っているのですが、どんなものが喜ばれるでしょうか。(大学2生・女性)


2014年の桜島噴火で脚光を浴びた桜島。


そんな鹿児島に対し、皆さんはどのようなイメージを抱いているでしょうか。


桜島、西郷隆盛、黒豚、などでしょうか。


そんな魅力溢れる鹿児島に行った際に絶対に外さないお土産を5つ紹介します。




美老園のさつまほまれ




画像出典:鹿児島 お茶の美老園


皆さん、知っていましたか?


鹿児島県のお茶の生産量が、1位の静岡県に次いで2位であることを。


そんな隠れお茶の名産地である鹿児島でも特に有名なのが、美老園の代表銘茶、さつまほまれです。


特徴は3つあり、鹿児島県産の優良な一番茶のみを使用していること、


自社冷凍庫で新鮮保存、自社工場で製茶していること、


お茶の鮮度と香りを大切に仕上げていることの3つです。


さつまほまれは香りや味の度合によって4種類に分けられており、


好みによって品種を選ぶことができる点も特徴的です。




明石家のかるかん




画像出典:明石家


かるかんという名前のお菓子はご存知ですか?


かるかんは原材料に自然薯を使った羊羹の形をした和菓子のことを指します。


空気を多く含んで蒸されるため、ふんわりと柔らかく、


しっかりとコクのある旨味が特徴的で、他の和菓子と比べて白さが際立っています。


鹿児島にはかるかんを作るお店が数多くありますが、


中でも有名なのが明石家のかるかんです。


明石家では、選び抜いた「自然薯」「米粉」「砂糖」だけの自然な原料だけを用いて作り上げます。


余分な物を一切使わないため、体に優しい味となっています。




揚立屋のさつまあげ




画像出典:揚立屋


揚立屋のさつまあげには4つの特徴があります。


一つ目は、素材へのこだわりが強いことです。


魚肉、塩、地酒など全ての素材において選び抜いた素材を使用しています。


二つ目は、無添加食品であることです。


徹底した衛生管理のもと、合成保存料や酸化防止剤など一切使用せずに作っています。


3つ目は、減塩、甘さ控えめであることです。油っぽくなく、さっぱりとした味わいが特徴的です。


低脂肪でタンパク質、カルシウムが豊富なヘルシーフードになっています。




加治木饅頭




画像出典:食べログ


鹿児島県姶良市加治木町で江戸時代中期から作られている蒸し饅頭の郷土菓子のことです。


基本的な原材料は小麦粉、麹、小豆、塩。


平成に入って以降、皮生地に黒砂糖やヨモギ、ニンジン、紫芋などを練りこんで色づけされたものが注目されています。


このお菓子は、空港や駅、デパートではほとんど取り扱っていません。


理由は、出来立ての商品をお客様に食べて頂きたいという心遣いからだそうです。


多くの有名店の商品が駅やデパートに連ねる昨今の流れに逆らっているようですが、


それだけに食べた時の満足感は一塩でしょう。





吉永醸造店の薩摩の雫




画像出典:楽天市場


薩摩の雫とは、吉永醸造店の甘口醤油のことです。


この醤油は、再仕込み醤油といわれ、


麹を仕込む際に、通常、塩水を用いるところを、塩水の代わりに醤油を使い仕込んだものです。


非常に手間がかかっている分、特有の旨味とコクがあるのが特徴です。


コクと香りを逃さないために、大きな釜で大量に作るのではなく、


小さい釜でつきっきりで温度を調節しながら火入れを行います。



以上、鹿児島おすすめお土産5選でした。


お気に入りのお土産があればぜひご購入してみてはいかがでしょうか。

2015年9月7日

written

by san


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop