現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月26日更新

iPadの検索履歴を完全削除する方法

49037 views

iPadの検索履歴を完全削除する方法を教えてください。(大学2年生・男性)


 

iPadを彼氏・彼女と一緒に見る、学校でも使う、という時などに「検索履歴を消しておきたい」ということがありますね。そこで、検索履歴のデータを完全に削除する方法をご紹介します。

みなさんがよく使われているブラウザSafariの検索履歴とキャッシュを削除、キーボードをリセットしていきます。

 

Safariの閲覧履歴をリセット



まずは、Safariで今まで検索してきた履歴を削除します。

 

1. Safariを開きます。



 

2. 画面右上の本マークをクリックします。



iPadの検索履歴を削除する

 

3. 「履歴」をクリックします。



そうすると今まで検索していた履歴が表示されます。

iPadの検索履歴を削除する

 

4. 右下にある「消去」をクリックします。



iPadの検索履歴を削除するために消去ボタンを押す

 

5. 履歴が削除されます。



一覧から履歴がなくなっていることが確認できますね。

ipad-history-delete5

 

キャッシュを削除する



「キャッシュ」とは、過去に検索したウェブページのデータを一時的にiPadに保存する機能です。

このキャッシュ機能というのは、iPadだけでなく、iPhoneやコンピュータも同じ仕組みです。

普段は、次に同じページにアクセスしたときに、インターネット上に再度アクセスするのではなく、端末に保存されたデータにアクセスすることで、表示スピードを早くするためにも使われています。

他には、Webサービスにログインするときの情報も保存されていますので、IDの入力が省略できたりしています。

それでは、設定方法です。

 

1. 「設定」>「Safari」を開きます。



iPadの設定アイコン

 

2. Safariの「Cookieとデータ消去」をクリックします。



iPadのブラウザキャッシュをクリア

 

3. データ消去をします。



最後に確認を求められますので、内容を確認して「消去」をクリックします。

iPadのSafariのキャッシュをクリア

 

文字変換の履歴を削除する



今まで変換していたキーワードは、iPadの端末に保存されていました。

Safariだけでなく、他の操作でも入力していた文字変換の履歴を消す事ができます。

通常は、この変換の履歴をiPadに覚えさせることで、検索やメッセージを友達に送るときには役に立っている機能です。

例えば「発売」という文字を表示させたいときに「はつ」とキーボードで入力すると、変換候補に「発売」や「初乗り」というのがでてきますね。

これが変換候補です。これらの履歴を削除します。

iPadの変換候補

 

それでは設定方法を説明します。

 

1. 設定>一般を開きます。



iPadの設定アイコン

2. 「リセット」をクリックします。



一番下にありますので、iPadを下にスクロールするとリセットボタンが出てきます。

iPadの変換候補リセットの設定

 

3. キーボードの変換学習をリセット をクリック



リセットにも色々な種類がありますが、ここではキーボードの変換学習をリセットします。

他のリセットと間違えないように注意してくださいね。

iPadの変換候補をリセットする

 

4. パスコードを入力する



iPad本体の4桁のパスコードを求められます。

iPadの変換学習をリセットでパスコードを入力する

 

5. リセットを実行する



本当にリセットして良いか確認画面が出てきます。

内容を確認して「リセット」をクリックします。

これでキーボードの変換学習の履歴を削除できました。

iPadの変換候補をリセットで確認画面

 

以上で、iPadの検索履歴を削除する方法は終わりです。

普段、何気なく使っている検索もiPadに色々と保存されていることも分かりましたね。

他の人と使う時は、参考にしてみてください。

2015年2月26日

written

by travelgirl


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop