現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月12日更新

思わず手に取ってしまう!ちょっと高級だけどオシャレで美味しいあんぱんまとめ

1947 views

 

東京銀座の木村屋が、米と麹(こうじ)で生地を発酵させる「酒種(さかだね)あんぱん」を作ってから140年余、日本発祥のあんぱんは人々に愛され続けてきました。

 

この間、生地もあんも進化して、近年は健康志向から天然酵母を使ったり、カロリーや糖質を抑えたものが出てきました。

 

店先で思わず手を出してしまったり、通販で手に入る、ちょっと高級だけどオシャレで美味しいあんぱんをまとめてみました。

 


酒種あんぱん 幻





hattendo.jp

 

昭和8年創業の八天堂(本社・広島県三原市)が、安芸の小京都・竹原の銘酒「吟醸まぼろし」の酒粕ともち粉で作った本格的なあんぱんです。

もちもちの生地にたっぷりのつぶあんが入り、ぱんをちぎるとふんわりお酒の香りが漂います。

 

明治の初め、日本で初めて作られたあんぱんはイースト菌の代わりに酒粕が使われ、「酒種あんぱん」と呼ばれました。

日本人が発明した一大ヒット商品だったのです。

それから1世紀余、八天堂がその味を復活させたのです。

大変上品なあんぱんです。

 

土佐のごちそうあんぱん





amazon.com

高知県土佐山田町の有名なパン屋さん「さくらベーカリー」が、国産の自然原料だけを使って作った人気のあんぱんです。

パン生地に減農薬玄米の粉をまぜてもちっとした食感を出します。

 

これを天然酵母を使って長時間熟成し、イースト菌では出せない深い味わいを出します。

天然酵母は発酵に時間がかかりますが、手間暇は惜しみません

 

あんこの小豆は、国産最高級の茜丸(あかねまる)。

砂糖はミネラルたっぷりの国産黒糖です。

小麦は北海道産の有機栽培で、土壌からチェックした高級小麦を挽いたもの。

 

これに高知産の減農薬玄米をまぜてもっちり感を出しました。

こねる水も地元の名水というこだわりようです。

 

白神天然酵母のあんぱん





amazon.com

 

 

世界自然遺産・白神山地のブナ原生林から分離・選抜された天然酵母「白神こだま・白神天然酵母」を使った、ちょっと贅沢なあんぱんです。

乳化剤やイーストフードなどは一切使っていません。

 

食べ切りサイズのちょうどいい大きさで、冷凍保存が可能です。

好きな時に食べ切れるだけ解凍、もしくはレンジで少し温めて食べることをおすすめします。

 

VIPあんぱん





rakuten.co.jp

愛知県岡崎市に本社がある味噌と豆乳のメーカー・マルサンアイが、

糖質を気にせず美味しく食べられると作ったあんぱんです。

 

糖質50%OFFで砂糖を使わず、タンパク質2.9倍…といいことづくめ。

甘いものが大好きなのに肥満などで糖質を制限されている人などにうってつけのぱんです。

 

砂糖不使用なのに甘く、あんこの味わいがするのは、原料表から羅漢果が入っていることが分かります。

 

羅漢果は天然の果実から作られる砂糖の300倍もの甘さを持つ甘味料で、血糖値をほとんど上げず、カロリーもほぼゼロといいます。

もちもちの食感と程よい甘みがたまらないと評判です。

 

ふすまあんぱん





rakuten.co.jp

糖質を抑えたふすまパン専門店のふすまべーかりー製のあんぱんです。

ビタミンやミネラル、食物繊維などを多く含む小麦の外皮を粉にした「ふすま」や、砂糖の代わりに天然由来の甘味料・還元麦芽糖水飴とエリスリトールを使って糖質とカロリーを大幅にカットしました。

 

あんぱんの命のつぶあんは甘さを抑えた優しい味で、もちもちのふすまパンにぴったり合います。 ダイエット中であんこが恋しい方たちに最適です。

 

低糖質あんぱん





c.yimg.jp

 

糖質制限食の開発などを行う低糖工房が、消費者の要望に応えて送り出したあんぱんです。

砂糖を一切使わず、糖質の低い食材を使って独自の工夫でおいしく仕上げてあります。

 

あんは、小豆の皮と煮汁を使って小豆の風味そのままに作っています。

こうして100g中糖質2.9g、カロリー167kcalと糖質制限中の方でも安心して食べられるあんぱんにしました。

これは通常のあんぱんに比べて糖質93%オフで、食物繊維は約11倍です。

 

いかがでしたか?

高級だけどオシャレで美味しいあんぱんは、まだまだたくさんあります。

ぜひお好みのタイプを見つけて味わってみてください。

きっと新たな発見がありますよ。

 

 

2015年1月12日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop