現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月22日更新

女性が"雰囲気イケメン"認定する男性の5つの特徴

4826 views

雰囲気イケメンの定義とはなんでしょう?(大学1年生 男性)


雰囲気イケメンな男性
©Gage Photography

雰囲気イケメンを定義するなら、生まれついた顔立ちがイケメンでなくても、まとっている雰囲気や立ち居振舞いが「イケメン」と評価される男性、といえるでしょう。

先天的にはイケメンでないとしても、後天的に身に付けたイケメンな雰囲気があるということ。

つまり雰囲気イケメンになら、努力と勉強をすれば誰でもなれるのです。

「そんなこと言ったって、どうせイケメンには勝てない」なんて思っていませんか?

ところが最近は、イケメンより雰囲気イケメンの方が「安心できる」「落ち着ける」と、女性からの人気が高い傾向があります。

ここでは、女性が男性を雰囲気イケメン認定する5つの特徴についてご紹介します。

 

ルックスが文系か理系



実際に持つスキルの系統は別にして、雰囲気イケメンのルックスは文系か理系であることがほとんどです。

対比してみて、部屋着ならジャージとカーディガン、どちらが雰囲気イケメンでしょう。正装ならユニフォームとスーツ、どちらが雰囲気イケメンらしいですか?

スポーツ選手にも俳優にも、決して生まれつきのイケメンではない人がたくさんいますが、雰囲気イケメンが多いのは圧倒的にどちらでしょうか。

雰囲気イケメンを目指すなら、服装や髪型などのルックスは、体育会系より文系や理系の系統にまとめる方が無難でしょう。

 

素直で謙虚



雰囲気イケメンは素直で謙虚です。

自分が間違っていたときは素直にそれを認めますし、誰かに手伝ってもらったときは「助かったよ」と謙虚にお礼を言います。

綺麗なものは綺麗、可愛いものは可愛いと素直に評価します。

決して「男のプライド」と呼ばれるものや、意識したキャラ作りのために頑固になったり、上から目線になったりはしません。

その飾らない性格が余裕を醸し出し,女性から「あの人、雰囲気イケメンだよね」と認定されるのです。

 

清潔感がある



おしゃれば雰囲気イケメン
©Gage Photography

雰囲気イケメンに認定されるためには,必ずしも流行最先端のファッションで固める必要はありません。

追いすぎない程度に流行をおさえ、体に合ったサイズのものを選べば十分です。

シワや毛玉、黄ばみなどがないよう神経を使うほうが、流行を追うよりよほど重要です。

同じように爪、髪、歯、靴など細かい部分も、いつも清潔であるように気を付けましょう。

そうすればどんなときも引け目を感じないで済みますし、そこから醸し出される自信と落ち着きが「あの人、シンプルだけどお洒落だよね」と、女性から雰囲気イケメンとして評価される要素となるのです。

 

どんなときも慌てず、落ち着いた態度でいる



雰囲気イケメンは、慌てたり、取り乱したりすることがありません。

どんなトラブルでも、まず原因と状況を見極め、落ち着いた態度で対処します。

雰囲気イケメンがオロオロしている姿は、想像しにくいのではないでしょうか。

突然起きるトラブルに慌てないようにするのは難しいかもしれませんが、雰囲気イケメンを目指すなら、少しずつでもメンタルを鍛えるように頑張りましょう。

頼りになるその落ち着いた姿に、女性はイケメンぶりを感じるのです。

 

ほどよく筋肉がついた細マッチョ



どんなに服装や性格を矯正しても、だらしなく太っている状態では決して雰囲気イケメンとは認定されません。

あまりに痩せすぎていても、女性はまず心配になるばかりで、イケメンぶりを感じるどころではないでしょう。

雰囲気イケメンに認定されるには、ほどよく筋肉のついた、いわゆる細マッチョ体型が最適です。

あまりにムキムキでは、どこかナルシストな雰囲気が醸し出され、「素直で謙虚」という雰囲気イケメンに必要な条件から外れてしまいます。

ほどよく付いた筋肉であれば、さりげない男らしさを醸し出すことができ、その雰囲気がイケメンと評価されるのです。

 

いかがでしたか?

雰囲気イケメンに認定されるために必要な要素は、努力さえすれば誰にでも手に入るものばかりです。

生まれつきの違いを気にしていた時間を、少しでもファッションの研究や、体やメンタルを鍛えることに使ってみませんか?

少しずつ結果が出てくるとともに、あなたの気持ちにも自信が出てくることでしょう。

その自信がついた時、すでにあなたは雰囲気イケメン。もう生まれ変わっているのです。

ここでご紹介した5つの特徴めざして、早速今日から頑張ってみてください!

2015年1月22日

written

by 橘 あやめ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop