現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月16日更新

「草食系」と言わせない!女性を和ませる「癒し系男子」になる7つの方法

8940 views

女子に「草食系だよね」と言われてモテません…この性格を活かしてモテられませんか?(大学2年生・男性)




画像出展 naverまとめ

 

そもそも「癒し系」とはなんでしょうか。

女性をいたわって、和ませて、よく気がついて、とにかくいい人。

でも草食系よりは異性に関心が強いんですね。

羊の皮をかぶったオオカミさんにならないような、

「本物の癒し系男性」になるための7項目をお届け!

 

 

癒しのオーラを出す



 

後光が差している人というのはいますが、

「ヒーリングオーラ」が出ている人はいますね。

いいひと代表の草○さんとか。

まばゆいばかりの光で目もくらむほどのいいひと。

この癒し波動が女性だけでなく男性もとりこにしてしまうものです。

こんなオーラはどうしたら出せるんでしょうか?

一つは気の持ち方を変えること。

人間、考え方が外に出てきてしまうとも言います。

ネガティブさや下心が出すぎている人はおそらく女性には分かってしまうのです。

「私は癒し系」、と強く意識しながら毎日生活しましょう。

 

 

存在感を変える



 

いるだけで癒される。

そんな人が目標です。

自分が他人からどう見られているか。

空気を乱して集団から浮いていたりしませんか?

自分の立ち位置、ポジションはどうなっていますか?

癒せる人はみんなの中でちょっと控えめな存在感です。

主張しすぎず、目立ちすぎず、そしてでもなくてはならない人。

そんな微妙な存在を目指しましょう。

 

 

肉体的に癒せる人になる



 

「その荷物持ってあげるよ」

「疲れてない?」

こんなちょっとした気配り。

そして心も体も癒せる人。

マッサージしてあげたり、必要なときに求めるものをあげられる。

体があってこその人間ですからね!

 

 

ゆるい外見になる



 



画像出展 twitter

今ゆるかわが大人気!

たれて見た目がなよっとしていると女性からの目が変わってきます。

着こなしが見事な人はしっかりして主張の強い人にも見えるもの。

それとは違い癒せる人は、ちょっとたるみや緩みがあるのです。

どこか頼りないようで構ってあげたくなる。

そんなファッションや見た目で癒しの存在へと近づいていきます。

 

 

話し方言い方を変える



 

癒し系はけして怒鳴ったり怒ったりしません。

口調も柔らか、物腰も丁寧。

声色の優しさは会話内容よりも大きく心に響いてきます。

声のトーンが1オクターブ違うだけでも印象は変わってくるものです。

明るいイメージを相手に与えましょう。

そして話し方。

男言葉は今は敬遠されがちです。これは男性同士にもいえます。

必要以上にていねいすぎなくてもいいので、柔らかい印象を与えましょう。

語尾が違うだけでも相手には聞こえ方が違います。

「~か?」よりは「~かな?」のほうが聞こえがいいのです。

女性口調に近くするといいですが、

あくまでも男性として違和感のない程度に取り入れていくと無理がなく、

他人から親近感をもってもらえる話し方になります。

 

 

気配り上手になる



 

女性を癒せる人は例外なく気配りが得意です。

相手のことを分かってあげられる人ですから、いろいろと気がつくようになりましょう。

例えば女性だけの悩みというものがあります。

話しづらい内容のことでもこちらが気を遣ってあげる。

こんな優しさに女性は好感を持つはずです。

これは男性には知りようのないことですが、女友達や誰か聞きやすい人にでも聞いてみましょう。

 



悟りを開く



 

頭からつめの先まで正真正銘のいいひと。

癒し系男子というものも普段の気苦労が耐えない(はず)です。

女性の主張を全て聞き入れてにっこりと微笑む。

これは普通の男性には難しいことですね。

笑顔の裏に隠したため息をグッと飲み込んで日々付き合う。

これはもう悟りの境地といえます。

座禅を組んだり滝に打たれたり、荒行に耐えることで癒し系男子になれるのです。

それほどまでに道のりは遠く険しいものでしょう。

 

 

癒し系への道のりの中で



 

他人を癒せる人は自分も癒せる人ではないでしょうか。

疲れがちな普段の生活の中で女性から好かれたい。

努力してもなれないかもしれない。
自分は肉食系?

そんな悩みも出てくるでしょう。

生まれつきの性格はなかなか変えられないといいます。

あなたも自分がどんな人だかもう気がついているはずです。

気張りすぎずに、少しずつ求める姿になっていければいいでしょう。

2015年1月16日

written

by miyazaway


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop