現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月15日更新

あのワクワクをもう一度…オススメの「しかけ絵本」7選

866 views

大人になった今でも楽しめるしかけ絵本を教えてください。(大学2年生・女性)


すっかり人気が定着した「しかけ絵本」ですが、今日ご紹介するのは、大人も楽しめる「しかけ絵本」です。

誰もが驚くようなすごいしかけや、思わず歓声があがるしかけに、アートなしかけ。

絵本のストーリーが立体的な形となって展開するわくわく感は、子供だけでなく、大人も同じですね。

 

不思議の国のアリス





画像出典:アマゾン

しかけ絵本の存在を一躍有名にした“紙の魔術師”ロバート・サブダ氏の「不思議の国のアリス」。

誰もが知っているルイス・キャロルの名作ですが、その世界観が見事に、素晴らしい立体的なしかけによって表現されています。

特に、トランプが空中を舞うシーンは、その一瞬の緊張感まで伝わるような繊細なしかけに魅了されることでしょう。

また、しかけは各ページに一つではなく、ページの片隅にあるサブページにも手がこんだユニークなしかけが隠れています。

その迫力と美しさは、子どもだけでなく大人も夢中にさせますね。

 

ギャロップ





画像出典:楽天ナナパージュ

絵本を開くと、馬が走り、鳥が羽ばたき、亀が泳ぎ回ります。

いったいどうなってるのでしょうか?・・・これは、衝撃の新タイプ「しかけ絵本」です。

ページには動物の絵と縦じまのフィルムがあるだけですが、それがページを開くことでフィルムが引っ張られて、アニメーションのように動いて見えるしかけになっています。

大人も子供も驚きと感激の一冊です。

 

恐竜時代





画像出典:メッゲンドルファー

これも「不思議の国のアリス」を作った“紙の魔術師”ロバート・サブダ氏の作品です。

35体の恐竜と50種類以上の最新恐竜情報を盛り込んだ、初の立体恐竜百科辞典といえそうね。

文中の漢字にはルビがふられており、子供たちの興味をそそりそうです。

おまけに、この絵本の重厚感といったら・・・レトロでクラッシックな雰囲気の装丁は、大人の男性の興味もそそりますね。

絵本から前に横に飛び出す立体的でダイナミックな恐竜の姿に、大人も子供も大満足間違いありません。

 

あかまるちゃん





画像出典:メッゲンドルファー

工作の鬼才と言われるデビッド・A・カーター氏のアートな「しかけ絵本」です。

本を開くと非常に色鮮やかな、抽象的なデザインが目に飛び込みます。

しかけの中にある、隠された「あかいまる」を探すのですが、奇妙で精巧で不思議なしかけに夢中になってしまいます。

自由な発想と工夫されたしかけは、その見とれるような技術に驚くばかりで、まさに大人のための「しかけ絵本」と言えます。

 

フラワー・フェアリーズ(花の妖精たち)のお話





画像出典:メッゲンドルファー

シシリー・メアリー・パーカーの美しい妖精の絵本です。

絵本を開けば、そこは花の妖精たちが家を作る庭が広がります。

「花」と「妖精」というテーマ自体も非常に幻想的ですが、その世界観をため息がでるほど美しく艶やかに表現したしかけは、本当にきれいです。

分厚く金色がちりばめられた豪華な装丁は、子供より大人の女性に喜ばれそうですね。

 

Little tree





画像出典:メッゲンドルファー

2010年ボローニャ国際児童図書展にてラガッツィ賞を受賞された駒形克己氏のしかけ絵本です。

季節の移り変わりとともに姿を変えていく1本の木が描かれています。

ほかに無駄なものは一切なく、1本の木の一生を見届ける中に、静かな余韻を残します。

他のしかけけ絵本のような驚きや意外性はありませんが、シンプルなだけにグッと心に伝わるものがあります。

ぜひ忙しい毎日を過ごしている大人の方にみていただきたい一冊です。

 

Internationaler Circus





画像出典:メッゲンドルファー

ドイツ語のしかけ絵本です。

19世紀ドイツの代表的なしかけ絵本作家、ルーター・メッゲンドルファーの作品で、100年以上前に出版されたものの復刻版として作成されました。

言葉はわからなくても、ヨーロッパのアンティーク感漂う色調や絵は、このまま飾っておくだけでもオシャレで素敵な外国のしかけ絵本です。

 

いかがですか?

いろんなタイプのしかけ絵本をご紹介しましたが、しかけ絵本の魅力が伝わったでしょうか?

大人もわくわくさせるしかけ絵本。

ギフトにしても喜ばれることでしょう。

2015年3月15日

written

by みゅう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop